【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part26 ~超えられない壁~

目次

    7月12日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。

    今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は7月10日に下落を見せました。先月の18日頃以来、不振な状況にある仮想通貨市場は未だにその弱気傾向を抜け出せずにいます。

     

    今回焦点を当てる期間は2018年7月5日〜2018年7月12日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。

    (7月5日~7月12日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart)

    ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安717,151 - 最高763,834(JPY)

    ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は、先週の底値と比較すると約10%の価格上昇を見せましたが、二日前の下落により5%ほどの上昇に留まっています。ビットコインの扱いを行っている保有量上位6位までの仮想通貨取引所(Bitflyer, Bigone, Fcoin, Binance, Bitfinexを含む)は軒並み6%の価格後退を強いられました。

    今回の記事では、価格下落要因と、今後の予測に焦点を当てます。

    価格下落要因

    ビットコイン価格は10日の下落以降、約6,400USD付近にて取引されています。10日の下落は24時間で約6%の価格下落を生じることとなりました。

    「Bitcoin (BTC) is trading at around $6,417 point at press time. The top cryptocurrency is down almost 6 percent over the past 24 hours and 2.9 percent over the past week, even after pushingclose to the $7,000 price point July 8.」(引用:https://cointelegraph.com/news/crypto-markets-take-deep-plunge-market-cap-back-to-monthly-lows

    今回の下落は、以前から形成されている6,950USDレジスタンスをブレイクすることに失敗したことで、売り圧に拍車がかかり、大きな価格下落を呼び込んだと考えられます。以前も今回と似たような現象が起こっています。先述した先月18日頃からのBTC推移の不振は、このレジスタンスをブレイクしきれないことで生じていると考えられます。

    Bitcoin turned down from the overhead resistance of $6,953.38 on July 9 and slipped below the 20-day EMA. 」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11

    今後の予測

    現在のビットコイン価格は価格下落後、横ばいに推移しています。

    上方に推移を行う場合は、直近のレジスタンスである6,500USDレベルを超えることがまず重要になってきます。その後、上方に長期的に存在している6,950USDレジスタンスを超えることが、ビットコイン価格を10,000USDにまで引き上げる最初のボーダーラインとなるでしょう。

    「The bullish setup will complete on a breakout and close above $6,953.38. The pattern target of such a break out is $7,996.11.

    Once the BTC/USD pair breaks out of the downtrend line, it will become positive and might climb to $8,560 and thereafter to $10,000.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11

    一方、下方では、6,250USDを維持することに失敗し、価格が6,075USDにまで下落する可能性があります。5,900USDサポートを下回る場合、次の重要サポートは5,400USDです。

    「Conversely, if the bulls fail to hold $6,250, a fall to $6,075 is probable. Below $5,900, the next support is at $5,450, hence, the stops for the long positions initiated at $6,650 should be kept at $5,900.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-tron-price-analysis-july-11

    長期的な見解では、ビットコインの消失や、トム・リー氏の二度目の発言(2018年末までに1BTCが22,000から25,000USDに到達する)等、ビットコイン価格の上昇は強く期待されています。ビットコインは元々制限枚数が決まっていたが、今回の消失発覚により、更に少ない枚数しか存在しないと分かり、1BTC当たりの価値が最終的に上昇すると見込まれています。

    「BitGooの前リードエンジニアで、現在はCasaHODLを開発中のジェムソン・ロップ氏は、推定で400万BTCが失われ、200万BTCが盗まれたと述べた。2018年7月現在、計600万BTCがアクセス不可能になっている。失われたビットコインを回復するためにハードフォークを実施するのは不可能であり、ビットコイン供給量2100万BTCのうち28.5%が永遠に失われた。CCNが4日伝えた。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/6mil-btc-lost-foreve-will-it-drive-the-price-of-btc)

    今後のビットコイン動向に注目が集まります。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。