仮想通貨マイニング:知らなければいけないこと辞典 ~その3~

目次

    今回記事は、仮想通貨マイニングまとめ記事第三弾となります。第一弾第二弾では、仮想通貨マイニングの基本概要と仮想通貨マイニングを始める上で必要な情報についてまとめました。第三弾の本記事では、仮想通貨マイニングを行うことの利点、難点についての解説をまとめていきます。

    事実、多くの方が仮想通貨マイニングを行っています。では、なぜ行うのでしょうか。どのような理由が存在するのでしょうか。

    ​仮想通貨マイニングのメリット

    なぜ人々は仮想通貨マイニングを行うのでしょうか。そこには様々な潜在的なメリットが存在しました。

    単純に楽しさを求める

    仮想通貨マイニングは楽しいものであると考える人がいます。仮想通貨に興味関心がある人にとっては、仮想通貨マイニングによって仮想通貨についての知識を増やしつつ、報酬としてのコインを獲得できることは確かに楽しいことかもしれません。

    仮想通貨の潜在性

    自身が早い段階からマイニングを始めていた場合、仮想通貨の技術がより中心的技術となるにつれて、より多くの利益を獲得することになります。マイニングして獲得した仮想通貨は、アメリカドル、日本円、そのほか通貨に対し価格価値を上げ、様々なサービスや商品を購入することを可能にする可能性があります。

    もちろん、仮想通貨マイニングはリスクも含みます。仮想通貨市場の動きを誰も予測することはできません。急な価格下落が発生する可能性は未だに排除できません。

    経営者への転身

    仮想通貨マイニングオペレーションを拡大させ、安定した利益を生み出せるようになれば、仮想通貨マイニングを事業とした経営者になることができます。しかし、これには多くの技術やマイニング際した特別なスキルが求められます。その他には、経験や初期費用等の壁も存在します。

    仮想通貨が未来を変える

    全てのマイナーがお金を稼ぐことを目的として仮想通貨マイニングを行なっているわけではありません。多くの方は、仮想通貨が成功することに期待し、未来を変えてくれると信じ、トランザクション認証を行なっています。

    仮想通貨マイニングのデメリット

    高いエナジー消費量

    仮想通貨マイニングは多くの電力を必要とします。仮想通貨マイニングに使用されている電力は、現在中国では規制されるほど深刻な問題となっており、年間の消費電力は、スイスの年間の電力消費量を上回るほどです。つまり、一国の年間消費電力量と同等の電力が仮想通貨マイニングにて消費されています。マイニングは今後も規模を拡大することが予想されるため、世界の電力の供給に支障をきたす恐れがあります。この問題を解決するために、PoSやグリーンマイニング等の考えが生まれています。

    複雑性

    仮想通貨の初期は誰でも容易に行うことができましたが、現在は複雑化が進んでいます。これはビットコインに限らず、その他全仮想通貨に言えます。

    例えば、ビットコインに関していえば、より多くのコインがマイニングされることにより、少ない報酬、単純にマイニングが困難になりました。それにより、より多くのエナジー、高性能なコンピューター、多くの時間が求められています。

    これは、マイニングプールが人気となっている一つの理由です。

    「For example, as more Bitcoin is mined, the formula to mine another BTC will become increasingly more complicated, less rewarding and harder to crack.

    Therefore, it's becoming more time, energy and resource intensive. This is one of the reasons why mining pools are becoming more popular.」

    (引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/

    騒音

    マイニング時の音はかなり大きく、うるさいです。マンションやアパートで行うには近隣からの苦情が寄せられる可能性があります。

    低い利益率

    初期費用

    ビットコインマイニングのハードウェアASICの値段はかなり高額です。その初期費用を取り返すまでに一年ほどの期間が求められます。また、上述したように多くの電力を必要とするため、電気代等も考慮するとさらに多くの時間がかかるかもしれません。市場価格が下落しても同様のことが言えます。  

    仮想通貨市場

    仮想通貨の価格は不安定です。仮想通貨価格はボラティリティが大きく、かなり不安定なマーケットといえます。マイニングした後にその通貨の価格が下がることで、利益減少の可能性が懸念されます。このことを考慮に入れた計画性のあるマイニング計画が求められます。

    仮想通貨マイニングに関する”FAQ”

    どの仮想通貨をマイニングすべきか?

    今回のまとめ記事にて伝えた通り、仮想通貨マイニングの複雑化が進行しています。個人的な見解としても、どの仮想通貨がよいと名指しすることは難しいです。考えるべきことは、自身の投資できる金額、その目的を明確にすることです。身の丈に合った、自身の目的に適当な通貨を選択しましょう。

    今後の成長が見込めると、自身が信じることのできる仮想通貨を選択することをお勧めします。

    次のリンクから、ハッシュレート、ブロック生成時間、取引レートを参考にしてみてください。リンク

    なぜ仮想通貨マイニングはGPUを使用するのか?

    Graphic Processing Units (GPU)は、仮想通貨マイニングの効率性を上昇させることを助けます。現在、仮想通貨マイニングの複雑性が増す中、以前使用していた普通のコンピューターでのマイニングが難しくなっています。そのため、より高性能な、高パワーを持ったGPUを使用しています。

    仮想通貨マイニングでいくら儲かるか?

    マイニングカリュキュレータを使用することで、大まかですが計算可能です。自身の投資額と、利益を比較して、どの機関でいくらの金額のあがりを得られるのか計算します。

    仮想通貨マイニングはいつまで続くのか?

    まさにその仮想通貨次第です。その通貨が、どれだけの流通通貨量を用意しており、現在残っているかによります。

    ビットコインを例にすると、ビットコインの流通量は21,000,000BTCと決まっています。マイニング報酬として残っているビットコインの量は今年の4月末時点で4,000,000BTCです。ビットコインに関しては、2140年までビットコインマイニングは継続されると考えられています。

    「So there are 21 million Bitcoins, and (at the end of April) there were only 4 million left to mine. The last Bitcoin is estimated to be mined by 2140.」(引用:https://kingpassive.com/mining-cryptocurrency/

     

    今回の三つの記事を参考にし、仮想通貨マイニングに対する見聞を深めて頂けたら幸いです。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。