Other News

新規発行した仮想通貨、ICOトークンは有価証券になりうるか?

新規発行した仮想通貨、ICOトークンは有価証券になりうるか?

2018/03/12 at 8:54 PM 0 comments
ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨を活用し、新規に仮想通貨を発行することで資金調達を行うICO。しかし現状では国内の金融庁のみならず、海外当局もICOの規制が検討されており、ICO市場の明暗を分けうる重要な要因としてそれらの動きに注目が集まっています。 ICOが可能にする経済活動は既存の金融市場における事象と重複する場合も多く、規制がどのように設けられるのか不透明となっています。本記事では、株式を従来の概念とした「ファンド持分型」トークンは新たな有価証券の形として見なされるのか、定着するのかについて考察します。 ICOトークンの分類 ブロックチェーンを通して発行されたトークン・コインは一定の基準を満たすと仮想通貨取引所や分散型取引所に上場されますが、用途や機能によっていくつかの分類があります。日本における四大法律事務所の一つであるアンダーソン・毛利・友常法律事務所によるとICOで発行されるトークンは機能・性質別に大きく分けて5つに分類されます。以下の機能が複合的に組み合わされた仕様のトークンも数多く存在し、明確な分類は困難となっています。 「仮想通貨型」トークン 決済手段や送金手段として利用されることを想定したトークンを指します。ビットコインと比較して、迅速な送金、匿名性の確保等の決済手段としての利便性の高さが特徴です。 「会員権型」トークン トークンを一定数量以上保有している事実を証明することで、トークン発行側の提供するサービスを割引で利用できるなどの優待を受けられる性質を持ちます。この機能の場合、金融商品取引法上の有価証券の定義には該当しないと考えられています。 「プリペイドカード型」トークン トークン発行者が提供する商品やサービスの利用手段としての機能を持つトークンが該当します。 「ファンド持分型」トークン トークンを保有している割合に応じて、トークン発行者が行う事業からの収益の分配を受けることができるタイプを指します。 「日本法においても、このタイプのトークンは、金融商品取引法上の第二項有価証券のうち、特に集団投資スキーム持分(同法 2 条 2 項 5 号)に該当する可能性があることに留意が必要である。金融庁も、2017 年 6 月 8 日の参議院財政 金融委員会において、『ファンド持分型』のトークン発行者に対して、金融商品取引法に定める金融商品取引業 に対するルールが適用される可能性がある旨答弁している。」 (引用:https://www.amt-law.com/pdf/bulletins2_pdf/170915.pdf) 「アプリケーション・プラットフォーム型」トークン ネットワーク上のアプリケーション・プラットフォームを利用するために必要とされるトークンを指し、イーサリアムがこれに該当します。イーサがプラットフォーム利用料の役割を有しています。 「ファンド持分型」トークンと株式の類似点・相違点 有価証券とは財産的価値を有する株式・債券・手形・小切手を指しますが、上述④で言及した通り、「ファンド持分型」トークン は有価証券に該当する可能性が最も高いと考えらています。この場合のトークンは従来の株式の機能に近いとされます。投資家側から見た「ファンド持分型」トークンと、株式における主な類似点・相違点は以下のようになっています。 類似点 キャピタルゲインを得られる トークンを発行する企業やプロジェクトの提供するプロダクトやサービスが成功すると、トークンの市場価値も高まります。そのタイミングでトークンを売却すると、購入時との差額に当たるキャピタルゲインを得られます。発行主の将来性に期待して投資するため、必然的にハイリスクハイリターンとなります。 配当を得られる 「ファンド持分型」トークンは配当型トークンと呼ばれることもあり、スマートコントラクトの仕組みを利用してトークン所有者に対して配当が自動で割り当てられます。The DAO事件で有名なDAOトークンは、収益を出資者に分配する仕組みで運営されていたプロジェクトです。米証券取引等監視委員会(SEC)はこれを有価証券取引所法の規制対象になる可能性があると指摘しています。 相違点 トークンは会社の所有権・議決権に関わらない 株式は会社設立や経営のために出資してくれた人に対して発行する有価証券です。株主は所有する株式に応じ議決権の行使を通して会社経営に参加する権利を持ちます。 一方でトークンの場合、議決権を付与しない設計が可能となっています。出資者が経営に干渉することなくフラットな関係を維持し、プロジェクトを進めることが可能です。 ICOトークンの購入はリスク高 ICOは未だ黎明期とあり、当局からの規制がほとんどない状態となっています。よって詐欺まがいのもの、スキャムが非常に多いのが現状です。 ICO関連情報を包括的に提供するTokendataでは2017年、902件のクラウドセールがリストされました。142件は資金調達段階で失敗、さらに発行主がトークンを売り逃げしたり、姿をくらませるなどの理由から276件が失敗しています。そして発行主コミュニティがソーシャルメディアでの発信をやめる、チームが小さすぎるなどの理由でやや失敗(semi-fail)と分類されるものが113件です。総計すると59%のクラウドセールが失敗ということになります。 「Tokendata, one of the more comprehensive ICO trackers, lists 902 crowdsales which took place last year. Of these, 142 failed at the funding stage and a further 276 have since failed, either due to taking the money and running, or slowly fading into obscurity. This means that 46% of last year’s ICOs have already failed. The number of ICOs that are still a going concern is actually even lower. An additional 113 ICOs can be classified as “semi-failed”, either because their team has stopped communicating on social media, or because their community is so small as to mean the project has no chance of success. This means that 59% of last year’s crowdsales are either confirmed failures or failures-in-the-making.」 (引用;https://news.bitcoin.com/46-last-years-icos-failed-already/) 投資家はホワイトペーパー上の限られた情報から、プロジェクトの詳細や実現可能性を見出さなければならず、トークン購入には大きなリスクが伴うことになります。 仮想通貨建てでの資金調達が可能 ICOで資金調達する場合、ビットコインやイーサリアム建てで資金を募ります。 この仕組みによって国内外の投資家から瞬時に、そして低い送金手数料で資金調達を行うことが可能です。 (引用:http://toyokeizai.net/articles/-/206299?page=2) SEC(米国証券取引委員会)の見解 SEC委員長のJay Clayton氏は、2月6日に行われた仮想通貨の監督役割に関する聴聞会でICOは有価証券だとする考えを示し、規制の観点から仮想通貨とデジタルアセットを区別するべきだと述べています。デジタルアセットは米国法下で明らかに規制対象となり、既存の有価証券と同じように取り締まるべきだとしています。 「That said, the SEC chair also made the point he wants, from a regulatory perspective, to separate cryptocurrencies from those digital assets that are clearly securities under U.S. law. He remarked: "I want to go back to separating ICOs and cryptocurrencies. ICOs that are securities offerings, we should regulate them like we regulate securities offerings. End of story.」 (引用:https://www.coindesk.com/sec-chief-clayton-every-ico-ive-seen-security/) 規制の加わる新たな市場 以上で見たように、国内外当局からのICOの規制強化は免れないと考えられます。然るべき規制がなされることによって、トークンを売り逃げしてしまうようなスキャムや詐欺案件がなくなり、ICOマーケットが改善の方向へ進むと期待して良いでしょう。ブロックチェーン、仮想通貨の根本思想には非中央集権・ディセントラライズドという考え方がありますが、市場が健全化に向かうために第三者の干渉は必要不可欠のようです。
相場】イーサリアム チャート7月19日価格推移

相場】イーサリアム チャート7月19日価格推移

2018/07/19 at 1:39 PM 0 comments
7月19日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月19日予測:ETH価格、強気傾向に終止符 ETH価格はUSD、BTCに対して下落を見せました。引き続く価格上昇を見せていたETHでしたが、売り圧が高まり、約5%ほどの価格下落を引き起こしています。 ETH/USD、売り圧の高まり 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、強気傾向の中多くのレジスタンスをブレイクしてきましたが、現在は価格下落を引き起こし、形成したサポートを割ってしまいました。 ETH/USD2時間足チャートから、$510.00レジスタンスのブレイクに失敗しました。その後、強気傾向の中形成した$480.00レベルのサポートを割ってしまいました。現在そのサポートは再びレジスタンスとなっています。 今回発生していた強気トレンドラインも下回ってしまったことで、ETH価格の上昇はストップしました。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、直近の上昇以前の価格レベルにてETH価格は推移しています。 ETH/USD30分間足チャートにおいて、上方、$500.00レベルにて上昇後に形成しかけていたサポートを下回り、レジスタンスへと変えてしまいました。その後、そのレジスタンスをブレイクすることには至らず、強気トレンドラインも下回り、下落を生じました。今は$470.00レベルのサポートに支えられています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、急激な下落を見せています。 BTC価格の急激な上昇と、ETH価格の下落により下落により、ETHはBTCに対して急激に大幅な価格下落を生じました。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$480.00と510.00 重要なサポートレベル:$470.00、$460.00と$450.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、強気傾向を失いました。現在は、$470.00付近にて価格を安定させています。しかし、今後レジスタンスをブレイクするか、サポートを下回るかの動きが鍵となってきます。 $480.00レジスタンスをブレイクすることに成功すれば、再び強気傾向を取り戻すことになるでしょう。しかし、$470.00サポートを下回ることがあれば、弱気傾向になり、さらなる価格下落を招くと考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
仮想通貨マイニング:知らなければいけないことまとめ ~その2~

仮想通貨マイニング:知らなければいけないことまとめ ~その2~

2018/07/19 at 10:51 AM 0 comments
本記事は、前回記事の仮想通貨マイニングの概要の続編となります。前回記事では、ビットコインを例に、マイニングとは何なのか、どのようにしてコインを獲得するすることができるのかをまとめて説明しました。今回の記事では、実際にマイニングを行うにあたり、用意しなければならないもの、マイニングの流れを解説していきます。 仮想通貨マイニングに必要なもの コインウォレット 仮想通貨のマイニングに成功した場合、そのブロック報酬としてのコインを保存するための財布(コインウォレット)が必要になります。前回記事に引き続きビットコインを例に解説していきます。 ビットコインのウォレットは多くの種類が存在します。たとえば、Webウォレット、Mobileウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、そしてペーパーウォレットがあります。   詳しい解説は同サイト::(https://consensysmediajapan.com/3823.html)参照 (引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) マイニングソフトウェア 仮想通貨を保存するためのウォレットを一度選んだら、次にマイニングするために必要なソフトウェアを選ぶ必要があります。ASICのようなマイニングハードウェアは、PoWのために必要な、実際のコンピューティングを実行する役割を担っています。一方のマイニングソフトウェアは、そのハードウェアと、ビットコインのブロックチェーンを繋げる役割を持ちます。もし、マイニングプール(複数のマイナーが協力してマイニングを行うグループのようなもの)に属している場合、マイニングソフトウェアはそのマイニングプールとの結び付けを行います。 「Once you’ve picked a wallet for storing your mined cryptocurrency, you need to decide on mining software. While mining hardware, such as Bitcoin ASICs, are responsible for performing the actual computing needed for proof of work, mining software is what connects hardware to the Bitcoin blockchain (and mining pool if you are part of one).」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) また、マイニングソフトウェアはハードウェアのハッシュレート、ファンスピード、温度、仮想通貨ネットワーク上における平均のマイナーハッシュレート、etc...等の様々な計算、統計結果を表示する役割もあります。 「Mining software may also display various statistics like your hardware’s hashrate, fan speed, temperature, and average miner’s hashrate on the cryptocurrency’s network.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) マイニングプールのメンバーシップ マイニングを行うユーザー達は、彼らのコンピューターパワーを共同出資することで、マイニングを行うことができます。それによって得た利益は、そのマイニングに出資したメンバー間で山分けされます。ハッシュレートを合わせることで、マイニングプールはより多くのハッシュレートを得ることになります。→より多くの”nonce”を導き出す機会が増えます。 個人に関しては、マイニングプールに参加することによって、より一貫した少ない支払いから利益(利益も少ないが)を獲得することが可能です。プールのメンバー間で利益を分けなければいけないため、自身が獲得する利益は小さくなりますが、”nonce”を発見する機会が増えるため、安定した利益を獲得できます。 「As for the individual, by joining a pool, a miner gains to benefit from more consistent (but smaller) payouts. It's consistent because a pool finds more nonces but also smaller, because block rewards are split amongst members of the pool.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) オンライン取引所 マイニングによって獲得した仮想通貨を売却したい場合、最も簡単な方法は仮想通貨取引所に登録することです。それ以外にも、個人間での相互合意による取引方法も選択できます。 「If you want to sell your mined cryptocurrency, the easiest way to do that is by joining an cryptocurrency exchange.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) 信頼のおけるインターネット環境 ブロックチェーン上にリアルタイムでアクセスするためには、ネット速度の速い環境が求められます。さらに、ハッキング等の問題もあるため、信頼のおける、セキュリティが保護確保されたネットワークを使用することが望ましいです。 マイニングハードウェア 仮想通貨次第ではあるが、その仮想通貨のタイプ(種類)によって違ったタイプのマイニングソフトウェアが必要となります。 ビットコインは以前から述べているASICが、その他の仮想通貨は大抵自身のコンピューターからマイニングが可能です。 「For Bitcoin, you’ll need an ASIC (to be anywhere near profitable). For other cryptocurrencies, you might be able to mine using your own computer.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) マイニングを行う場所 ビットコインの場合、ASICはヒートアップし、大きなノイズを発生させます。そのため、どこに設置して、どのように管理するのかが重要となります。例えば、以前の記事で述べたような寒い土地に設置することで、メンテナンス費用を削減させたり、自身の住まいとは離れた場所に設置することで、騒音に悩まされずに済みます。 寒い土地でない場合は、冷房によってヒートアップを防ぐ等のケアも必要となってきます。 (ASIC工場の画像 引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) 冷却装置 上述したように、マイニング装置のヒートアップのケアが重要になります。そのため、風を送るファンのような装置であったり、何かしらの冷却装置が必要になります。 知識 仮想通貨マイニングの背景にあるコンセプトを学ぶ事は容易ではありますが、実際のオペレーション(仮想通貨をマイニングするという一連の過程)は若干の困難が生じます。始める前に、どのようにマイニングを行うのか、マイニングに必要な機具、機械のセットアップ方法、マイニングにおける一連の過程の管理方法を知っておく必要があります。また、最新の仮想通貨技術の進展にキャッチアップし、効率性を高めるために、自身の機具の設定を変更して行く必要があります。 「Learning the concepts behind mining cryptocurrency is easy, but in practice it's actually quite a difficult operation. Before going in, you should know how to mine, setup your equipment, and manage the mining process. You’ll also need to stay on top of the latest cryptocurrency developments and habitually tinker with your setup to maximize efficiency.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/)
仮想通貨マイニング:知らなければいけないことまとめ ~その1~

