【AirSwap】Token Traderを発表

目次

    AirSwap、Token Traderを発表

    イーサリアム(Ethereum)版ShapeShiftの「Token Trader」が限定ベータ版で12月5日に開始予定です。

    AirSwapは、ハッキングのリスクに晒されたり交換手数料を払うことなく、グローバルネットワーク上でEthereumトークンをトレードする機会を提供します。分散型のシステムは、安全で拡張性があり、プライベートな価値交換を可能にし、明るい未来にユーザーを導きます。

    2番目のプロダクトになるToken Traderは、Swap PeerOracleプロトコルのエンドツーエンド実装であり、マーケットメーカーとトレーダー両方の取引履歴を結束させることができます。 流動性、連結性、到達性を提供する強力なトークン取引ネットワークは、マーケットメーカーが使いやすいフロントエンドを通じて取引フローを進めるため、プラグアンドプレイエコシステムと共に始まります。

    マーケットメーカー

    マーケットメーカーは評価(バリュエーション)モデルに基づいてオーダーを出し、それを操作するためのダッシュボードのサービス提供を行います。今回メーカーはETHにはASTを、ASTにはETHを提供します。来週よりOvedはマーケットメーカーにて、より広範囲なサービス提供を実施する予定です。

    ルーター

    ルーターはマーケットメーカーとテイカーフロントエンドの間でメッセージを伝達する機能です。 今後、クライアントサーバーやピアツーピアなど、さらに多くのオプションを提供していく予定です。 ルーターはElixirPhoenixフレームワークで書かれています。

    オラクル

    オラクルはオーダーの作成・受付のプロセスを円滑に進めるための価格データを提供する機能です。 フロントエンドでは、テイカーは受け取った価格を確認することができます。 現在、オラクルは注文板(オーダーブック)を集計し、データとして提供しています。

    テイカーフロントエンド

    テイカーフロントエンドは、マーケットメーカーから受け取った取引を発注し遂行するウェブアプリケーションです。 フロントエンドはEthereum版ShapeShiftのようなもので、ReactReduxで書かれています。

    得意分野に注力

    Deepaは、マーケットメーカーをサポートするための一連のツールとドキュメンテーションにフォーカスしています。 ピアツーピアの世界でマーケットメーカーとして成功するために人々が必要とするものを真に理解することを目指しています。

    Linkは、継続的な統合、ルーティング、およびスケーラビリティに取り組んでいます。この事業推進によって、Linkは大規模な事業運営についてのノウハウ、知識をつけることになりました。現在の取り組みが、来年度のリリーススケジュールを通じて重要な役割を果たすことになると予想されます。

    Samはピアツーピア取引の経験をウェブに取り込んでいます。 「オーダーを満たす」というユースケースがあらゆる取引の最終ステップであるように、今日のフロントエンドの作業は、今後将来の私たちのエコシステム全体で使用されるでしょう。

    12月5日にベータ版を開始

    開発スプリントに続き、ストレステスト、ログの監視、バグの撲滅のために、(国内にてor内部で)フルスタック事業を開始予定です。12月5日、約40名のトレーダーと共にテストネットベータ版を開始し、上手くいけば、ベータ版を他のコミュニティにも公開しようと考えています。

    Token TraderにはAirSwapネットワーク上でのマーケットメーカーとブートストラップの流動性が備わっており、来年を通してマーケットへの拡大、パートナーネットワークの拡大を可能にする状況を迎えています。。

    現在積極的にスタッフを募集し、希望に溢れたキャリアパスを提供しています。 分散化された未来を構築する一員として共に活躍する人材を求めています。

    (ソース元記事:https://blog.airswap.io/introducing-the-airswap-token-trader-c97a840bd82d

    タグ:

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。