ConsenSys Diligenceとは

目次

    イーサリアムエコシステムのセキュリティのベストプラクティスのレベルを引き上げる

    イーサリアムブロックチェーンの人気はうなぎ登りに上がっています。先月、ユニオンスクエアベンチャーズのフレッド・ウィルソンが、イーサリアムの時価総額が2017年ビットコインのそれを越えると予想し、ニューヨークタイムズのDealBook彼に同意しているようです。エンタープライズイーサリアムアライアンス(EEAの認知の広まり、イーサリアムプラットフォーム上でのスマートコントラクトの機能の改善に加え、トークンのローンチがより多額のお金を引き寄せています。開発者はこの動きに乗じて彼らのトークンをなるべく早く公開することを望み、急いでコントラクトを書いてデプロイしなければならないという重圧にさらされています。

     

    逆説的な結果として、賭け金が上がった一方で人々は慎重さが足りていません。

    The paradoxical outcome is that the stakes are higher, but people are becoming less cautious.

     

    The DAOの事件の教訓を忘れないようにしましょう。20166月の攻撃の後、開発者達はセキュリティとスマートコントラクト開発のベストプラクティスに注意を向けました。しかし、時間が経つにつれ、The DAOの痛みの記憶が薄れつつあるように見えます。

    分散型イノベーションの新時代を導き入れるには、人々にエコシステムに参加してもらう必要がありますー多くの人々に。そして楽観主義が彼らのために上手く働く必要があります。コミュニティでお互いを助け、気にかけなければなりません。なので、「ConsenSys Diligence」が始まりました。

     

     

    ConsenSys Diligence:イーサリアムエコシステムのセキュリティのベストプラクティスのレベルを引き上げる

    ConsenSys Diligenceは、技術的卓越、セキュリティのベストプラクティス、法的予防措置、そして倫理的なビジネス慣行の促進によって、イーサリアムエコシステムの改善にコミットします。

     

    現在私達はいくつかの、影響力のあるコントラクトシステムのデプロイを準備中のプロジェクトと協働しています。私達はプロジェクトに対し、市場のタイミングを見計らうよりも、準備が出来た時にローンチすることを勧めています。私達の「準備OK」の基準は基本的なコードレビューにとどまらず、仕様、テストドライブ人員、静的解析、そして段階的なロールアウトが含まれます。

    このアプローチはGnosisWeiFundSingularDTVuPort、そしてadChain等の顧客と仕事をした経験から来るものです。またConsenSysディリジェンスは世界有数の最大手フォーチュン500企業のいくつかと、プライベートチェーン上のプロダクションシステムでデプロイされるコードの作成とレビューに積極的に関わっています。

     

    今後、私達はこれらのサービスを拡大し、法的構造とビジネスケースの評価を含める計画です。ホワイトペーパーにとどまらず、事業計画、チーム、プロジェクトを支えるコードの基礎を見ていきます。

    ConsenSysの一部門として、私達のインセンティブは短期の売上よりもむしろ、長期的なエコシステムの健全性と一致します。私達にとってエコシステムは常に優先事項であり、見込み顧客、ビジネス慣行、そして売上はその次です。顧客の希望とエコシステムにとっての最善が衝突する時、私達はエコシステムの側にいます。エコシステムとコミュニティに寄与しないコードや行動が見られる時、私達はコミュニティに知らせることを優先します。

     

    私達と一緒に働きたいですか?

     

    プロジェクト::

    私達は次のような顧客と協働する事を希望しています:

    -長期計画の地平とビジョンを示している

    -緊急性よりも準備の程度を優先にするつもりがある

    -エコシステムに大きな影響をもたらす潜在性を持ったプロジェクトを持っている

    -コミュニティへの貢献を行ってきた歴史を持つ

     

    もしこれがあなたなら、 diligence@consensys.netまで遠慮なくご連絡下さい。

     

    チームメイトの候補:

    Prospective Teammates:

     

    私達はチームを拡大しようとしています。もしあなたがSolidityやイーサリアム仮想マシン(EVM)に関する深い知識を持ち、セキュリティへの情熱があり、エコシステムにとって最も価値があるとあなたが考えることに自ら取り組みたいという強い動機を持っているなら、是非、お会いしたいです。

    話をしてみたいという開発者の皆さんは、スマートコントラクトベストプラクティスのGitterチャンネルにお立ち寄り下さい。

     

    この記事が気に入った? 私達のウィークリーニュースレターに登録下さい。

     

    免責事項:上で著者によって表明された意見は必ずしもConsensys AGの意見を代表するものではありません。ConsenSysはは分散型コミュニティで、ConsenSys Mediaはメンバーが自由に多様なアイデアと視点を表明するプラットフォームです。ConsenSysとイーサリアムについてもっと詳しく知るには、私達のウェブサイトをご覧下さい。

     

    (ソース元記事:https://media.consensys.net/introducing-consensys-diligence-cf38f83948c

    タグ:

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。