仮想通貨マイニング:知らなければいけないことまとめ ~その1~

2018/07/18 at 2:25 PM 0 comments
仮想通貨マイニングを行うことを考えたとき、知っておかなければならないことがあります。どのようにマイニングが行われているのか、何が必要なのか、始めるにあたっての準備が必要不可欠です。 今回は連載記事として、本記事ではマイニングの概要をビットコイン/Bitcoinマイニングの例を参考に説明します。全記事を通して、マイニングを始めるにあたって知っておかなければならないことをまとめて紹介します。 仮想通貨マイニングとは 本来マイニングとは、鉱山等で発掘することですが、ここでいうマイニングとは少しニュアンスが異なります。仮想通貨においてのマイニングとは、ブロックチェーン上のトランザクションを有効化することです。 「Mining is a way of validating transactions on the blockchain.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) 銀行で働く人は金銭のトランザクションが合法に行われているか確認する必要があります。仮想通貨上では、その確認を、マイニングソフトウェアを使用している人(マイナー)に代わりに行ってもらうことを指します。銀行員はそのトランザクションを処理することの対価として給料を取得し、マイナーは同様に仮想通貨コインを報酬として獲得します。 「Instead of someone at a bank or a clearing house making sure transactions are legitimate, people who run mining software (miners) do this job instead. While someone at a bank might get paid a salary, miners are rewarded for their work in the form of cryptocurrency.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) Proof Of Work(PoW)とは? マイナーはPoW(PoWのアルゴリズムを採用している仮想通貨に対して)のプロセスの元、仮想通貨トランザクションを認証する必要があります。詳しい解説は同サイト:(https://consensysmediajapan.com/3614.html)を参考にしてください。 例:ビットコイン / Bitcoin のマイニング ハッシュレート ビットコインが初めて登場した時代、自身のパーソナルコンピューターでのマイニングが可能でした。しかし、現在の状況は大きく変わり、ある特定のマイニングハードウェア:application-specific integrated circuits (ASICs)を使用しなければならなくなりました。というのも、ビットコインのマイニングに求められるコンピューティングパワー(ハッシュレート)が膨大となったためです。そのため、PCや携帯(スマホ)、その他のapplication-specific integrated circuits (ASICs)ではないツールではマイニングはできません。 新規ブロックをマイニング ビットコイン上のトランザクションは、グループ化され、ブロックに記録されます。このトランザクションの保管場所であるブロックをブロックチェーンに加えるか否かは、マイナー次第となります。 ハッシュの計算 ASICが必要な理由は、ハッシュレートが高い場合の処理のためであるのは先述しました。ハッシュレートが高いツールを所持していれば、より多くのハッシュの処理が可能になります。のです。その対価として、仮想通貨に形成されているシステムから、その通貨を受け取ることになります。 ハッシュとはブロック生成のための”nonce”と考えられています。”nonce”とはnumber used onceの略であり、一度のみ使用される数字といった意味です。これは、適当な数字のひものようなもので、一度決定されることで、ブロックチェーンに追加される前のブロックに加えられることが許されます。”nonce”の複製は困難ですが、その数字が何なのか認識することは容易です。 より多くのハッシュレートを保持していれば、より多くの適切な”nonce”を発見することができます。正しい”nonce”を新たなブロックに紐づけたマイナーは、その新たなブロックをブロックチェーンに加えることで、報酬としてのビットコインを獲得することができます。 「The miner that finds the correct nonce adds the new block to the blockchain and is rewarded with Bitcoin for their efforts.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) ビットコインブロック生成報酬の推移 上述したようにビットコインでは、作成した新規ブロックをブロックチェーンに加えることで、報酬を獲得します。この報酬は、時間とともに変化していきます。 まず初めに、ビットコインが創設者であるサトシ・ナカモトによって作成されたとき、そのブロック報酬は50BTCに設定されていました。(1ブロックに対し)その報酬額で210,000ブロックが生成されました。 その後の210,001ブロック以降、報酬が25BTCに変更になりました。更に、420,000ブロック以降は12.5BTCとなりました。 それらのブロックは毎10分程度の時間で作成され、一日約144ブロックが生成されます。年化にすると52,560ブロックが生成されることになります。つまり、210,000ブロックは四年間で生成され、報酬の半減が起こりました。 仮想通貨マイニングの今 仮想通貨のマイニングには制限があります。PoWとマイニングには強力なコンピューティングハードウェアとエナジーが求められます。ビットコインに関しては、ハッシュレートの処理にかかるコストが膨大です。1つのAISC使用にかかるコストは、数百から数千USDになります。 (マイニング工場画像 引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) 唯一の理由というわけではないですが、ビットコイン価格の上昇が上がるにつれて、マイニングのオペレーションが次第に複雑になっています。また、個人でのマイニングの乗用は縮小しています。というのも、上部画像のようなマイニング工場がいくつも誕生しています。これらの工場は同時に数百から数千のASICを同時に稼働しています。 個人マイニングのチャンスはほとんどないのが現状です。自身でマイニング工場のような設備を整える、もしくは、これらの工場にジョインする以外難しいと考えられます。さらに、これらのASICを稼働するのにかかる電力もまた膨大です。そのため、電力の安い中国でのマイニング(工場)が活発に行われる傾向にあります。*マイニングに使用する電力が非常に多く、政府による規制が発生するほどです。 「Moreover, all of this computing requires tons of electricity, which can of course be expensive. Because of high electricity costs, Bitcoin mining, for example, is largely done in places with cheap electricity like China.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/) また、ASICがヒートアップすることを防ぐためのクーリングコストも発生します。そのため、アイスランドのような寒い地域でのマイニングはその費用削減に効率的です。 「Also, unless you are mining in a naturally cool locale, such as Iceland, which also benefits fromcheap geothermal and hydroelectric energy, you also need to account for cooling costs, as ASICs run hot!」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/)   次回の記事では、実際に仮想通貨マイニングを行う上で必要な道具や知識を紹介していきます。  
【相場】イーサリアム チャート7月18日価格推移

【相場】イーサリアム チャート7月18日価格推移

2018/07/18 at 1:13 PM 0 comments
7月18日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月18日予測:ETH価格、上昇傾向を維持 ETH価格はUSDに対して、最近の上昇に対する下方調整を行いました。それにより価格の下落を生じましたが、現在も強気傾向を維持し、再度上昇を見せました。 ETH/USD、買い圧の高まり 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、強気傾向の中、$465.00、$450.00レベルにてサポートを形成しました。 ETH/USD2時間足チャートから、$420.00レベルのサポート上部を維持する事に成功し、今回の上昇を引き起こすトリガーとしました。また、以上から発生した強気トレンドによる度重なるレジスタンスブレイクは、2つの重要なサポートを形成することに至りました。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、ETHは強気傾向の中、再度レジスタンスをブレイクし、新たなレジスタンスをテストしています。 ETH/USD30分間足チャートにおいて、ペアは今週の高値$510.00を記録しました。新たに形成した$460.00レベルのサポートを維持し、$480.00レジスタンスをブレイクしたことがトリガーとなりました。現在は、その上昇の後も$510.00レベルに価格をつけています。 一方でブレイクされたレジスタンスは、現在のサポートへと変わっています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、BTCに対して急な価格下落を引き起こしました。 ETH/USDと比較してETH/BTCは価格下落が著しく、真逆の動きを見せました。以前のサポートであった0.0700BTCレベルに価格を伸ばしたが、続く0.0720BTCレジスタンスを越えることができずなかったことが、この大幅な下落の一因と考えられます。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$510.00 重要なサポートレベル:$480.00、$460.00と$450.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、強気傾向のもと、多くのサポートラインに支えられています。直近のレジスタンスである$520.00レベルをブレイクすることで、今の強気トレンドを維持し、さらなる上昇の後押しすることとなるでしょう。現状、買い圧が売り圧を上回っていることから、かなりポジティブな傾向にあると考えられます。 一方で、多くのサポートに支えられているとは言っても、まだ長期的に維持してきたサポートではないため、安定性は低いでしょう。もし、直近のレジスタンスをブレイクすることに失敗し、強気トレンドを失うことがあれば、若干の価格下落の可能性は否定できません。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
ICOの種類-一般的ICOとプライベートプレセール

ICOの種類-一般的ICOとプライベートプレセール

2018/07/13 at 6:01 PM 0 comments
ICO(Initial Coin Offering)によるトークンセール(Token Sale)が行われる際、基本的な流れが存在することをご存知でしょうか。ICOは基本、プライベートセール(Private Sale)→プレセール(Presale)→クラウドセール(Crowdsale)の順番で行われます。しかし、いくつかのICOはその3つのうちのどれかを行わない場合があります。というのも、広い範囲にトークンを分配することを好む場合、プライベートセールを行わないといった手段や、調達したコインの上限をなるべく早く達成するために最も効率よくコインを売る手段を選ぶ等、様々な理由が存在するためです。その他にもTelegramが行ったプライベートプレセール(Private Pre-Sale)といった方法も存在します。 ICOにもPre-ICO、Private ICOといった名称のものも存在します。それでは、それらの違いとは一体何なのでしょうか。今回は以上に述べたICOによるトークンセールついて説明していきます。 トークンセール トークンセールの説明は同メディアICOが変える世界(2017年概況と2018年再加熱の可能性)を参考にしてください。 プライベートセール 基本的にICO後、最初に行われるトークンセールの方法がこのプライベートセールです。プライベートセールは一般的にアーリーインベスターによって行われるものであるため、公式に知らされておらず、前もっての告知や広告が一切行われていない場合が多いです。プライベートセールが告知され行われる場合は、多くの制約が設けられる場合が基本です。例えば、誰に投資する権利を与えるかビデオチャットや簡単な面接といった形で行い選別します。プライベートセールで多く行われるディスカウントやボーナスで与えられるコインの増量は、その投資家の貢献度(どれだけ多くの額を投資するか、早い段階で投資を決めるか)によって決まります。 プライベートセールのメリット 他のトークンセールの手段でコインを購入するよりも、コインを割引で購入できたり、ボーナスコインを取得することができます。それに伴い、早い段階で利益を得ることが見込めます。 プライベートセール、プレセール時点でコインが完売した場合、人気のあるICOとして注目を浴び、コインの価値が上がる可能性が大きくなります。そのため、大きな利益を得られる可能性があります。また、その他の手段よりもより多くのコインを取得可能な機会なのです。 プライベートセールのデメリット 今後行われるトークンセールが成功するかわからないこと、プライベートセールで売り出されたコインの額からのボラティリティが大きいことによるリスクがあります。 また、そのほかの手段に比べ、貢献度を求められるため参加が困難です。トークンセールの初期段階のため、流動性が全くないこともデメリットの一つかもしれません。 プレセール プレセールが行われる前には、基本的にアナウンスがなされ、SNS上での広告や告知が行われます。メインのクラウドセールが行われる前のトークンセールです。プライベートセール程のリスクを回避しつつ、クラウドセールよりも安値でトークンを入手する手段です。もちろん、トークンの値引きや、ボーナスはその人の貢献度に左右されます。 プレセールのメリット クラウドセールに比べて安価でトークンを入手できる可能性が高いこと。また、大きな投資を得ることを目的としているため、より多くのトークンを取得することが可能です。 安価で取得できた場合、より早く利益を得ることが見込めます。 ハードキャップに到達することが起こり得るので、プレセールでの取得手段がトークンを獲得できる最終手段の可能性があります。 プレセールのデメリット プライベートセールと同様、最低のトークン購入額が設けられており、クラウドセールと比較して多額の投資を求められます。 購入時の流動性がないこと、プレセールの成功はICOの成功とは一切関係ないことです。 人気の高いICOはプレセール時点ですぐにハードキャップに到達し、完売となってしまいます。 多くのICOはプロジェクトは、特にプレセールの段階において、クラウドセールに比べて企業の成熟度が相当に低い段階にて行われます。そのため、ハイリスクであると考えられます。 クラウドセール ICOのメイントークンセールが、このクラウドセールです。クラウドセールは他2つの手段よりも多くの方に認知してもらうために、広範囲にわたるプロモーション、広告を行います。ICOトークンセールの最終段階であるため、他の手段に比べリスクが少ない代わりに、ボーナスや値引きがあまり効きません。クラウドセール中でも早めの時期の購入の場合、割引を受けることが可能な場合はあります。 クラウドセールのメリット クラウドセールが行われる段階において、企業・プロジェクトはある程度成長し、*Minimum Viable Product (MVP)が存在することが多く見られます。そのため、リスクを少なく済ますことができます。*MVPとは、例えば、あるプロジェクトが4Kのテレビを生産することを最終目標としている場合、この場合のMVPはブラウン管のテレビのような前段階の製品となります。MVPを持つことにより、そのプロジェクトの信憑性を担保するのです。 (Long story short. The difference between a final product and a minimum viable product is showed on the picture below.引用:https://hackernoon.com/the-ultimate-guide-to-minimum-viable-product-59218ce738f8) プライベートセール・プレセールの様子から、ICOの成功度合いがある程度予測可能です。 その他2つの手段より圧倒的に参加しやすいです。 トークンの取引が開始されるのがクラウドセール後のため、流動性がより高いです。 クラウドセールのデメリット 特典がその他2つの手段に比べて少ないです。 プライベートセール・プレセールと比べて、取得できるトークンの量が少なく制限されていることが多いです。 プライベートセール・プレセールにてハードキャップに到達した場合、クラウドセールがキャンセルされることがあります。 プライベートセール・プレセール時に、そのトークンを購入したバイヤーが、後に放棄した場合、その放棄されたトークンを購入させられる場合があります。 Pre-ICO Pre-ICOとは、実際にICOを行う際に、どれだけの出資を得られることができるのかをテストするものです。主に、プライベートではなく、Crowdの人々が調査の対象となります。一般的にどれだけの注目があり、出資が期待できるのかを判断します。つまり、クラウドセールを行う前のトークンセールを指します。(プレセールのこと。) プライベートICO ICOを公に行わないで、限られた人のみをターゲットにするICOをプライベートICOと言います。このICOの場合、トークンセールの方法はプライベートセールかプライベートプレセールが考えられます。 プライベートプレセール プライベートプレセールは、プライベートセール・プレセールと何がことなるのでしょうか。名前から察するに、2つを混合したように考えられます。では、その本当の意味を解説していきます。 プライベートプレセールは、プロジェクトの設立者、もしくはそのアドバイザーによって行われます。目的は、そのプロジェクトの存在、進展をベンチャーキャピタル(VC)や投資家、仮想通貨ファンドに認知させることによって、巨額の資金を得ることです。完全なプライベートというよりは、プレセールに似ており、簡単な告知が行われます。しかし、投資に際する条件が大変厳しく設定されていることが多いです。 まとめ ICO、トークンセールの名称・種類は様々です。しかし、実際は言い換えである場合が多くみられます。ICOは大まかに3つのトークンセールが存在し、最初がプライベートICOと呼ばれ、次がPre-ICOと呼ばれます。単なるICOは一般に公開されたクラウドセールのことを指します。 それぞれのトークンセールのメリット・デメリットを理解した上で、自身の興味があるICOに参加してみるのはいかがでしょうか。 (参照記事:https://www.ico-check.com/ico-cryptocurrency-blog/ico-private-sale-presale-and-crowdsale-pros-and-cons)
【相場】イーサリアム チャート7月12日価格推移

【相場】イーサリアム チャート7月12日価格推移

2018/07/12 at 4:16 PM 0 comments
7月12日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月12日予測:ETH価格、キャップされた状態続く ETH価格はUSD、BTCに対し上方修正を行なっています。しかし $450.00、$460.00レジスタンスレベルにより上昇はキャップされることが予測されます。 ETH価格分析 昨日は重要なサポートであった$450.00を下回る鋭い下降が起こりました。ペアは $426.00付近まで下降し現在上方修正を行なっています。 ETH/BTCも0.0680BTCでベースを形成後上昇を開始しました。0.0700BTCを再度テストする可能性も考えられ、その上には0.0720BTCレジスタンスが位置しています。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETH価格は$426.00付近で底値を記録してから、上方修正を開始しました。 ETH/USD30分足チャートをみると、ペアが$430.00付近でサポートベースを形成し上方修正を開始したことが分かります。上昇を続け$435.00レジスタンス、下降トレンドラインをブレイクすることに成功しました。 しかし$450.00-460.00ゾーンでは上昇の妨げとなるハードルがいくつかあります。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上では$450.00-460.00付近で重要なレジスタンスゾーンが形成されています。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、ペアが底値から連続して強気ロウソク足を形成していることが分かります。上方では$450.00、$461.00付近でレジスタンスが位置しており、バリアとして働くことが予想される下降トレンドラインが形成されています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは現在0.0700BTCレジスタンスに向かって上昇しています。 現在、0.06800BTCレベルにサポートされながら、ETH/USDと同じく上方修正を行なっています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$450.00 and $460.00 重要サポートレベル:$435.00 and $426.00 Forecast(予測) さらに回復し、強気なゾーンへ移動するためには、50%フィボナッチ・リトレースメントレベルである$460.00レジスタンスを超える必要があります。 一方で価格が$450.00、$460.00以上への上昇に失敗した場合、下降を継続する可能性が考えられます。直近のサポートは$435.00にあり、その下は$426.00があります。そしてこれらがブレイクされた場合$420.00レベルが強い買いゾーンとなることが予測されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part26 ~超えられない壁~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part26 ~超えられない壁~

