【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part12~サポート崩壊~

目次

     

    3月14日(水)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャートBTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。前回記事の初め時期に上昇したビットコイン/Bitcoin(BTC)価格でしたが、最終的には下降傾向に陥ってしまいました。前回記事では、強いサポートによって下落は食い止められることを示唆しましたが、今週そのサポートを割り、さらなる下落を呼ぶ形となりました。現在は底を見せ、100万円辺りで停滞を見せています。今回焦点を当てる期間は2018年3月7日〜2018年3月14日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。

    (3月7日~3月14日BTC/JPYチャート 引用:https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart)

    ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安918,769 - 最高1,144,958(JPY)

     

    前回記事で予想したネガティブな予想が今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格の推移となりました。ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は先週からの下落を引きずり、さらなる下落へと向かいました。強いサポートが崩壊し、現在はその下の価格帯で停滞している状況です。今回記事は、このサポートを割ることになった下降要因について考察していきます。

    サポートを超える下落要因

    違法取引所業務停止命令の多発

    今回の下落の最大要因は、多くの取引所が調査され、様々な決定事項が下されたことであると考えられます。アメリカのSEC(Securities and Exchange Commission)は3月7日から、法に則らずに営業を行っている仮想通貨取引所に対して、警告、営業停止を申告しました。その結果、約20%ものビットコイン価格の下落を生みました。

    「The price of cryptocurrencies across all markets has been dropping in value quite a bit over the past 48 hours. BTC/USD markets started tumbling on March 5, after the price reached a high of $11,650 during the evening trading sessions. Following the peak, the value dropped to $10,600 on March 6 losing $1,000 in value. Further, the next day on March 7 after the U.S. Securities and Exchange Commission (SEC) warned about unlawful trading platforms, BTC/USD values slid once again losing another 20 percent.」(引用:https://news.bitcoin.com/cryptocurrency-interest-wanes-online-searches-for-bitcoin-drop-80/

    これに乗じて、日本の金融庁も、日本の仮想通貨取引所を視察し、業務改善命令及び、業務停止命令が下されました。GMOコインについては、アメリカが本社ということもあり、アメリカSECの決定に沿って、日本でも業務停止命令が言い渡されました。

    ビットコイン/Bitcoin(BTC)に対する興味の減少

    Googleの調査によると、ビットコイン/Bitcoinやイーサリアム/Ethereum等の仮想通貨に関連した検索ボリュームがピーク時と比較して約80%も減少していることがわかりました。また、日増しにその検索ボリュームは減っており、これが結果としてビットコイン価格の下落に関連していると考えられます。

    (ビットコインと仮想通貨に関する検索ボリューム推移 引用:https://news.bitcoin.com/cryptocurrency-interest-wanes-online-searches-for-bitcoin-drop-80/

     

    今後の予測

    (過去20日間チャート 引用:https://www.tradingview.com/chart/BTCUSD/EanoAI2f-Sugar-Magic-No-Thanks-I-m-Already-Sweet-Enough-BITCOIN-BTC/

    上記チャートから見て取れるように、今週初めにクリティカルサポートが破られ、停滞傾向になりました。今後の上昇のためには以前のサポートであった緑太線のレジスタンスを越えなければなりません。現在、ビットコインは買い時であり、多くの投資家が再度この仮想通貨投資に介入しようと各々画策中であります。というのも、投資家アドバイザーであるTom Lee氏が”買い時である”と明言したことに影響されます。

    「This week the Wall Street analyst and Fundstrat executive, Tom Lee, has revealed a new index that helps cryptocurrency investors know the right time to buy BTC. The indicator is called the ‘Bitcoin Misery Index’ that calculates multiple market factors.」(引用:https://news.bitcoin.com/the-bitcoin-misery-index-finding-an-entry-way-with-sadness/

    (引用:https://news.bitcoin.com/the-bitcoin-misery-index-finding-an-entry-way-with-sadness/

    さらに、彼は過去のビットコイン価格推移データをもとに研究を重ね、その結果を参照として提示することで、強い信ぴょう性を表していました。

    このことから、投資家のビットコイン買いの動きが今後加速していくことが予想されます。これを機に、上述したレジスタンスを上回り、さらなる上昇が起こることに期待が集まります。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。