2018/07/12 at 1:18 PM 0 comments
7月12日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は7月10日に下落を見せました。先月の18日頃以来、不振な状況にある仮想通貨市場は未だにその弱気傾向を抜け出せずにいます。   今回焦点を当てる期間は2018年7月5日〜2018年7月12日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (7月5日~7月12日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安717,151 - 最高763,834(JPY) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は、先週の底値と比較すると約10%の価格上昇を見せましたが、二日前の下落により5%ほどの上昇に留まっています。ビットコインの扱いを行っている保有量上位6位までの仮想通貨取引所(Bitflyer, Bigone, Fcoin, Binance, Bitfinexを含む)は軒並み6%の価格後退を強いられました。 今回の記事では、価格下落要因と、今後の予測に焦点を当てます。 価格下落要因 ビットコイン価格は10日の下落以降、約6,400USD付近にて取引されています。10日の下落は24時間で約6%の価格下落を生じることとなりました。 「Bitcoin (BTC) is trading at around $6,417 point at press time. The top cryptocurrency is down almost 6 percent over the past 24 hours and 2.9 percent over the past week, even after pushingclose to the $7,000 price point July 8.」(引用:https://cointelegraph.com/news/crypto-markets-take-deep-plunge-market-cap-back-to-monthly-lows) 今回の下落は、以前から形成されている6,950USDレジスタンスをブレイクすることに失敗したことで、売り圧に拍車がかかり、大きな価格下落を呼び込んだと考えられます。以前も今回と似たような現象が起こっています。先述した先月18日頃からのBTC推移の不振は、このレジスタンスをブレイクしきれないことで生じていると考えられます。 「Bitcoin turned down from the overhead resistance of $6,953.38 on July 9 and slipped below the 20-day EMA. 」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11) 今後の予測 現在のビットコイン価格は価格下落後、横ばいに推移しています。 上方に推移を行う場合は、直近のレジスタンスである6,500USDレベルを超えることがまず重要になってきます。その後、上方に長期的に存在している6,950USDレジスタンスを超えることが、ビットコイン価格を10,000USDにまで引き上げる最初のボーダーラインとなるでしょう。 「The bullish setup will complete on a breakout and close above $6,953.38. The pattern target of such a break out is $7,996.11. Once the BTC/USD pair breaks out of the downtrend line, it will become positive and might climb to $8,560 and thereafter to $10,000.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11) 一方、下方では、6,250USDを維持することに失敗し、価格が6,075USDにまで下落する可能性があります。5,900USDサポートを下回る場合、次の重要サポートは5,400USDです。 「Conversely, if the bulls fail to hold $6,250, a fall to $6,075 is probable. Below $5,900, the next support is at $5,450, hence, the stops for the long positions initiated at $6,650 should be kept at $5,900.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11) 長期的な見解では、ビットコインの消失や、トム・リー氏の二度目の発言(2018年末までに1BTCが22,000から25,000USDに到達する)等、ビットコイン価格の上昇は強く期待されています。ビットコインは元々制限枚数が決まっていたが、今回の消失発覚により、更に少ない枚数しか存在しないと分かり、1BTC当たりの価値が最終的に上昇すると見込まれています。 「BitGooの前リードエンジニアで、現在はCasaHODLを開発中のジェムソン・ロップ氏は、推定で400万BTCが失われ、200万BTCが盗まれたと述べた。2018年7月現在、計600万BTCがアクセス不可能になっている。失われたビットコインを回復するためにハードフォークを実施するのは不可能であり、ビットコイン供給量2100万BTCのうち28.5%が永遠に失われた。CCNが4日伝えた。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/6mil-btc-lost-foreve-will-it-drive-the-price-of-btc) 今後のビットコイン動向に注目が集まります。
【相場】イーサリアム チャート7月11日価格推移

【相場】イーサリアム チャート7月11日価格推移

2018/07/11 at 12:31 PM 0 comments
7月5日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月11日予測:ETH価格の弱気 ETH価格はUSD、BTCに対して、価格下落を起こし、重要なサポートを下回りました。現在のETH/USDは、$450.00付近のレジスタンスを上部に形成しながら、弱気ゾーンに存在しています。 ETH/USD、サポート崩壊→弱気ゾーンへ 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、急激な価格下落により$450.00レベルの重要なサポートを下回る事となりました。 ETH/USD2時間足チャートから、$470.00レベルのサポートを維持する事に失敗し、その結果として大きな下落を生みました。その下落により、重要なサポートであった$450.00レベルの重要サポートを下回る事にもなりました。 レジスタンスであった$495.00の高値を迎えた後、右肩下がりの推移へと移行しました。その流れの中で形成していた強気トレンドラインを$480.00ラインにて下回ってしまった事が上記の大幅下落のトリガーとなったと考えられます。 【ETH/USD4時間足チャート】 ・ETH/USD4時間足チャート上、ETHは2つの重要な強気トレンドラインを、各$475.00と$460.00付近にて下回りました。 ETH/USD4時間足チャートにおいて、ペアは二度に渡り強気トレンドを形成する動きを見せたものの、高値$490.00付近からの7回にわたるセッションにおいては連続して陰線のローソクを生成しました。売り圧が買い圧を上回る状況が長く続きました。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、BTCに対しても同様の急な価格下落が発生し、長期に渡って形成していた0.0700BTCの重要サポートをついに下回ってしまいました。 ETH/BTCも同様に弱気のプレッシャーにより下落を生じました。その過程の中で、重要なサポートであった0.0700BTCが崩壊、現在は0.0680BTC付近にて取引されています。次のサポートは0.0650BTCです。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$443.00、$450.00と$460.00 重要なサポートレベル:$420.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、底値$428.63を叩き出した後、調整による若干の上昇が生じています。直近のレジスタンスは$443.00であり、現在は$440.00付近を推移しています。この直近のレジスタンスをブレイクする事で上方に存在する、以前のサポートであった$460.00レベルへの道が開かれます。 一方の下方では、$420.00にて重要なサポートが存在しています。このサポートを維持できない場合は$400.00レベルへの下落が考えられます。現在の売り圧が強い事から、この可能性は排除しきれません。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part25 ~一瞬での上昇~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part25 ~一瞬での上昇~

2018/07/05 at 4:12 PM 0 comments
7月5日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は今週に入り、価格上昇が発生しました。先週の下落に対しての回復と考えられます。   今回焦点を当てる期間は2018年6月28日〜2018年7月5日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月28日~7月5日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安664,300 - 最高760,240(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は、先週の弱気傾向から一転して、価格の上昇を見せました。日本時間の30日の上昇の後、BTC価格は安定して推移しています。しかし、未だ80万円の水準に到達するには至っていません。 今回の記事では、価格上昇・安定要因と、今後の予測に焦点を当てます。 価格上昇・安定要因 ビットコイン価格は30日の30分にも満たない時間で、6.4%もの上昇を果たしました。更に、その後も約15分ほどで4.5%の上昇を引き起こしました。これらの急上昇の甲斐あって、この1週間のビットコイン価格は好調を維持することに至りました。 「At approximately 22:00 UTC, June 29th, the BTC markets suddenly saw an influx of buying pressure, driving the markets up 6.4% from $5920 USD to nearly $6300 in less than an hour. At approximately 01:30, June 30th, the markets produced a secondary break-out that saw the price of BTC gain a further 4.5% up to nearly $6550 in under fifteen minutes. Over the course of the last 48 hours, the BTC markets have consolidated between approximately $6300 and $6450.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-coinex-dominates-volume-rankings-amid-post-bounce-consolidation/) 確実な要因は明らかではありませんが、今年3度目の1BTC=6,000USDの価格帯に下落したことで、多くの買いが入ったと考えられます。米投資コンサルティング会社TradingAnalysisの創設者であるトッド・ゴードン氏等、いくつかの有名人がビットコイン価格の年末価格予想をしており、その予想が10,000USDレベルに到達するといったものが多いことも、購入者の買い欲を膨らませた理由の一つかもしれません。 上昇後に価格が安定した理由として、長期的チャート上での弱気トレンドラインをブレイクしたことで強気傾向に向かったことが考えられます。 (引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-coinex-dominates-volume-rankings-amid-post-bounce-consolidation/) 今後の予測 現在のビットコイン価格は強気傾向にあり、更なる上昇が見込めそうです。 直近のレジスタンスである6800USDレベルを超えることがまず重要になってきます。 「Bitcoin held the 20-day EMA support on July 03, which is a bullish sign. The immediate resistance on the upside is at $6,877.36, which is the intraday high of June 19. The bears will defend the zone between $6,877.36 and the 50-day SMA aggressively, but we expect it to be crossed.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-trx-price-analysis-july-04) また、今回のチャートの動きはテクニカルに見て様々なポジティブ要素を含んでいます。 「相場が上昇局面の中で我々は買いを勧めている。なぜならBTC/USDが20日間EMAを突破したのが5月10日以来のことだからだ。さらにRSI(相対力指数)と相場の間にポジティブ・ダイバージェンスがみられた後での回復だったことも理由の一つだ。今後、少なくとも7500ドルか8000ドルに到達する兆候が見られる。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-trx-price-analysis-july-04) 上記のように相場が動いてくれる場合は、引用のように7,500USDから8,000USDレベルへの価格上昇も期待できるかもしれません。 一方で、弱気傾向に何らかの形で入ってしまった場合、上昇傾向が一転してしまうことも考慮すると、6,000USDレベルへの再三にわたる下落の可能性も排除しきれません。 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。 (BTC売り買い圧情報:https://www.tradingview.com/symbols/BTCUSD/)  
【相場】イーサリアム チャート7月5日価格推移

【相場】イーサリアム チャート7月5日価格推移

2018/07/05 at 11:51 AM 0 comments
7月5日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月5日予測:ETH価格上昇トレンド維持 ETH価格はUSDに対して強い買い圧が生じました。ETH/USDは、遂に調整フェーズを終え、現在は強気傾向のもと、推移しています。 ETH/USD、サポート維持→リバウンド 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、一時的に$462.00の弱気トレンドライン(下方調整によって生じた)のブレイクに成功し、強気傾向の維持に成功しました。 ETH/USD30分間足チャートから、$450.00付近からの上昇により、弱気トレンドラインをブレイクし、現在の強気傾向へと向かうこととなりました。さらに、$470.00レジスタンスをブレイクすることに至りました。しかし、一度は$480.00レベルに到達し、$470.00サポートを形成したETH価格でしたが、現在はそのサポート付近を推移しています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、ETHはUSDに対して$460.00から$440.00のサポートゾーンを維持しました。下方調整も落ち着き、価格のリバウンドが起き、$470.00付近を推移しています。 ETH/USD2時間足チャートにおいて、ペアはその$460.00から$440.00のサポートに足を踏み入れましたが、昨日予想したように下落を引き起こすことなく、上昇傾向を再度呼び込みました。価格がサポートゾーンに入ったことで、買い圧が高まったことが原因と考えられています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、0.0700BTC以上を維持しつつ、強気・弱気でもなく安定傾向にあります。 ETH/BTCは0.0700BTCサポートを継続して維持しています。上昇傾向を迎えるためには、0.0720BTCへの上昇が必須です。昨日の記事でも言及したように、0.0720BTCに到達することに中々苦戦しています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$490.00と$500.00 重要なサポートレベル:$470.00と$460.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、サポートを維持し、下方調整からの弱気トレンドラインをブレイクしたことで、現在は強気傾向にあります。$470.00サポート上部を維持することが、この強気傾向を飛躍させるトリガーとなるでしょう。それにより$480.00から$490.00レベルに到達することが期待できます。この価格推移を実現することが$500.00以上へと価格を押し上げる鍵となってきます。一方で、この$470.00サポートの維持に失敗した場合、売り圧に拍車がかかり、価格の下落を生じる可能性もあります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート7月4日価格推移

【相場】イーサリアム チャート7月4日価格推移

2018/07/04 at 2:04 PM 0 comments
7月4日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 7月4日予測:価格上昇→維持の重要性 ETH価格はUSDに対して下方調整を行っています。その流れの中で、現在は重要サポートに向かっています。現状の強気傾向を維持するためには、$440.00レベルを維持する必要があります。 ETH/USD、重要サポートに接近 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、一時的に$485.00付近まで価格上昇を果たしました。しかし、現在は下方調整のフェーズにあり、価格の下落が生じています。 ETH/USD30分間足チャートから、$460.00上部に形成していたサポートラインを下回りました。高値$485.00から始まった下方調整の影響によるものです。現在もその波は継続しており、$450.00レベルにて形成されているサポートラインに向かっています。 上方では、$490.00レジスタンスが存在します。このレジスタンスのブレイクに失敗したことが、上昇傾向を一時ストップさせ、下方調整を発生させる要因となりました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、$460.00付近にて重要なサポートを形成しています。このサポートは、強気トレンドラインと交わっています。 ETH/USD2時間足チャートでは、その強気トレンドライン、サポートに対してテストしています。$460.00のサポートゾーンを下回ることで、現在の下方調整は$450.00レベルまで価格の後退を引き起こすと考えられています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、0.0700BTC付近のサポート上部で取引されています。 ETH/BTCは0.0720BTCレジスタンスを中々ブレイクできずにいます。下方では0.0700BTCサポートが形成されていますが、近いタームでの価格下落を起こさないためにも、そのサポートの死守が求められます。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$490.00と$470.00 重要なサポートレベル:$460.00と$440.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、強気傾向にはありますが、下方調整により、価格推移は若干ネガティブに動いています。上記で示したように、$460.00を下回ったことにより、$450.00レベルへの価格下落の可能性が高いです。一方で、$460.00に回復し、保つことができれば、$475.00レベルへの回復が期待できます。さらに、上方にあるレジスタンス$490.00レベルに再度チャレンジすることとなります。 下落が進んだ場合は、下方にある$440.00レベルに形成されているサポートがカギとなってきます。更なる下落を食い止めるためには、そのサポート維持が絶対条件となります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月29日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月29日価格推移

2018/06/29 at 6:01 PM 0 comments
6月29日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月29日予測:ETH、下落継続 ETH価格はUSD、BTCに対し一度は上昇したものの、$420.00サポート以下へ下降しました。ETH/USDは$420.00ライン以上へ上昇しない限り、下降トレンドが続くと考えられます。 ETH価格分析 ETHは昨日の下落から上方修正していましたが、下降トレンドラインに抑えられ大幅に下落しました。同様にETH/BTCも一度上昇しましたが、0.0720BTCラインがレジスタンスとして働き、上昇を止められました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ETH/USD2時間足チャートをみると、$440.00レジスタンスにより、上方回復が止められ下落したことがわかります。 $420.00サポートが下落を数度止め、ダブルボトムを形成しましたが、急な下落による強い売り圧により現在は$420.00以下に下がっています。$420.00の上には現在、$435.00に重要な下降トレンドラインが形成されています。$420.00以上に戻れなければ、$440.00へ向かうことが予想されます。 【ETH/USD2時間足チャート】 ETH/USD30分足チャートに移ると、$435.00付近で上昇トレンドラインがブレイクされていることが分かります。そこから$407.00付近まで急に下落しました。そのため現在のイニシャルサポートは$407.00であり、これ以下へ下降すると$400.00レベルへ向かうことが考えられます。 【ETH/BTC30分足チャート】 ETH/BTCは現在、0.0720BTCと0.0700BTCの間でレンジ相場となっています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$420.00と$435.00 重要サポートレベル:$407.00と$400.00 Forecast(予測) 市場センチメントは$420.00以下まで下降したことから、昨日以上に弱気な状態となっています。再び上昇するには$420.00レベル、その上にある下降トレンドラインと$440.00レベルをブレイクする必要があります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月28日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月28日価格推移

2018/06/28 at 5:47 PM 0 comments
6月28日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月28日予測:ETH、$420ラインをテスト ETHはUSD、BTCから強い売り圧を受けています。ETH/USDは$400.00サポートに向けてさらに下降する可能性が考えられます。 ETH価格分析 直近の数セッションは$450.00、$455.00レジスタンスレベル以上への上昇に失敗したことから弱気な状態が続きました。ペアは現在$400.00レベルに向かって下落しています。 ETH/BTCも同様に回復できず、0.0720BTCサポート以下に向けて下降しました。0.0700BTCサポート付近で下落が止まることが予測されます。 【ETH/USD日足チャート】 ・ETHはUSDに対し$475.00、$500.00以下で下降トレンドを継続しています。 ETH/USDの日足チャートを見ると、ペアは強い下降トレンドを継続しており、度々上方ブレイクが阻止されていることが分かります。チャート上、$700.00、$600.00、$550.00で上昇が抑えられています。 ペアは回復する前に一度今月の最安値である$421.80を記録しました。その後上昇しますが、$445.00レジスタンス付近で再度下降しました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETHはUSDに対し$475.00、$500.00以下で下降トレンドを継続しています。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、上昇できていない状態が続いていることが分かります。ETHは$420.00以上を維持していますが、さらに下降することが予想されます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0720BTCサポートをブレイクし、現在0.0700BTCに向かっています。 現在は0.0700BTC~0.0720BTCの間でレンジ相場となっています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$455.00と$470.00 重要サポートレベル:$421.00と$400.00 Forecast(予測) 全体的に市場センチメントは日足、2時間足共にかなり弱気な状態です。レジスタンスは$450.00、$455.00、$470.00、と$500.00に位置しています。 $400.00レジスタンスがブレイクされた場合、$350.00に向かう大幅な下落に繋がることが予測されます。上方では強いレジスタンスが$500.00付近に位置しています。この$500.00レベルをブレイクできれば大幅な回復への道が開かれると考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part24 ~不安の募り~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part24 ~不安の募り~

2018/06/28 at 2:27 PM 0 comments
6月28日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は今週に入り、大きく下落する事となりました。一度大きく下落したのち、現在は横ばいに推移しています。   今回焦点を当てる期間は2018年6月21日〜2018年6月28日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月21日~6月28日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安655,000 - 最高766,164(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は先週、先々週とハッキングの話題から、人々の深層心理に大きな不安を植え付ける事となりましたが、先週は上昇傾向を示し、ハッキングの影響を感じさせない価格推移を見せ、80万円付近を推移していました。転じて、今週に入ると大きな価格下落を引き起こし、現在は70万円以下にて価格推移を行っています。 今回の記事では、その大幅な価格下落要因と、今後の予測に焦点を当てます。 価格下落要因 業務改善命令の再来 日本金融庁が日本最大の仮想通貨取引所であるBitFlyerに対して、業務改善命令を下しました。約ひと月前にも、金融庁はマネーロータリングやテロ資金の供与の対策として、聞くつかの仮想通貨取引所に二度目の業務改善命令、さらに今月頭、1つの取引所FSHOに対しては、二度もの業務改善命令を受けたにも関わらず、その後の改善が見られないとして、事業の強制撤退要請を考えています。 今回は日本最大の仮想通貨取引所BitFlyerに対する業務改善命令という事もあり、多くの仮想通貨所有者に不安を与える事となりました。今回の価格下落はそのことが一要因となっていると考えられます。 「However, the prices have failed to respond to this improvement in fundamentals, and the virtual currencies continue to lose ground on every adverse news. The latest drop has been attributed to the order by the Japanese Financial regulator, which has asked the cryptocurrency exchanges to improve their practices against money laundering and terrorist financing.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-price-analysis-june-22) ビットコインだけでなく、多くの種類の仮想通貨が価格下落を起こし、市場を縮小する事に至りました。 「ファインダー・ドット・コムの週間調査によると、1586の仮想通貨の80%余りが25日までの1週間に値下がりした。下落率は平均で19%に達した。」(引用:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-27/PAYFMT6JTSEI01) 今後の予測 先週には上昇傾向を維持していた事もあり、さらに今後、ステイブルコインであるテザーがトークンを発行する事で上昇傾向を維持すると予想されていましたが、予想は外れてしまいました。 「ステーブルコインのテザーが25日、2億5000万ドル分のトークンを発行したことで、ツイッターではビットコインが上昇するとの予測があったが上昇しなかった。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-markets-see-more-red-as-prices-slump-downwards) 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、6,000USD付近のサポートをテストしています。このサポートは重要なサポートであり、もし下回る事があれば、5,450USDから5,000USDレベルへの下落が考えられます。しかし、現在の弱気傾向の中で、そのサポートは下回る事はないと予想されています。 「The bears will now attempt to break below $6,000 once again. If successful, the digital currency can slide to $5,450 and below that to $5,000.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-trx-price-analysis-june-27) 一方で、米投資コンサルティング会社TradingAnalysisの創設者であるトッド・ゴードン氏の予想では、今後ビットコイン価格は4,000USDにまで落ち込みを見せると考えられています。しかし、今年の終わりには価格は回復し、10.000USDレベルにまで再度到達するとしています。現在の価格帯で投資をするのは、賢明な判断なのかもしれません。 「米投資コンサルティング会社TradingAnalysisの創設者であるトッド・ゴードン氏は、ビットコインは4000ドルまで下落した後、2018年末には1万ドルまで回復すると予想している。Global Coinが報じた。」(引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/27/news067.html) (参考:https://cointelegraph.com/news/analyst-predicts-bitcoin-price-rebound-above-10-000-by-2019) 事実、ヨーロッパでのビットコインに対する投資ボリュームは約二倍に増加するという予測が、ある調査で報じられました。特に賃金の低いヨーロッパの国では、ビットコインによる投資で収入を得ようと考えているようです。 「People hear and know more about cryptocurrencies with every passing day, and according to a new survey, interest in Bitcoin is expected to increase twofold in Europe. The poll gauges the awareness of cryptocurrencies and the expectations for their future. The research covers over a dozen European nations, but also the United States and Australia, presenting some unexpected findings.  」(引用:https://news.bitcoin.com/interest-in-bitcoin-set-to-double-in-europe-new-survey-suggests/) 多くのホルダーが増え、仮想通貨取引ボリュームが増える事で、確かに10,000USDに再度返り咲くのは信憑性がある事なのかもしれません。 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
SEC イーサリアムは証券ではないとの見解

SEC イーサリアムは証券ではないとの見解

2018/06/22 at 6:30 PM 0 comments
6月14日にイーサが証券ではないという見解を米証券取引委員会(SEC)のディレクターが公開しました。この発表により、価格が大きく上昇するなどイーサリアム(Ethereum)コミュニティに大きく影響を及ぼしました。この記事ではイーサリアムの証券問題についてのこれまでの過程と、ビットコインが証券となりえない理由などについて詳しく解説していきます SEC、イーサは証券ではないと発表 仮想通貨市場において第2位の時価総額を誇るイーサリアム/ETHについて、アメリカの規制当局、米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFEC)では、仮想通貨イーサリアムが”Security”(証券、有価証券)に該当するか協議が行われ、規制当局は1993年の証券法に定めにより、イーサリアムを有価証券として規制すべきかどうかを精査してきました。 そんな中、ヤフーファイナンスが主催するサミットに出席したSEC (米証券取引委員会)コーポレートファイナンス部のディレクターであるウィリアム・ヒンマン局長は、政府のガイドラインに基づいて、仮想通貨イーサリアム(ETH)は有価証券として分類されないと発表しました。さらに中央集権的なものやイーサリムを管理している機関が存在しないという事実を説明し、それゆえ、イーサのアセットは投資契約に該当しないとしました。 (引用:https://www.ccn.com/newsflash-sec-director-says-ether-is-not-a-security/) 証券問題に関する議論の発端 この議論の発端となったのは、2014年に行われたETHトークンの先行販売プレセールです。イーサリアム財団はイーサリアムの開発のために合計3万1000BTCの調達に成功しました。これは当時1830万ドル(約19億9000万円)、およそその価値は当時18億円相当にもなります。この資金はイーサリアムのプラットフォームの開発に使用されたことから、規制当局は、投資家などが将来的にコインの価値が上昇を見込んで買い取った可能性が高いとされ、この売買自体が証券の販売に当たるのではないかとの検討をしてきました。 今回、Hinman氏は、「現在のイーサの状態を考慮すると、イーサリアムネットワークとその分散化構造や、イーサの発行、販売は証券取引ではない」との考えを表しました。 「Based on my understanding of the present state of ether, the ethereum network and its decentralized structure, current offers and sales of ether are not securities transactions.」 (引用:https://www.sec.gov/news/speech/speech-hinman-061418) イーサリアムはICOやクラウドセールを通して発行されましたが、現在では完全に分散化されており、もはや中央で管理する母体を持たず、イーサリアムの非中央集権構造ネットワークは、特定の個人や団体がその価値を左右することはないとしています。 今年に入り仮想通貨市場への介入姿勢を強めていた規制当局は、市場価値上位のイーサリアムやリップルなどを規制の対象として調査していましたが、Hinman氏の発言によりイーサリアムが証券として規制される可能性は限りなく低くなりました。 これまでのイーサリアム側の見解、証券としての見方に反対 5月初旬、イーサリアム財団の共同設立者であるジョセフ・ルービン氏は、ニューオーリンズで開かれたテックカンファレンスで講演を行い、「証券問題」についての言及しました。このカンファレンスは、連邦規制当局がイーサリアムが有価証券に分類されるかどうかを調査しているさなかに行われ、イーサリアム財団は「現在の議論について、まったく心配していない」と述べました。 「We spent a tremendous amount of time with lawyers in the U.S. and in other countries, and are extremely comfortable that it is not a security; it never was a security… many regulators that matter understand what Ethereum is.」 「米国や他の国の弁護士と長時間にわたり協議してきたが、イーサリアムが有価証券であるかないかについてまったく心配していない。絶対に証券ではない。多くの規制当局はイーサリアムが何であるかを理解している」 (引用:https://www.thestreet.com/investing/bitcoin/ethereum-co-founder-says-ehter-is-not-a-security-14575717) ルービン氏はさらに、デジタルアセット(イーサ)はイーサリアムをベースに作られたアプリケーションを稼動させるためのものであり、投資や投機を目的としたものではないと位置ずけています。さらにイーサリアムブロックチェーンはマイナーが取引を検証し、新しいブロックを作成していくので、ETHトークンをアンロックする手続きが必要となります。ルービン氏は多くの当事者が価値の作成に関わっているという事実により、イーサリアムは証券としての分類されることはないと考えています。 「“the Foundation neither controls the supply of, nor has the ability to issue Ether, and the quantity of Ether that the Foundation holds (under one percent of all Ether) is already lower than that held by many other ecosystem participants.”」 (引用:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-07/dancing-badgers-draw-more-attention-than-sec-at-ethereum-meeting) さらに、イーサリアム財団はイーサの需要も供給をコントロールしておらず、発行することもできないとしています。加えて、財団が所有しているイーサリアムの保有量は全体の流通量の1%以下であり、その他多くのエコシステム参加者の保有量より少ないと主張しています。これはつまり、イーサリアム財団がイーサリアムの価値に影響を与えていないということを示しています。 証券と分類することのSECの見解 ここ二年間で、ICOで発行された仮想通貨は1000種類以上にまで登り、またその大半が何の規制もかけられない取引プラットフォームを通して行われました。ICOトークンに対して、SECの委員長を務めるJay Clayton氏は、ほぼ全てのトークンがICOによって発行されており、有価証券として規制するべきだという姿勢を貫いてきました。 「SEC chairman Jay Clayton has publicly expressed the sentiment that all tokens issued through initial coin offerings should be “registered as a security.”」 (引用:https://cryptoslate.com/reaction-sec-ico-probes/) 今回、証券とみなされないユーティリティトークンもあるという考えとは別に、「単純に分散化ネットワークでの交換手段としてのみ機能するユーティリティ付きのデジタルアセットは、投資戦略としての販売とみなされ、証券に分類される可能性はある」とWilliam氏は述べました。 「even digital assets with utility that function solely as a means of exchange in a decentralized network could be packaged and sold as an investment strategy that can be a security."」ーWilliam Hinman(引用:https://www.coindesk.com/sec-official-ether-is-not-a-security/)   ビットコインは証券に分類されない? ビットコインは、当初からICO、プレセールのような資金調達を行うことなく、通貨の発行元となる管理機関が存在しないため、証券としては取り扱えない、というのが投資家の共通認識であるようです。ビットコインと同様な成り立ちを辿ってきた通貨、例えばライトコイン、モネロなどについても、同様に証券の枠組みには当てはめられないと考えられています。 「SEC Chairman Jay Clayton told a congressional subcommittee that bitcoin is a pure medium of exchange and “has been determined by most people not to be a security,” and the publication confirmed that bitcoin is not a focus of the current regulatory probe.」 「SEC(証券取引委員会)会長、ジェイ・クレイトン氏は議会の小委員会でビットコインは純粋な交換媒体であり“多くの人により証券ではないとされている”と述べました。 (引用:https://www.ccn.com/us-regulators-examining-whether-ethereum-is-a-security-wsj-report/) What makes Bitcoin different? ビットコインは金と似た”価値の保存”という見方が強いです。他の通貨よりも安定しており、分配される通貨の供給量が制限されています。また、他の通貨との大きな違いは、ICOを通して発行されていないということから、完全に分散化されているということが特徴であります。ビットコインには真のオーナーが存在せず、事実誰も実際に誰が通貨を創ったか知りません(イーサリアムはヴィタリック、リップルはリップル社という明確なインフルエンサー、母体が存在する)。またビットコインを発行する中央主体が存在しませんし、多くの人は支払い、マイニングによって通貨を獲得しています。また、単に購入、売買の目的としてデザインされたものであり、政府機関も証券ではなく通貨としての見解を示しています。 (参考: https://www.thestreet.com/investing/bitcoin/ethereum-and-ripple-prices-might-come-under-pressure-soon-14567420)   イーサ、先物上場の可能性 SECがイーサを証券としてみなさないという発表により、イーサリアムの先物上場への可能性が大きく広がりました。CBOE(シカゴオプション取引所)グローバルマーケッツ社長のクリスコンキャノン氏は、Bloombergに対し、規制当局がイーサリアムを証券としない見方を示したことは、CFTC(米商品先物取引委員会)がイーサリアムの先物取引を承認することに近づくとし、先物上場への障害をなくすことに繋がると述べました。 「We are pleased with the SEC’s decision to provide clarity with respect to current Ether transactions. This announcement clears a key stumbling block for Ether futures, the case for which we’ve been considering since we launched the first Bitcoin futures in December 2017.」ー Concannon said in a statement. (引用:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-06-14/ether-surges-after-top-sec-official-says-it-s-not-a-security) 2017年12月、CBOE とCMEはビットコインの先物上場を行い、両局はさらに多くの仮想通貨のデリバティブ商品の上場の可能性も示唆しましたが、まだ実現してません。今年始め、米先物取引所運営最大手であるCMEパートナーグループの仮想通貨取引所は、リアルタイムのイーサ価格インデックスと標準価格、指標銘柄を作るために仮想通貨取引所とパートナー契約を結びました。この動きは最終的にイーサリアムの先物商品の発足につながるでしょう。 (引用:https://www.ccn.com/sec-statement-on-ether-clears-stumbling-block-for-ethereum-futures-cboe-president/) まとめ 今回SECが公式にイーサリアムの証券問題について発表したことにより、SECによる規制を心配してきたイーサリアムコミュニティ全体が安心したことでしょう。イーサリアムは単に通貨の交換手段ではなく、共有されたコンピュータリソースへアクセスする手段であり、スマートコントラクトなどあらゆる目的のために使えるブロックチェーンプラットフォームであることが再確認されました。また、William Hinman氏はイーサリアムだけでなく、その他の通貨も証券と分類される可能性があるということを主張しました。彼はトークン自体が証券となりえない一方で、販売期間中の購入者の価格上昇への期待があったかどうか、発行時に管理者が存在するか否かが証券と分類されるか判断の決め手となることを指摘しました。SECはトークンプロジェクトとの連携に積極的な姿勢を示しており、同時にプロジェクトが規制当局に登録すべきかどうか共に判断する法律相談所を設立する方針です。今後規制当局と仮想通貨コミュニティの連携が期待されます。  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part23 ~再度ハッキング。しかし…~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part23 ~再度ハッキング。しかし…~

2018/06/21 at 2:55 PM 0 comments
6月21日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は徐々に回復の兆しを見せています。しかし、再度発生したハッキングの影響により、伸び悩んでいます。 今回焦点を当てる期間は2018年6月14日〜2018年6月21日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月14日~6月21日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安721,088 - 最高766,164(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は先週の価格暴落の影響を受けており、引き続き価格帯は落ち込んだままです。今週の終盤に回復の兆しを見せたものの、先週とは別の韓国仮想通貨取引所Bithumbで起こったハッキングにより、上昇傾向は維持しているものの、伸び悩んでいます。 今回の記事では、度重なるハッキングの話題に関して言及したのち、今後の予想を記していきます。 連発するハッキング事件 Bithumb(ビットサム)のハッキング 先週のCoinrail(コインレール)でのハッキング被害に引き続き、Bithumbでもハッキングが発生しました。しかし、今回のハッキングによる大幅な仮想通貨市場価格下落の影響はありませんでした。確かに、ビットコインを含む仮想通貨市場が強気傾向を迎えたタイミングに起こった事で、大きな上昇を阻む要因とはなったかもしれませんが、下落を引き起こすには至りませんでした。これに対してLitecoinのFounderであるチャーリー・リー氏は、「ハッキングは銀行強盗と同じようなものであり、それが金の価格に変動を及ぼさないように、ビットコインの価格も影響されるようなものではない」と主張しました。 「According to Lee, the price drop is a typical reaction of the market to the news about the hack, and “it happens all the time,” because people get scared. According to Lee, the hack of a crypto exchange does not affect Bitcoin’s (BTC) fundamentals just in the same way as a bank robbery should not affect the price of gold:“If the exchange does not protect the coins well enough and gets hacked, it doesn’t really change the fundamentals of the coin they are protecting.”」(引用:https://cointelegraph.com/news/bithumb-hack-does-not-change-bitcoin-fundamentals-says-litecoin-founder-charlie-lee) ハッキングされるという恐れから、多くの人は仮想通貨を持つといった事に恐れを抱き、マーケットにネガティブな影響を与える事につながっていましたが、根本的な考え方はリー氏の見解が正しいのかもしれません。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、6,800USD付近のレジスタンスをテストしようとしています。下方には、以前の底値6,200USDからの上昇トレンドラインが形成されており、BTC価格が強気傾向にある事が伺えます。 (引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-price-analysis-june-20) 長期的なチャートを見ると、以前から継続する弱気トレンドラインが現在7,100USD付近に形成されています。5月から続くこの弱気トレンドラインをブレイクする事が、今後のビットコイン価格の上昇のカギとなるでしょう。また、ブレイクする事ができれば7,700USDレベルへの回復も期待できます。 「If the bulls manage to break out of the 20-day EMA, the BTC/USD pair should rally to $7,700 levels. The 20-day EMA is flattening out, which shows that the selling pressure is waning.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-price-analysis-june-20) 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
【相場】イーサリアム チャート6月21日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月21日価格推移

2018/06/21 at 1:02 PM 0 comments
6月21日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月21日予測:サポートを維持 ETH価格はUSD、BTCに対して、昨日の急上昇後の失速から、価格下落が危惧されていましたが、サポートエリアを維持することに成功しました。それにより、ETHの価格は引き続き強気傾向にあり、$510.00レベルを維持する限り価格の上昇が見込まれます。 ETH/USD、レジスタンスをテスト 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$520.00付近に強固なサポートを形成しています。現在は上方の$540.00レジスタンスをテストしています。 ETH/USD30分間足チャートから、強気テリトリーの中、価格上昇を継続していることがわかります。昨日の失速により生じた弱気トレンドラインをブレイクすることに成功し、$520.00レベルにあったサポートエリアを維持することに成功しました。以前の価格下落は下方調整と考えられます。現在は$540.00レベルのレジスタンスをテストしている状態です。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、$510.00から始まる強気トレンドラインが形成されています。 ETH/USD30分間足チャートでは、強気トレンド状態にあり、上昇トレンドライン上を推移していることがわかります。ペアは$500.00上部を維持しており、$520.00付近にサポートを形成しています。今回の上昇トレンドを継続させることが価格上昇のカギを握ります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、昨日ブレイクした0.0780BTC上部を維持しており、0.0800BTCレベルを超える動きを見せています。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0780BTCを超えて以来、未だにその上部を維持しており、現在は以前からのレジスタンスである0.08000BTCを越えようとしています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$540.00と$550.00 重要なサポートレベル:$520.00と$500.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、強気傾向にはありますが、売り圧が買い圧に勝っています。直近の$540.00レジスタンスをブレイクすることが、今後のETH価格上昇への最低条件と考えられます。一方で、ハッキングの問題等が発生している中で、サポートエリアを下回ることなく、維持したことは大きなことでした。20日には多くの仮想通貨が下落しましたが、本日は一転として上昇しています。短期的な動きも、本日のような上昇傾向を維持することは大いに期待できます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
Cosmosの可能性

Cosmosの可能性

2018/06/21 at 10:40 AM 0 comments
はじめに こんにちは! 今回も前回に引き続きクロスチェーンのCosmosについて書いていきます。今回は、特にCosmosがどのように使われて、どのような可能性があるのかについて解説していきます。   公式HP:cosmos.network ホワイトペーパー:github.com Cosmosの可能性 相互運用性(Interoperability)とは 相互運用性とは、異なるブロックチェーン同士の機能を掛け合わせて利用したり、取引所などの第三者を介さずに、様々な仮想通貨・トークンを交換したりすることができることです。   ここでは、イーサリアム・ゾーンとジーキャッシュ(Zcash)・ゾーンがHUBに接続している場合を考えましょう。これらの仮想通貨はHUBのおかげで相互運用ができて、取引を秘匿したままイーサリアムのスマートコントラクトを実行することが可能になります。 このように、相互に利用できることは非常にメリットで、いくつかのトークンや仮想通貨の特徴を掛け合わせて使うことができるので、様々な可能性を秘めています。   Cosmosの基盤技術Tendermintとは   Cosmosのブロックチェーンは、Tendermintと呼ばれるジェネリックエンジンで動いています。CosmosはTendermintをベースに作られているため、上記で述べた相互運用が可能になります(詳しくは後述)。そこで、この節では、Cosmosを支えているTendermintがどのようなものなのか解説します。 Tendermintの特徴   Tendermintは次のような特徴を持っています。 コンポーネント化された設計 ABCI後述)によって様々な言語で開発可能 以上の設計によって独自ブロックチェーンを容易に実装可能 Proof of Stakeによるコンセンサスのためトランザクションの処理速度が早い フォークしない ファイナリティを得られる(フォークが起きないので後からブロックチェーンに刻まれた事実が覆らない。) コンソーシアムチェーン、パブリックチェーンどちらも作成可能。   Tendermintのアーキテクチャ   Tendermintについて知るために、はじめにブロックチェーンのアーキテクチャについて確認しましょう。ブロックチェーンは、複数人が検証し、承認されたデータを送受信し合い、同じ台帳を共有するという特徴から以下の三つの要素が必要になります。   ・ ネットワーキング(networking) ・ コンセンサス(consensus) ・ アプリケーション(Application)   ネットワーキングのレイヤーでは、全てのノードがユーザーによって発行されたトランザクションを受け取れるように設計されています。ノードは、トランザクションを受け取ったら、そのデータを用いてlocalのstateを変更するかどうか合意を取る必要があります。この部分がコンセンサスレイヤーです。合意が取れれば、実際にstateを更新します。この部分をアプリケーションレイヤーが担当します。このようにして、ブロックチェーンが機能します。   そのため、分散型アプリケーションを開発者したい者にとってこれらを全て一から作ることは、骨が折れる仕事です。   そこで、Tendermintはとても役にたちます。Tendermintを使うことでブロックチェーンのネットワーキングやコンセンサスアルゴリズムにリソースを割くことなくアプリケーションレイヤー層のみに集中して開発を行うことができるからです。Tendermintでは、PoS型のコンセンサスエンジンを備えたコンセンサスレイヤーとネットワーキングレイヤーが誰でも使える形で提供されています。(簡単なアプリであればすぐに動かせます。) したがって、Tendermintは、独自ブロックチェーンを作る時に必要な要素のうちアプリケーションレイヤー以外を提供する、ジェネリックエンジンです。Tendermintではこのように、ブロックチェーンに必要な各レイヤーがコンポーネント化されているため、より開発者が使いやすいような設計になっています。   ABCI (Application Blockchain interface Interface)   図のブロックチェーンのコンセンサスエンジンとアプリケーションロジックを繋ぐ役割をするのがABCIです。ABCIは、アプリケーションをあらゆるプログラミング言語で構築、処理することができるAPI、server socket提供します。   Consensus   前回の記事のCosmosでも紹介したように、Tendermintで構築したブロックチェーンはProof of Stakeアルゴリズムでコンセンサスをとります。PoSを用いるメリットは、Proof of Workアルゴリズムで発生する膨大な計算による電力消費を削減することです。 Tendermintでは、誰がブロックを提案し承認するかを事前に決めることができます。Tendermintはブロックの伝搬とそのブロックをどのようなプロセスで承認するかを決めているに過ぎません。このときブロックを承認する人たちをバリデーターと呼びましたが, このバリデータをどのように構成するかは、アプリケーションレイヤーで決めることができます。そのため、どの程度のトークン保有者をバリデーターとして承認するか, バリデーターの選定を事前承認性にするかなどは、ブロックチェーンごとに決めることができます。すなわち、Tendermintは PoSとしてもPoA(Proof of Authority: 承認された人のみがブロックの追加をできるコンセンサスアルゴリズム)としても使うことができます。   例えば、はじめに特定の人にトークンを渡しておき、コンソーシアムブロックチェーンとして作成し、徐々にそのトークンを外部の利用者に解放していくことで、アルゴリズムを変更せずにブロックチェーンをよりパブリックに変更していくことも可能になります。   また、Tendermintのアルゴリズムは、処理能力に優れていて1秒当たり数千トランザクションを扱えます。   さらに、tendermintにおけるコンセンサスではブロックの生成後すぐにファイナリティを得られます。(一度承認されたトランザクションは覆らないようになっています。)。これは、コンセンサスの方法が工夫されていて、選出されたプロポーザーが提案してブロックを二回の投票によって承認します。具体的には。バリデータの2/3が正しいブロックであるということを投票することで承認されます。もし投票が2/3以上集まらない場合や、設定された制限時間になっても承認が終わらない場合は、もう一度やり直すことになります。このようにして、ブロックチェーンは、フォークせずファイナリティーがすぐに得らる仕組みになっています。   プロポーザーとバリデーターについては、Cosmosの記事を参考にしてください。   また以下のサイトでは、Tendermintを用いて進行しているプロジェクトがまとまっています。 https://forum。cosmos。network/t/list-of-projects-in-cosmos-tendermint-ecosystem/243 異なるブロックチェーン同士をつなぐIBC(Inter Blockchain Communication)   異なるブロックチェーン繋げることをブリッジングと言います。IBCは、このときブリッジとしてブロックチェーン同士が情報を容易に交換でき、相互に運用できるように機能します。このような相互運用を可能にするためにIBCでは、IBC Packetと呼ばれる統一された通信用プロトコルが定義されており, ブロックチェーンのデータはこのIBC Packet形式に準拠する必要があります。 しかし、どのようなブロックチェーンでもデータ形式を変換してIBCを利用した通信ができるわけではありません。   Tendermintは、先ほど述べたように、ネットワーキング、コンセンサスレイヤーを提供します。そのため、Tendermintを使うと異なるアプリケーションであるが、 ネットワーキング、コンセンサスレイヤーが同じであるブロックチェーンがいくつか生まれるわけです。IBCは、これらのTendermintを用いて作成されたブロックチェーン同士の通信を行うためのルールです。   これらのブロックチェーンは同じ規格を使って作られているので、お互いに通信するのが容易です、さらに、ファイナリティーがすぐ得られるため後から取引が覆らず、以前に他のブロックチェーンに送った情報が覆ることがおきないので、相互運用に適しています。 また、特筆すべき点としてプライベートチェーンとパブリックチェーンを繋げることも挙げられます。 また, 既存のイーサリアムやビットコインを相互運用できるのかどうかが気になりますが, これも可能です。すぐにファイナリティーが得られるように、新しくイーサリアム専用のブロックチェーンを作ることによってうまくいきます。これについては後ほど説明します。   異種のチェーンの接続による問題点   様々なブロックチェーンが接続されることによって発生する問題もあります。その一つとして考えられるのが二重支払いです。例えば、ブロックチェーンAとBの間で通信を行いトークンAとBを交換する場合を考えます。このとき、取引に用いられるトークン AがブロックチェーンAと接続している他のブロックチェーンでは使われていないかを確かめる必要があります。   具体例として100個のブロックチェーンがそれぞれ相互に接続された場合を考えます。この時に存在する接続の組み合わせは、100C2=4950個 になります。非常に多くの接続が行われることになり、これらを全てチェックするのはとても時間がかかり非効率です。そこで考え出されたのがCosmosHUBです。Cosmosを間に入れることで、100個のブロックチェーンは全てCosmosHUBを介した接続がされるので、接続数は全部で100個に収まります。また、このHUBであるCosmosのブロックチェーンで異なるブロックチェーン間でのトークン交換や、相互運用の記録を残すことによってより安全で不正が起きないシステムが実現されます。取引などの二重支払いがないかどうかは、Cosmosのブロックチェーン1つだけを調べればいいことになります。   ETGate はじめに述べたとおり、既存のブロックチェーンを繋げるには、まずゾーンに繋げる(ブリッジする)必要があります。 イーサリアムの場合、ETGateと呼ばれる技術を用いることによってイーサリアムブロックチェーンとTendermintゾーンの間で双方向のやりとりができるようになります。 この仕組みは、簡単には以下のようになっています。 まず、イーサリアムは、ブロックがよくフォークするのでブロックが途中から覆る場合があります。もし、他のブロックチェーンとトークンの交換をしてからブロックチェーンが覆ると、二重支払いが可能になってしまいます。そのため、取引が覆らないことを保証するためのブロックチェーンを作る必要があります。それがPeg-Zoneです。   Peg-zoneでは、オリジナルのチェーンのファイナリティーを決める閾値を設定します。 例えば、イーサリアムの場合は、トランザクションを行ってから100ブロックが承認されれば、ブロックチェーンが覆る確率は、ほとんどないので100ブロックという閾値を設定するわけです。この閾値に達したら、イーサリアムのスマートコントラクトによって, Peg-Zone上に同量のイーサリアムに対応するトークンが露出します。もちろん、Peg-Zoneはtendermintによって作られているので、IBCを用いて他のトークンと交換可能になるわけです。   HUBとZone   前節で説明したようにCosmosでは、異なるブロッックチェーン(Zone)をつなげるためにCosmosHUBを用いてトランザクションの管理を行います。この様子を図解すると以下のようになります。 異なるアプリケーションがABCIによってTendermintと通信をしながら、Tendermintは、異なるブロックチェーンとIBCを通して通信を行う。これがCosmosの全容です。   問題点 当然ですが、課題もあリます。CosmosはTendermintを用いたProof of Stateを採用しているため、少数の組織が莫大な資金を投じることによってネットワークを攻撃する可能性があります。その影響はCosmosだけでなく、接続されている他の全てのブロチェーンに影響が出る恐れがあります。また、Cosmosには懲罰制度としてスラッシャーという機能が実装されています。スラッシャーは、バリデーターが不正な行為をしたり、バリデーターノードが6時間以上ダウンした場合、バリデーターおよび、当該のバリデーターに委託していたデリゲーターのステークトークンを没収するアルゴリズムです。そのため、大規模な通信障害や、故障等でマシーンが動かなくなりステークしていたトークンを失う可能性があるので、バリデーターになるには、現状かなりのハードルがあります。 まとめ   今回と前回では、クロスチェーンを実現しようとしているCosmosのプロジェクトについて取り上げました。ブロックチェーンのインターネットがどのように実現され、どのように活用されるか期待が高まります。 reference https://cosmos.network/ https://blog.cosmos.network/
クロスチェーンは新しい時代を作るか?

クロスチェーンは新しい時代を作るか?

2018/06/21 at 10:19 AM 0 comments
はじめに こんにちは! 暑くなったり寒くなったり、仮想通貨の価格も安定したと思ったらまた急に下がったりですね、、 今回は、最近注目度と期待度が上がってきているクロスチェーンを実現するCosmosについて3回の連載を通して解説していこうと思います。このプロジェクトは今年2018年の4月にICOを行い、17,000,000USDの調達目標がわずか27分で達成しました。このことからも期待されていることは確かです. 今回の記事ではCosmosの構成要素や用語について解説し、次回はその利用と詳しい仕組みについて解説していきます。   公式HP:cosmos.network ホワイトペーパー:github.com Building an “Internet of Blockchains” Cosmosはブロックチェーンのインターネットを作るプロジェクトです。 Cosmosはブロックチェーンのネットワークを作り、長年の仮想通貨やブロックチエーンの課題であったスケーラビリティの問題、取引所のハッキング問題を解決する目的で開発されています。さらに、ブロックチェーン同士の相互の運用や利用をできるような仕組みも提供してくれます。 Cosmosの最終的な目的は、ブロックチェーンを簡単に開発でき、スケールしやすく、コイン・トークン同士が相互に接続されたブロックチェーンのインターネットを作ることです。 Cosmos のアーキテクチャー Cosmosは最近よく叫ばれているブロックチェーンの問題を一気に解決する可能性を持っています。 クロスチェーン クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン間の橋渡しをして、相互に運用できることを実現するブロックチェーンのことです。このクロスチェーン取引が実現すれば、取引所などの第三者を仲介させずとも、低リスクで仮想通貨の交換や、特定のコイン同士の機能を掛け合わせて使うことができます。しかし。現状では、異なるブロックチェーンにおける仮想通貨の交換は、取引所などに依存し、クロスチェーンによる運用は行われていません。   相互運用(Interoperable) Cosmosにおいてインターオペラブル(Interoperable)という概念はとても重要です。これは、異なるブロックチェーンを双方向に運用できることを表し、Cosmosのブロックチェーンはこれらの橋渡しとなるクロスチェーンとして機能します。 この相互運用は、zoneと呼ばれる複数のブロックチェーンによって可能になります。 相互運用のためにzoneを作成することで、ブロックチェーンシステムをCosmosのHUBに接続し、仲介業者を必要とせずに、これらのzone間でトークンの交換ができるようになります。 たとえば、ビットコインをGolemに交換したい場合について考えていきましょう。ほとんどの取引所でGolemと交換できる仮想通貨はイーサリアムです。 なので、日本の取引所でまずビットコインをイーサリアムに交換し、このイーサリアムを海外の中央集権的な取引所に送金しそこでGolemと交換する必要があります。しかし、この方法は手間もかかる上に、ハッキング、盗難などのリスクもあります。CosmosのHUBを通すことで、このようなからGolemへの交換も、取引所を介さず、すぐに、より安全に行うことが可能になります。   Golemについては、【β版公開】Golemの仕組みと展望〜次世代のビジネスモデル〜を参考にしてください。   スケーリングソリューション スケーリングはブロックチェーンの未解決の問題の一つです。現在のトランザクションのスピードだとイーサリアムとビットコインは、VisaやMastercardなどの決済ネットワークのトランザクションのほんの一部のみしか支えることができません。 対照的に、Cosmosの基盤技術であるTenderminとIBCは、Cosmosのブロックチェーンを無限にスケーリングすることを可能にします。Tendermintの上に構築されたzoneは、1秒間に何千ものトランザクションを処理できます。しかし複数の人々がzoneを使用すると、今まで同様、多くのトランザクションを処理しなくてはいけなくなり、トランザクションが処理しきれなくなり溢れてしまいます。 スケーリングソリューションは様々ありますが、Cosmosではシャーディングと呼ばれる手法がスケーリングソリューションとして提供されています。シャーディングでは、別の同一のzoneをHUBに追加しトランザクションを分散して処理することで、トランザクションの処理速度を倍増させます。 分散処理ではトランザクションによって処理するzoneは異なりますが、Cosmos HUBに接続されることで接続されているzone同士の同期が保証されます。   シャーディングに関しては、イーサリアムのスケーラビリティ問題とその解決策 を参考にしてください。   Cosmosは、Tendermintを通して新しい仮装通貨の設計、既存の仮想通貨を相互運用できる形へアップグレード、分散型取引所のための手段、スケーラブルスマートコントラクトのプラットフォームとして多くのユーザーに利用されるようになります。 Hub Cosmosネットワークにおける最初のブロックチェーンは、Cosmos HUBです。 Cosmos HUBは、IBC(Inter Blockchain Communication)と呼ばれるブロック間通信のプロトコルによってzoneに接続し、各zoneのトークンの交換などを記録します。すべてのzone間転送はCosmos HUBを経由するため、zone間での流動性の高い交換や信頼できる第三者を必要としないトークン転送を迅速かつ安全に実行できます。 Cosmos HUBは、各zoneがIBCプロトコルを実装している限り、さまざまな種類のzoneに接続できます。例えば、プライベートチェーンのトークンAからのパブリックチェーンのトークンBにも交換できます。   Cosmosは、ビットコイン、イーサリアム、ZCashなどの多種多様な通貨とスクリプト言語を使用することができます。 Cosmosは単なる分散台帳ではなく、Cosmos HUBを通して様々なトークンが相互に交換できたり運用することができるプラットホームです。また、このプラットホームとなるHUBは誰か一人が作れるわけでなく、誰でも独自のHUBを作れるような設計になっています。   Proof-of-Stake Cosmosのブロックチェーンネットワークは、新しいブロックを検証しブロックチェーンに追加するバリデータたちによって構成されています。 ビットコインなどのProof-of-Workシステムでは、バリデータはマイナーと呼ばれ、マイナーが次のブロックを生成する確率は、その計算能力に比例します。 対照的に、Cosmos HUBは、Proof-of-Stakeというアルゴリズムを採用しています。これはバリデータの保有するトークンの量に依存するコンセンサス・アルゴリズムの一種です。   Cosmos Hubで使用される2つのトークン Atom Cosmosネットワークにおいて主に用いられるトークンは、Atomと呼ばれるトークンです。Comos HUBの場合、バリデータが次のブロックを生成するためのProposerに選出される確率は、バリデータがロックアップした(すなわちステークした)Atomトークンの割合によって決まります。 これらのAtomは、バリデータ自身でロックするか、デリゲータと呼ばれる検証作業をしたくない人や、検証作業を実行できない人が、Atomをバリデータに委託することでロックされます。 バリデータのロックしたAtomと委託されたAtomの合計をステークと呼びます。バリデータとデリゲーターは、Atomをロックアップし検証作業に参加することで、報酬としてAtomトや、Photon(後述)、そしてホワイトリストに記載された各種のコイン・トークン建てで取引手数料を受け取ります。 もし、ロックアップしたAtomを回収したい場合は、3週間のロックアップ解除期間を待つ必要があります。(ホワイトリストは,Atomの斬新な特徴の一つです.Atomでは,バリデーターが指定したホワイトリストにのっているトークンであれば手数料として支払いができます.そのため,イーサリアムの送金の手数料としてビットコインを使うこともできます.)   また、Atomをバリデータに委託したデリゲーターは,バリデータに対して手数料を払う必要があります。この手数料はバリデータが決められます。そこで、デリゲータはこの手数料や、安全性を考慮してバリデータを選び委託します。 まとめると、Atomは以下に示す役割を持っています。   Cosmos上でのステークに用いられる。 このステークの全体に対する割合に応じて、新規ブロック生成の提案権(Proposer)、新規ブロック生成の提案に対する投票権(Validator)が得られる。 ステークされているAtomは不正などを行うと没収される。 Cosmos内(ZoneやHub)での手数料として用いられる。   Photon AtomはCosmos HUBでのロックアップ用に設計されています。 これは、Atomが手数料を支払うことやCosmos エコシステムで他のzoneに送金されるようなことは想定していないといことです。 このことがPhotonトークンを導入する理由です。 PhotonトークンははAtomよりもはるかに大きな流動性と速度を持つ手数料支払い用のトークンです。 Photonは、Atomの後にHUB上で二番目にホワイトリストに追加されて、手数料として使うことができるトークンです。そのため、PhotonはHUBに接続されているすべてのzone間を流動性高く移動するようなトークンです。 このようにすることで、Atomの流動性を下げて価格をあげ、Atomの買い占めによる不正を防ぐ役割を担っています。   Cosmos内(ZoneやHub)での手数料   最近では、このように一つのシステムの中で使えるネイティブトークンが複数あるようなモデルをマルチトークンモデルと言ったりもします。    ホワイトリスト ここまで二つのトークンについて述べてきました。その中で少し触れましたが、CosmosHUBでは、AtomとPhoton以外にも他のコインやトークンでトランザクション手数料を支払うことができます。これは、Cosmosの利点の一つでCosmos HUBを使うユーザーはAtomなどのトークンを持たなくてもビットコインやイーサリアムで手数料を支払うことができます。どの通貨が手数料として使うことが出来るかはホワイトリストに記載されています。また、このホワイトリストへの新しいトークンの追加はHUBに参加しているバリデータの投票によって決まり決まります。   Cosmos Hubの参加者 Cosmos HubにはValidatorとDelegatorの2者がいます。それぞれの役割を解説します。 Validator Cosmos HUBのバリデータは、ブロックチェーンに追加される新しいトランザクションブロックを作成する責任があります。 しかしバリデータになることは簡単ではありません、技術的な知識とハードウェアへの投資が必要だからです。 また、バリデータになるには、多くのAtomを持っている必要があります。メインネットローンチ時には、バリデータの数は100に固定されています。実際、バリデータになる意思があり、かつ最も多くのステークを持つTop100 に入っているアドレスだけがバリデータとなることができます。(ネットワークではTendermintのProof of Stakeベースの合意形成の性質上、バリデーターの数が増えると合意形成時のコミュニケーションが複雑になりネットワークが遅くなってしまうことから、バリデーターの数は当初の100から300を上限に毎年13%ずつ増やす計画だとしています。)そのため、このランキングの上位に入らないほとんどの人はバリデータになれず、代わりにデリゲーターになり、バリデータ候補のうちの誰かにAtomを委託することになります。。またこのバリデータ選出のランキングでは自分のAtomのstakeのみではなく、自分に委託されたデリゲーターからのstake分を合計した総Atom量(stake)が計算に用いられます。   また、バリデータが二重に署名したり、頻繁にオフラインになったり、ガバナンスに参加していない場合、そのステークしたAtom(委任されたユーザーのAtomを含む)は削除できます。このようなペナルティの度合いは違反の重大性に依存して決定されます。 Delegator 十分なAtomを保有していないために、バリデータとして検証を実行できない、または十分Atomを保有しているがバリデータを担いたくない人は、引き続きデリゲーターとして検証プロセスに参加できます。 デリゲーターの役割は、バリデータの報酬条件や安全性を考慮してAtomの委託先を選ぶことです。 まとめ Cosmosの登場人物について理解することで次の記事がずっと読みやすくなると思います! 次回は、Cosmosでどのようなことができて、それがどのような仕組みで実現できるかについて書いていきます。   reference https://cosmos.network/   ーーーーーーーーー記事は上部までーーーーーーーーー  
【相場】イーサリアム チャート6月20日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月20日価格推移

2018/06/20 at 4:36 PM 0 comments
6月20日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月20日予測:一時的大幅上昇 ETH価格はUSD、BTCに対して、強気トレンドの元、大きな価格上昇が見られました。しかし、それは一時的な上昇であり、現在は若干の価格下落を引き起こしています。サポートエリアである$520.00から$525.00を推移している状態です。 ETH/USD、上昇するも失速 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$525.00のレジスタンスを一度はブレイクしたものの、現在は価格後退し、再びテストする形となっています。 ETH/USD2時間足チャートから、$500.00レジスタンスから、一瞬にして大きく価格の上昇を行った事が見て取れます。それからの強気トレンドラインは現在も形成されています。ポジティブか傾向にはありますが、現状から下落する事は大いに考えられそうです。上方に存在する$550.00レベルのレジスタンスをテストし、失敗したことで、現状の価格帯に落ち着くこととなりました。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$525.00から$520.00サポートエリアを推移しています。 ETH/USD30分間足チャートでは、$520.00レベルのサポートエリア付近を推移していることがわかります。今回の強気トレンドが形成した強気トレンドラインによるサポートを下回ってしまいました。それにより、このサポートエリアを維持することが重要となります。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTC30分間足チャート上、0.0780BTCをブレイクし、更なる上昇が期待されます。 ETH/BTC30分間足チャートでは、USDに対する動き同様、大きく価格が上昇しました。しかし、現在は0.0800BTCレジスタンスにそれ以上の上昇を阻まれています。そのレジスタンスを再びテストしそうです。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$540.00と$550.00 重要なサポートレベル:$520.00と$500.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、売り圧が買い圧を圧倒していることから、弱気傾向に移り変わってしまう可能性が大きく考えられます。しかし、上述した様に、$520.00レベルのサポートを維持することができれば、現在の強気トレンドを継続することが可能です。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/) 事実、売り圧が高まっており、弱気傾向に向かいそうなのには、ある原因が考えられます。それは、仮想通貨取引所ビトソム(Bithumb)が約350億円のハッキング被害を受けたことです。最近頻発しているハッキング問題に終止符は打たれるのでしょうか。それに伴う価格の変化を防ぐためにも、取引所の管理体制の強化を万全に整える必要があると考えます。 仮想通貨取引所ビトソムがハッキング被害 会社保有コイン350億盗難 https://t.co/JS5aKgpjGB — 岡三マン (@okasanman) 2018年6月20日
【相場】イーサリアム チャート6月15日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月15日価格推移

2018/06/15 at 5:13 PM 0 comments
6月15日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月14日予測:ETH、$500.00レベル以上維持できるか? ETH価格はUSD、BTCに対し大きく回復しました。ETH/USDがさらに回復するには$500.00レベル以上に留まる必要があります。 ETH価格分析 ETHは昨日の弱気な状態から一転して、大きく上昇することに成功しました。ETH/USDは$450.00レベルが強いサポートとなり、$500.00以上へ上昇することに成功しました。 ETH/BTCは00750BTCピボットレベルを超えることに成功し、現在0.0800BTCに向かって上昇していると考えられます。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、$490.00~500.00付近で強いレジスタンスをブレイクしました。 ETH/USD2時間足チャートを見ると、$460.00でサポートが形成されていることがわかります。強い下降トレンドにより、$460.00~450.00のサポートゾーンがブレイクされる可能性も危惧されました。しかし、$460.00付近で大量の買い注文が入り、1本のロウソク足で下降トレンドラインと$500.00レジスタンスを超えることに成功しました。 【ETH/USD30分足チャート】 ETH/USD30分足チャートに移ると、$450.00付近まで下落した後、緩やかな上昇トレンドラインが形成されたことがわかります。上昇トレンドラインはブレイクされましたが、$460.00付近でサポートされ短時間で$520.00まで上昇しました。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0750BTCピボットレベルを大きく超え、0.0780BTCレジスタンスにチャレンジしました。 ETH/BTCもETH/USD同様大幅に上昇し、0.0770BTC付近で安定しています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$520.00と$550.00 重要サポートレベル:$500.00と$450.00 Forecast(予測) 上昇が急であったため、短期的には下方修正を行う可能性も考えられます。しかし$500.00レベルを下回らない限り、上昇を継続するでしょう。$520.00レベルをブレイクした場合、重要である$550.00~560.00レジスタンスゾーンをテストすると予想されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
仮想通貨マイニングの命運が決まる?日本警察の動向

仮想通貨マイニングの命運が決まる?日本警察の動向

2018/06/15 at 2:14 PM 0 comments
あるWebsiteは、訪問したサイト閲覧者PCのCPUを使用して、仮想通貨マイニングを行うプログラム(Coinhive/コインハイブ)を構築しています。今回、それらのWebsiteを運営する複数の管理者が警察からの調査を受けており、1人が書類送検されたことが話題となっています。 警察は、個人のパソコンがハイジャックされ、仮想通貨マイニングが行われていることに関して調査しています。 「A police investigation is underway in Japan over the hijacking of personal computers to mine cryptocurrencies, the Mainichi reported.」(引用:https://news.bitcoin.com/japan-cracks-down-illegal-use-computers-mine-crypto/) 調査の内容は、不正指令電磁的記録(ウイルス)供用の疑いに関してです。警察はコインハイブをコンピューターウイルスのたぐいであると考えているようです。 「警察は不正指令電磁的記録(ウイルス)供用などの容疑で捜査しているとしており、警察当局はコインハイブをウイルスの類だと解釈しているようだ。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/japanese-police-charges-over-cryptocurrency-mining-of-computers-without-consent) 仮想通貨マイニングにおける違法コンピュータ使用は日本初 もし警察が正式に告発した場合、この出来事は、日本で初めての仮想通貨マイニングによる違法コンピューター仕様の事例となります。 「If police press charges, it will be the first case in Japan where illegal use of computers in cryptocurrency mining would become a criminal case. The incident is being pursued jointly by multiple prefectural police departments including those in Kanagawa, Chiba and Tochigi in central Japan.」(引用:https://news.bitcoin.com/japan-cracks-down-illegal-use-computers-mine-crypto/) 今回の一人は、結果罰金10万円の略式命令を受ける事に至りました。しかし、当事者はこの内容に納得できず、正式な裁判を起こす予定です。 「略式命令を受けたウェブデザイナーは処分に納得できず正式裁判を請求した。弁護を引き受けた平野敬弁護士は「閲覧者のパソコンを壊したり情報を盗んだりといった不正な動きはしない」などとしてウイルスには該当しないと主張している。」(引用:http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO017291/20180611-OYT8T50002.html) 本当に違法なのか? 罰金略式命令を受けた当事者が裁判を起こすのには、いくつかの理由が存在します。 ①コインハイブはウイルスなのか ②仕組みがWebsite上の広告と同じであるのか ③ウイルスではないにしろ、他者PCのCPUを勝手に仕様する事は社会的に許されるのか 以上の論点が挙げられます。 ③に関して考えてみると、CPUを勝手に仕様しているのは、動画広告や、そのほか広告でも同じ事です。つまり、②の広告と同じ様な同種であると考えられるのかもしれません。もし、①ウイルスであると判断された場合、広告もウイルスなのかと考えさせられる状況下にあります。 5億人以上の人口がマイニング経験あり コインハイブのプログラムによってというわけではないですが、去年10月に公開されたレポートの調査の中で、全世界中で5億人以上の方が知らずのうちにマイニングをしていたと記されていました。 「The use of Coinhive has been growing due to its ease of use and profitability. In its research published in March, Cyren Security Lab found that domains with mining scripts rose 725%. In October last year, Adguard independently published a study showing that over half a billion people had been mining crypto without knowing it through websites using Coinhive and another similar program called Jsecoin.」(引用:https://news.bitcoin.com/japan-cracks-down-illegal-use-computers-mine-crypto/) もしかしたら、私たちも知らずのうちにマイニングをしているのかもしれません。 まとめ 皆さんは今回の出来事(サイト管理者に対する略式命令)に対し、どの様に考えますか。 確かに勝手に自身のPCでマイニングが行われていると考えると、恐ろしく聞こえる気がします。今後行われる裁判の結果によって、仮想通貨マイニングに関する法律的事例が作成される事になるかもしれません。コインハイブの構築が許可される事になるのか、禁止される事になるのか、注目が集まります。
イーサリアム (Ethereum)のトランザクションはどのように承認されるのか?

イーサリアム (Ethereum)のトランザクションはどのように承認されるのか?

2018/06/15 at 2:07 PM 0 comments
はじめに 今回は、イーサリアム のトランザクションについて詳しく解説します。はじめに、トランザクションとは何かを説明し、次に二種類のトランザクションについてそれぞれを詳しく説明します。最後にユーザーが発行したトランザクションが最終的にブロックに格納されるまでの過程を追っていきましょう。ブロックに格納される過程で、トランザクションはマイナーによって検証され、不正なトランザクションは弾かれるようになっています。どのような項目をチェックして、正式なトランザクションとして認めているかについても解説していきます。   今回までの4回の記事でイーサリアム のブロックチェーンについて人に語れるくらい詳しくなれると思います。まだ読んでいない項目がある方は以下から順に読むことをおすすめします。   イーサリアム(Ethereum)のブロック構造とその仕組み イーサリアム(Ethereum)のデータ構造~マークルパトリシアツリー イーサリアム(Ethereum)における手数料Gasとは?     トランザクションとは、   wikipediaによると、トランザクションは、以下のように表現されています。 「トランザクション (英: transaction)とは、データベース管理システム(または類似のシステム)内で実行される、分けることのできない一連の情報処理の単位である。」 (引用:wikipedia トランザクション)   ここで、一連の処理とは、例えば自動販売機で飲み物を買う作業です。自動販売機で飲み物を買うときには、①お金を入れて、②飲み物を選んでボタンをおし、③飲み物を受け取る、の一連の処理を行うことで完了します。このような一連の処理の中で特に情報処理に関するものをトランザクションと呼びます。   一方、イーサリアム の場合トランザクションとは、仮想通貨やトークンの所有権の移動などの情報処理を行うためのデータのことをさします。ユーザーは外部アカウントを通してイーサリアム上でトランザクションを発行することで、マイナーがそのトランザクションにしたがって一連の情報処理をしてくれます。   また、イーサリアム のシステムのデータの変更は、全てトランザクションによって行います。   二種類のトランザクション イーサリアム(Ethereum)のブロック構造とその仕組み で解説したようにイーサリアム には、二種類のアカウントがあります。外部アカウント:EOAとコントラクトアカウント:CAの二つです。 また、トランザクションにも二種類が存在します。①アカウント間での送金やトークンのやりとり、コントラクトアカウントのコード呼び出しなどに用いるメッセージコール(Message call)と、②コントラクトアカウントを作成する場合に使うコントラクト生成(Contract Creation)です。   次節以降で、コントラクト生成とメッセージコールについて説明します。 コントラクト生成   コントラクト生成では、まずはじめにコントラクトアカウントのアドレスを設定します。以前の記事で紹介したように、コントラクトアカウントには、秘密鍵がありません。そのため、アカウントのアドレス生成の仕方がユーザーの通常のアカウント(外部アカウント)とは、異なります。 (イーサリアムアドレス生成については、イーサリアムアドレス 〜EIP-55によるチェックサムの導入〜が参考になります。) コントラクトアカウントの場合では、コントラクトアカウントを作成するアカウント(これは外部所有アカウントのみできるか? )のアドレスとnonceを組み合わせてハッシュ化することでアドレスを作ります。コントラクトを作ろうとするアカウントのアドレスは、常に同じです。しかしnonceはコントラクト生成ごとに値が異なるので、生成されるコントラクトアカウントのアドレスは全く異なる値になります。アドレスが生成されたら、そのコントラクトアカウントの初期設定をし、コントラクトに関するコードを送信することで、スマートコントラクトが実行できる環境を作ることができます。 また最終的に、Ethereum上でコントラクトのコードを保存するために使用するメモリに応じてにユーザーはGasを支払います。   メッセージコール   メッセージコールは、新たにアカウントを生成するトランザクションではなく、送金やコントラクトのコード、関数などを呼び出すときに使われます。メッセージコールで発行されたトランザクションは、マイナーによって検証されます。その後、検証されたトランザクションを元にイーサリアム のWorld State(送金の場合は、送信者と受信者のAccount State)を変更します。変更すべきアカウントは,以前の記事で解説したパトリシアツリーを用いて探します。また、トランザクションの送信者はStateが変更される際に必要なGasを支払う必要があります。 4つのmessage call   イーサリアムには、二種類のアカウントがあることは先ほど述べた通りです。つまり送信者と受信者それぞれで,2×2=4種類のメッセージコールの使い方があります。 ①は、通常のユーザー間の送金です。②は、スマートコントラクの実行などのトランザクションを表します。③は、コントタクトアカウントから別のコントラクトを呼び出す的に使われます。④は、コントラクトアカウントから外部アカウントへのメッセージや送金です。 ③のコントラクトアカウント同士のメッセージは特にインターナルトランザクションと呼ばれます。イーサリアム では、このように様々なメッセージを組み合わせることで複雑なコントラクトを処理します。   トランザクションには、何が書かれているのか   ここまで、トランザクションとは何か、トランザクションにはどのような種類があるのかがわかりました。そこで次に、発行されるトランザクションには、何が書かれているかについて見ていきます。 to トランザクションは、コインやトークンなどの所有権などの移動を行うためのデータであったので、送金する相手のアドレスが必要です。コントラクト生成の場合には、0が入ります。これが以下の図のtoに含まれます。   r.s.v 他にもそのトランザクションが誰から送られたか、さらに本当にその人が送ったトランザクションかを判定するための署名なども必要です。これは、r,s,vという値で管理されます。sの値に対して一定の処理をしたものがrに一致するかを検証することで、なりすましの送金を防ぎます。また、vの値はテストネットのETHをメインネットで使われてしまうことを防ぐのと、検証されるアドレスを一つに定めるために用いられれます。(参考;https://zoom-blc.com/what-is-ecdsa)   Gas Price・Gas Limit ・Gas priceとGas limitはマイナーへ支払う手数料に関連する変数でした。詳しくは、前回の記事を参考にしてください。   value valueは送金するETHの量です。例えば、3 etherを送金する場合は、wei表示で300000000000000000と表示されます。 nonce nonceには、そのトランザクションの発行者が何度目に発行したトランザクションであるかが書かれています。2回の送金のみを行ったことがあるユーザーの場合、次にトランザクションを発行すると、nonceには3が入ります。   init initには、コントラクト生成のときに必要なコントラクトのコードが入ります。一方、コードに関係するデータのアップデートはdataに必要な情報を入れてトランザクションを発行します。 トランザクションが実行されるまでのライフサイクル   最後に、どのようなプロセスを経てトランザクションが実行され、それがブロックに書き込まれるかについて解説していきます。   ①はじめに、ユーザーは外部アカウントを通じてイーサリアム上にトランザクションを発行します。トランザクションは、基本的にユーザーがETHを保持しているウォレットを通じて、登録されているマイナーノードにブロードキャストされます。   ②ノードに送信されたトランザクションは、マイナーによって検証されます。検証は、以下の条件が満たされているかチェックします。   1.トランザクションがイーサリアムで扱うデータ形式になっている。(RLPフォーマット呼ばれる形式になっているか検証します。) 2.トランザクションを実行するために必要なGasよりも大きなGasLimitになっている 3.送信者が、設定した手数料を支払うことができる。 4.送信者の署名が正しい。 5.トランザクションに記述されているnonceがトランザクションを発行したアカウントのnonceと一致している。   4番目の条件は、他のユーザーになりすましをした送金を防ぐ役割をします。5番目の条件は、二重の支払いや、送金の順序を正すために検証されます。ただし、トランザクションに記述されているnonceがアカウントのnonceと異なる場合があります。この場合については、③のQueued poolで説明します。   ③ ①と②までの検証が終わると、トランザクションはブロックに書き込まれる前にMempoolと呼ばれる一時的にトランザクションをためておくプールに貯められます。このプールは二種類に別れていています。Pending poolとQueued poolです。Pending poolには、②の検証でnonceが一致したトランザクションが入っています。一方、Queued poolには、nonceが一致しないトランザクションが入ります。   トランザクションを短い時間に連続して発行した場合、マイナーに順番通りにトランザクションが届かない場合があります。この場合、nonceの値が一致しないため、一旦、Queued poolへ送られます。Queued pool入っているトランザクションは、受信が遅れているnonceが一致するトランザクションが承認された段階で、Pending poolに移動されます。   ④トランザクションが実行され、実際にWorld State(Account State)が変更されます。 また、実行したトランザクションは、ブロックに刻まれます。また、実行後にどの程度Gasを消費したか、どのブロックに格納されたか、トランザクションのハッシュ値などを含めたレシートが発行されます(Transaction Receipt)。   最後に、トランザクションの結果によって変わった部分をマークルパトリシアツリーによって再計算し、それぞれのハッシュ値をまとめたRoot値をブロックに格納します。 例えば、ブロックに取り込まれたトランザクションは、マークルツリーによってTransaction Rootとしてトランサクションとは別に、ブロックヘッダーに刻まれます。 同様に、それぞれのトランザクションに対応するTransaction Receiptも上のマークルツリーでRoot値を計算し、Receipts Rootとしてブロックヘッダーに刻まれます。 まとめ これまで四回に分けてイーサリアムのマシーンの仕組みについて解説してきました。最終回は、今までの知識をフル活用することで理解できたかと思います。全四回の解説で。よりイーサリアムについて興味を持ってもらい、理解を深めてもらえると幸いです。
【相場】イーサリアム チャート6月14日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月14日価格推移

2018/06/14 at 6:46 PM 0 comments
6月14日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月14日予測:ETH、$500以下へ急下降 ETH価格はUSD、BTCに対しさらに弱気なゾーンに移っています。ETH/USDは現在、$500.00サポート以下に位置しており、さらに下降する可能性も考えられます。 ETH価格分析 昨日は$535.00付近にある重要なレジスタンスについて分析しました。ペアはこのレジスタンスのブレイクに失敗し、結果的に$510.00サポート以下に下降することになりました。 【ETH/USD30分足チャート】 ・重要な下降トレンドラインがETH/USD2時間足チャート上$473.00付近でブレイクしました。 ETH/USD30分足チャートを見ると、ペアが$520.00、$510.00レベル以下で鋭く下降していることがわかります。強いサポートであった$500.00レベルもブレイクされ、上方修正を開始する前に一度$450.00付近まで下降しました。 ETHはその後、重要な下降トレンドラインのブレイクに成功し、現在$485.00レジスタンスに挑戦しています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格は$535.00レジスタンス以上へ上昇することに失敗し、USDに対し下降しました。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、レンジ相場により形成された$510.00サポートがブレイクされたことがわかります。一度$450.00付近まで下降しましたが、上方修正を行い、現在$485.00でレジスタンスを伴う下降トレンドラインにチャレンジしています。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTCはさらに下降し、0.0750BTCサポートレベルをブレイクしました。 ETH/BTCもETH/USD同様に弱気な圧力を受け、0.0780BTC以下で下降を継続しました。ペアは0.0750BTCもブレイクし、短期的な下降トレンドを形成しました。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$485.00と$505.00 重要サポートレベル:$460.00と$450.00 Forecast(予測) 上昇するにはこのレジスタンスと$505.00、$510.00付近のレジスタンスエリアをブレイクする必要があります。ETH/USD2時間足チャート上の下降トレンドラインをブレイクできなかった場合、$400.00まで下降する可能性も考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part22 ~ハッキング再来~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part22 ~ハッキング再来~

2018/06/14 at 1:48 PM 0 comments
6月14日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は一週間を通して右肩下がりでした。現在も弱気傾向が続いています。ビットコインに限らず、仮想通貨市場全体が落ち込むこととなりました。 今回焦点を当てる期間は2018年6月7日〜2018年6月14日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月7日~6月14日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安701,706 - 最高977,963(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は韓国の仮想通貨取引所で起こったハッキング被害からの仮想通貨に対する不信感が募り、大暴落しました。仮想通貨全体市場規模も約3兆円の縮小を記録し、現在もネガティブな状況は続いています。今回記事は、下落要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 長期的な弱気傾向 Coinrail(コインレール)のハッキング 上述したように、韓国での仮想通貨取引所でのハッキングが今回の弱気傾向に拍車をかけています。先の24時間で、マーケットキャップ上位10番以内の仮想通貨は 全て、USDに対して約10%の価格下落を起こしています。 この事件により、仮想通貨に対する疑心感が増し、強大な売り圧が発生しました。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、6,000USD付近のサポートエリアをテストしています。これは2017年の11月と同じほどの価格帯であり、年始に大きく価格上昇を果たしたビットコインの価格が、一年越しに戻ってしまいました。さらに、去年の7月から形成されていた長期的な上昇トレンドラインをついに下回ることとなりました。そのトレンドラインと以前ビットコインが記録した$20,000と$10,000のシンメトリカルトライアングルも崩壊することになりました。 「It has been a rough week for the BTC market so far, with the price of bitcoin having lost roughly 15% in the last four days. The accelerating selling pressure can be attributed to bitcoin’s failure to break above the long-term symmetrical triangle comprised of an ascending trendline running from July 2017, and a descending trendline connecting the all-time of $20,000 to the local high of $10,000.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-crypto-markets-tests-key-support-levels/) 以前のサポートであった$6,600USDレベルに回復することが、この弱気傾向に終止符を打つポイントとなるでしょう。現状は$6,000USDのサポートをテストしており、これを割ってしまえば、更なる価格の下落を引き起こす可能性があります。 「As of this writing, the immediate price action shows BTC trading for approximately $6,300 after producing a small bounce following a sharp drop down to $6,100. The bitcoin markets are yet to retest the prior local support area of roughly $6,600. In breaking below the symmetrical triangle, BTC has formed a descending triangle, with current price action testing the $6,000 resistance area for the third time this year.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-crypto-markets-tests-key-support-levels/) 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
ヴィタリック:イーサリアムのトランザクション数がやがて毎秒100万回に到達することを予想

ヴィタリック:イーサリアムのトランザクション数がやがて毎秒100万回に到達することを予想

2018/06/13 at 5:46 PM 0 comments
イーサリアム(Etherum)の創始者、ヴィタリック・ブテリン氏がOmiseGOのYoutubeチャンネル上で、シャーディング、プラズマなどのセカンドレイヤー・ソリューションにより、スケーラビリティ問題の解決が可能であり、約毎秒100万かそれ以上のトランザクション数を処理できるようになると予測しました。 大規模なブロックチェーンネットワークにおけるスケーラビリティ問題 2017年9月に行われたTechCrunchのコンファレンスで、ブテリン氏はブロックチェーンがVisa、Nasdaq、IoTネットワークなどに対応するには毎秒数千ものトランザクションを処理する必要があると主張しました。 「ビットコインは現在毎秒3トランザクションに近い数を処理しており、4に近付くと最大容量に到達してしまう。イーサリアムは毎秒5トランザクションを処理しており、6を超えると、最大容量に達してしまう。一方でUberは平均して毎秒12の乗車データを処理しており、PayPalは数百、Visaは数千、大規模な株取引所は数万、そしてIoTになると何十万ものトランザクションを処理しなければならない。」ーヴィタリック・ブテリン “Bitcoin is currently processing a bit less than three transactions per second and if it goes close to four, it is already at peak capacity. Ethereum has been doing five per second and if it goes above six, then it is also at peak capacity. On the other hand, Uber on average does 12 rides per second, PayPal several hundred, Visa several thousand, major stock exchanges tens of thousands, and in IoT, you’re talking hundreds of thousands per second,” ーVitalik Buterin (引用:https://www.youtube.com/watch?v=WSN5BaCzsbo ) OmiseGOのYoutubeチャンネルにて、ブテリン氏は現在テストネットでテストされている、革新的なセカンドレイヤー・ソリューションが何百万ものユーザーがいる大規模な分散型アプリの実現を可能にすると述べました。 シャーディングとは シャーディングはブロックチェーン・ネットワークをシャードに分け、シャードごとにノードのグループが割り当てられたシャードの情報をプロセスします。シャーディングを実装すれば、全てのノードが、ブロックチェーンの全ての情報を管理する必要がなくなり効率が大幅に上がります。(詳しくはこちら) プラズマとは ブテリン氏と Lightning Networkの開発者、ジョセフ・プーン氏により開発されたプラズマはビットコインのLightning Networkと類似したシステムを持ちます。イーサリアム・ブロックチェーン上でサイドチェーンを作り、情報をより早く処理すると同時にメイン・イーサリアム・プロトコルを利用する事で安全性を高めます。 (詳しくはこちら) レイヤー1、レイヤー2の相互補完によるスケーラビリティ向上 「なぜ私がレイヤー1、レイヤー2が互いに相補うと考えるかと言うと、レイヤー1でのスケーラビリティ向上とレイヤー2の向上は乗法的に互いを高めるためである。シャーディング・ソリューションはイーサリアムのスケーラビリティを約百倍もしくはそれ以上高めるだろう。しかしさらにプラズマを実装すれば、百倍のアクティビティを可能にするだけでなく、百倍ものエントランスと出口そして、決議案を可能にする」ーヴィタリック・ブテリン “The reason I think layer 1 and layer 2 [networks] are complementary is because ultimately, if you look at the math, the scalability gains from the layer 1 improvements and layer 2 improvements do ultimately multiply with each other. If you have a Sharding solution, the Sharding solution itself might increase the scalability of Ethereum by a factor of 100, or eventually even more. But then, if you do Plasma on top of the scalability solution, then what that means is, you’re not just doing 100 times of the amount of activity but you are doing 100 times the amount of entrances, the amount of exits, and despite resolutions,”ーVitalik Buterin (引用:https://www.youtube.com/watch?v=qD-IbiVpcT8 ) 100万トランザクションの実現 ブテリン氏はレイヤー1とレイヤー2の相乗効果がイーサリアムのスケーラビリティを1万倍増加させ、ネットワークが何百万ものトランザクションを処理する事を可能にし、多くのアプリをプラットフォーム上で稼働できるようになることについても言及しました。 「シャーディングにより百倍、プラズマにより百倍の効率化が実現できれば、1万倍のスケーラビリティの上昇を意味する。これはつまりブロックチェーンがほとんどのアプリケーション、用途に対応できる様になる事を意味する。」ーヴィタリック・ブテリン “So if you get a 100x from Sharding and a 100x from Plasma, those two basically give you a 10,000x scalability gain, which basically means blockchains will be powerful enough to handle most applications most people are trying to do with them,” ーVitalik Buterin (引用:https://www.ccn.com/vitalik-buterin-ethereum-will-eventually-achieve-1-million-transactions-per-second/ )  
コインチェックに次ぐハッキング事件:韓国取引所Coinrail(コインレール)

コインチェックに次ぐハッキング事件:韓国取引所Coinrail(コインレール)

2018/06/13 at 5:24 PM 0 comments
韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)がハッキングされ、複数の仮想通貨が日本円にして約40億円以上不正流出しました。以前、コインチェックがハッキングのターゲットとなり、600億円ほどの被害がでましたが、それに次ぐ巨額の被害となりました。 「South Korea’s seventh-largest cryptocurrency exchange, Coinrail, announced that it was hacked on Sunday, June 10, with the thieves targeting several altcoins. The damage is estimated to be around 45 billion won (~US$42 million), according to local media.」(引用:https://news.bitcoin.com/suspicious-transactions-korean-exchange-coinrail-hack/) 仮想通貨市場への影響 今回の事件を受け、仮想通貨市場は約3兆円縮小しました。 「コインレイルの発表を受け、ビットコインの価格は7%以上下落。イーサリアムなどの価格も急落し、仮想通貨情報サイトの集計によると、約7時間で仮想通貨の価値は300億ドル(約3兆円)近く下落した。」(引用:https://www.cnn.co.jp/tech/35120719.html) ビットコイン、イーサリアム等の主要コインをはじめ、多くの仮想通貨価格の下落を引き起こしたことが原因です。 取引所への不信感 日本では金融庁が仮想通貨取引所に対して取り締まりを強化していますが、依然としてセキュリティ面等の不安を抱える取引所の存在が懸念されています。先週には、一つのみなし仮想通貨取引所FSHO(エフショー)が市場から撤退命令を下される可能性のニュースが流れました。日本での出来事ではないですが、今回の韓国での事件を踏まえて、取引所に対するより厳格な規制や問題点の洗い出しが必要になってくるかもしれません。 「イギリスの大手通信社ロイターは、当協会代表のKim Jin-Hwa氏の発言を次のように記述している。 ”コインレールは、自主規制によるセキュリティの強化を進める当協会には属していません。このような取引所は市場の中ではまるで二流です。そして今回の件で、このようなセキュリティレベルの基準が低い取引所が、どれだけ多くのリスクにさらされているのかが理解できたと思います。”」(引用:https://coinchoice.net/korean-cryptocurrency-exchange-coinrail-suffers-40-million-theft/) Kim Jin-Hwa氏が主張する、二流の仮想通貨取引所を利用しないことが自身のリスク回避に有効なのかもしれません。日本で言うなれば、金融庁が仮想通貨取引所として認可している取引所以外での仮想通貨取引、管理を行わないことが当てはまります。 事件発生以前からのCoinrail(コインレール)に対する疑念 事件が発生する以前から、Coinrail(コインレール)には問題があったようです。今年の2月、コインレールにてマネーロンダリングが行われていたことが発覚しました。 「On Monday, Chosun reported that, back in February, some local banks detected money-laundering activities at Coinrail. 」(引用:https://news.bitcoin.com/suspicious-transactions-korean-exchange-coinrail-hack/) 韓国では仮想通貨の投機やマネーロンダリング(資金洗浄)などの違法な取引を防止するために「仮想通貨関連 資金洗浄防止ガイドライン」を整備し、今年の1月から施行していました。それにも関わらず、偽名を用いたアカウントの存在が絶えることはありませんでした。このガイドラインのコンバージョンは極めて低いと言えます。その結果、コインレールはマネーロンダリングに利用され、疑わしいトランザクションが確認されていました。コインレールの管理形態になんらかの問題があったと疑いを持たれても仕方のないことかもしれません。 まとめ 今回のハッキング事件は、 ①仮想通貨市場の縮小 ②取引所の信用度低下 を招きました。仮想通貨を所有することはハッキングのリスク≒失うリスクを常に抱えているといった不安を掻き立てました。しかし、問題は取引所、もしくは自身での仮想通貨の管理方法です。 取引所を利用する場合→安全性が担保されている取引所を選択すること、自身で管理する場合は→ウォレット管理に注意を払い、自身に最適なものを選択することがポイントです。(管理方法の参考:https://consensysmediajapan.com/3823.html)
【相場】イーサリアム チャート6月13日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月13日価格推移

2018/06/13 at 12:37 PM 0 comments
6月13日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月13日予測:回復への道程 ETH価格はUSDに対して多くのサポートを割り、大きな下落を見せました。現在は$500.00付近を推移しています。今後の価格回復のためには、以前のサポートであった$510.00、$530.00レベルのレジスタンスをブレイクする事が鍵となってきます。 ETH/USD、大幅下落 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$500.00以上を維持する事ができませんでした。現在は$500.00レベル回復のためのテストをしています。 ETH/USD2時間足チャートから、弱気傾向である事が見受けられます。多くのサポートが一転してレジスタンスとなりました。直近の壁は$510.00レジスタンスです。 価格回復のためには、弱気トレンドラインを超える必要性→強気傾向へ、上方の$590.00レベルのレジスタンスへの接近が重要になりそうです。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$535.00から$540.00エリアにてレジスタンスが形成されています。 ETH/USD30分間足チャートでは、第2のレジスタンスとして$535.00付近にてレジスタンスが形成されています。これをブレイクする事は、2時間足チャート上方で見られた$590.00レベルのレジスタンスへ接近する起爆剤となるでしょう。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTC30分間足チャート上、0.0750BTCサポートを形成しています。 ETH/BTC30分間足チャートでは、一度は下回った0.0750BTCサポートを維持することに成功しました。現在は0.0760BTCレベルのレジスタンスをテストしています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$510.00と$535.00 重要なサポートレベル:$500.00と$480.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)のハッキングの影響から、弱気傾向にあると考えられます。現状、若干の価格回復を見せているものの、未だ売り圧が買い圧を凌いでおり、継続する価格下落の可能性は排除できません。しかし、上述したレジスタンスを長時間越えることがあれば、価格の回復が見込めるでしょう。直近のレジスタンスに対して、ETH価格がどういった動きを取るのか、注目です。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月8日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月8日価格推移

2018/06/08 at 6:09 PM 0 comments
6月8日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月8日予測:$600.00レベルを維持? ETH価格は USD、BTCに対し限られたレンジ内で取引されています。ETH/USDが$615.00レジスタンスを超えるには$600.00サポートを維持する必要があります。 ETH価格分析 昨日は$610.00付近にレジスタンス、$600.00付近にサポートを伴う重要なブレイクパターンについて解説しました。直近の3セッションでは重要な上方ブレイクは見られず、価格は$610.00と$615.00レジスタンスレベル以下に抑えられました。同様にETH/BTCも0.0800BTCレジスタンス以上へ上昇する事ができませんでした。ペアは現在0.0800BTCでレジスタンス、0.0780BTCでサポートを伴いながらレンジ相場となっています。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETHはUSDに対し$600.00以上でレンジ相場となっています。 ETH/USD30分足チャートを見ると、ペアが$605.00付近まで一度下落した事がわかります。下方への動きは50%フィボナッチ・リトレースメント・レベル(高:$615.89、底:$593.18)にサポートされました。$605.00サポートがブレイクされ現在はレジスタンスに転じていると考えられます。その上には$610.00に次のレジスタンスが位置しています。 そのため、上方へ大きく上昇するには、両方のサポートを超える必要があります。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・$610.00付近でレジスタンスを伴っているコントラクティング・トライアングルがETH/USD2時間足チャートで形成されています。 $615.00以上では次のレジスタンスが最近の高値である$628.00に位置しています。しかし、現在の弱気傾向から抜けることにより、価格が$650.00へ向かう事も十分考えられます。総合的に見て、ETHが$600.00以上を維持できればポジティブな状況が継続すると考えられます。これを維持出来なかった場合、$575.00サポートを再テストする可能性が考えられます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0800BTC以下でレンジ相場となっています。 ペアは現在0.0800BTCでレジスタンス、0.0780BTCでサポートを伴いながらレンジ相場となっています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$610.00と$615.00 重要サポートレベル:$600.00と$575.00 Forecast(予測) 昨日は$610.00付近にレジスタンス、$600.00付近にサポートを伴う重要なブレイクパターンについて解説しました。直近の3セッションでは重要な上方ブレイクは見られず、価格は$610.00と$615.00レジスタンスレベル以下に抑えられました。同様にETH/BTCも0.0800BTCレジスタンス以上へ上昇する事ができませんでした。 30分足チャート上での$610.00以上の終値の記録、2時間足チャート上での$615.00以上の終値の記録が実現した場合、大幅に上昇する事が考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part21 ~弱気脱出~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part21 ~弱気脱出~

2018/06/07 at 4:46 PM 0 comments
6月7日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は不安定ではありましたが、現在は価格を約85万円付近に位置付けています。先週と比較すると約5%の上昇です。長きに渡る弱気トレンドラインを超える事に成功した事で、BTC価格に回復の兆しが見えています。今回焦点を当てる期間は2018年5月31日〜2018年6月7日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (5月31日~6月7日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安811,278 - 最高851,801(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は大きな変動はないものの、弱気トレンドを抜け、強気テリトリーにて勢いをつけようとしています。今回記事は、弱気トレンド抜け出すに至った要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 弱気トレンド脱出 ビットコイン等多くの仮想通貨が先月に大幅な価格の下落を起こして以来、ビットコイン価格は弱気トレンドラインを抜け出せずにいました。しかし、ついにそのラインを超え、強気トレンドに入りつつあります。もちろん、未だに価格は伸びきれてはいませんが、強気テリトリーにペアは存在しています。 ビットコインが仮想通貨の中で唯一の通貨 AppleのCo-FounderであるSteve Wozniak氏が、アムステルダムで行われたMoney20/20の会議の中で、”仮想通貨の中でビットコインが唯一の仮想通貨である”と主張しました。TwitterのCEOであるJack Dorsey氏のビットコインが10年後に世界的通貨となるといった事に同調を示す事となりました。 Bitcoin (BTC) broke $7,500 and is trading at $7,610.49, up 2.84 percent over a 24 hour period at press time. Earlier this week, Apple co-founder Steve Wozniak said at the Money20/20 conference in Amsterdam that “only Bitcoin is pure digital gold.” Wozniak echoed the sentiments of Twitter CEO Jack Dorsey, who believes that in the next decade, Bitcoin will become a global currency.」(引用:https://cointelegraph.com/news/market-update-crypto-markets-show-slight-growth-btc-rises-above-7-500-eth-above-600) これら大物の発言、考えが公に広まる事で、ビットコイン、仮想通貨に対する安心感は確実に上昇したと考えられます。こういった事実の元、ビットコインは弱気トレンドを抜け出し、今のビットコインの価格帯は買うにはこれ以上にない良いタイミングと言われています。それにより、今後強い買い圧が発生する可能性があります。 「As prices of both Bitcoin and major altcoins remain suppressed in June, Bitcoin having lost around 20% last month, some sources claim that current conditions present a good opportunityfor buyers.」(引用:https://cointelegraph.com/news/steve-wozniak-bitcoin-is-the-only-digital-gold) 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、7,700USD付近を推移しています。直近のレジスタンスである7,800USDレベルを越える事が強気傾向を強くさせるトリガーとなるでしょう。一方で、下方7,500USDレベルは維持していかないと、下落の可能性が不安視されます。 直近の予測ではないですが、株式分析会社であるTrefisがビットコインの今年の末のビットコイン価格の予測を作成した事をブログにて公開しました。その価格はUSDにて$15,000から$12,500です。この予測は、ユーザー数、トランザクション回数から需要を、ビットコインの使用可能場所数を供給として計算しています。 「Stock analytics firm Trefis has recently lowered their Bitcoin (BTC) year-end price forecast from $15,000 to $12,500, according to a blog post June 5.」(引用:https://cointelegraph.com/news/stock-analytics-firm-lowers-btc-year-end-price-prediction-by-nearly-17) この予測が確かなら、上述したように、現在の価格は買い時なのかもしれません。今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。