Other News

【ETH】イーサリアム(Ethereum)におけるマイニングとは何か?

【ETH】イーサリアム(Ethereum)におけるマイニングとは何か?

2017/05/15 at 1:46 AM 0 comments
イーサリアムプラットフォームが動くためにはイーサ(ETH)が必要になります。これはDapps、スマートコントラクト、そしてブロックチェーン上で起こるその他のアクションを可能にする暗号通貨または仮想通貨(一般にトークンと呼ばれる)です。   ただし、イーサは魔法のように出現しません。西洋の古代の通貨であったゴールドや銀と同様、採掘されなければなりません。       イーサはゴールドのように「採掘」することができる Ether, like gold, can be "mined"   このマイニングのプロセスは全世界のパズルを解くため、互いに交信する複数のコンピューターからなるネットワークを通じて行われます。この「パズル」は数学的方程式のランダムな組み合わせで、「パズル」を最も速く正しく解いたコンピューター(マイナー)がイーサの報酬を得ます。   新しいイーサの生成に加えて、マイニングはネットワークを不正行為から保護するのにも使われます。マイナーがパズルを競い合って解く一方で、彼らはブロックチェーン上で行われた仕事も発生次第、検証しています。これは撤回や二重支払いを防ぐため行われています。二重支払いは、誰かが同じ小切手を使って異なる二ヶ所で何かの支払いをしようとするのと似ています。     マイニングはマイナー自身に対しても、イーサリアムネットワークの駆動を助け、ネットワークをセキュアに保つというインセンティブを提供することになります。   マイナーがイーサを付与される時、無駄なコードの生成はマイナーにとってコストがかかるので、健全なコードにインセンティブが与えられます。マイニングのプロセスはブロックチェーンがスムーズに運用されることを可能にします。   (ソース元記事:https://www.ethnews.com/mining)
中国で急激に成長するイーサリアム

中国で急激に成長するイーサリアム

2017/05/08 at 10:21 PM 0 comments
  先週、私は幸運なことに杭州市で開催されたGlobal Blockchain Financial Summitに招待された。 今回の中国トリップでは、北京、上海、南京、杭州の、急成長するイーサリアムコミュニティについて学んだ。私たちは毎晩、イーサリアムミートアップを開催し、どの都市でも立ち見席のみの会場で満員だった。   1日目 - 北京 北京大学 ツアーで最初に訪れたのは、国内ランク1位の北京大学だった。 北京大学は包括的で国家的にも主要な大学である。 "Yan Yuan"と呼ばれるキャンパスは、北京の西郊外の海淀区に位置している。大学は、中国式社会主義が必要とする、専門知識と専門技術を持つ個人の高度な訓練と、重要な科学科目に関する研究を効果的に組み合わせている。これにより、北京大学は教育と研究の中心地となり、基礎科学、応用科学、社会科学、人文科学、医学、経営学、教育などの多様な学問分野を取り入れた新しいタイプの大学となった。 北京大学は、具体的にはサプライチェーンやエネルギー市場に影響を及ぼすプロトコルの改善やアプリケーションの使用事例を扱うために、イーサリアム研究所を設立している。 Royal Chinese Mint   The Royal Chinese Mintは、中国銀行のデジタルバンキング・ミッションを担当する中国銀行紙印刷・造幣(China Banknote Printing and Minting)の下位部門であり、デジタルマネーの最前線の研究と調査に専念し、その分野における革新と実践に広く参加しているデジタル通貨、モバイルファイナンス、スマートシティ建設、インターネットベースのファイナンスなど、また、金融分野および関連分野でのブロックチェーン技術の適用を積極的に推進している。 Royal Chinese Mintは、RMBをデジタル化するために、ERC20トークンスタンダードとイーサリアムスマートコントラクトを試している。     iPayNow 次に訪れたのはiPayNowだ。 iPayNowは、イーサリアムオープンソースのトランザクションプライバシーを組み込んだバージョンである、JP MorganのQuorumを使用している。同社は、JD.com、MI、Baidu、Meituan、Ctripなど数十万の顧客企業に集約された決済サービスを提供している。彼らはブロックチェーン・テクノロジーが次世代のモバイル決済市場を担うと信じている。   2日目 - 南京 南京は、江蘇省の首都であり長江デルタ地域のもう一つの重要都市だ。 江蘇華新バイオックチェーン研究所(JBI)   JBIは2016年12月に設立された。同研究所の設立は、産業レベルの戦略的なレベルアップを目指す省政府の承認を受けている。現在、JBIは主にブロックチェーン技術の産業および人材育成への応用を行っている。 JBIにはイーサリアムだけに焦点を当てた30人の開発者と研究者がおり、最近イーサリアムとEEAの文書の多くが北京語に翻訳されている。 JBIはイーサリアムのエコシステムの強大な役割を果たし、国外の企業の橋頭堡となるだろう。   3日目 - 上海 Dianrong   Dianrongは、Lending Club Soul Htiteの共同設立者であり、プライベートファンドのパートナーであるYuhang Guo氏がピアツーピアのレンディングに焦点を当てて、2012年に上海で創立した。中国全土に28支店と3500人の従業員を擁し、急速に拡大している。最前線の大手フィンテック企業であるDianrongは、2015年にブロックチェーンの研究を開始し、イーサリアムをベースにした次世代ソリューションに尽力し、パーミッション型イーサリアムイタレーションである、DChainをオープンソース化した。   Andui Enterprise Ethereum Allianceの創立メンバーであるAnduiは、エンタープライズ・イーサリアムの標準化において重要な役割を果たしている。コアチームは起業家、投資家、研究者、技術専門家により構成されている。純粋なブロックチェーン企業として、主にサプライヤー・チェーン・ファイナンス、資産のデジタル化や交換、そしてスマートシティなどの事業を行っている。主力商品のAnduiは、イーサリアムを株式未公開か共同体事業で配備するという目的で、イーサリアムのプロトコル、スマートコントラクトに完全に基づいてデザインされた。     4日目 - 杭州 杭州は中国全体の古典的な雰囲気の中近代的な都市である。街は、21世紀のその場所の兆候である交通と絶え間ない活気のある活動で騒々しく、一方で美しい西湖はすべての騒動の中心に静かにあり、感動を和らげる。また、杭州は、国際的な財政安定に関する政策上の問題に取り組むために、世界で最も影響力のある20の国々が集まったG20サミットの開催地として知られている。中国東部では、杭州は浙江省の首都であり、古代中国の7大都市の一つである。他にも、世界で最も長い運河である北京・杭州大運河の南端にある。現在、杭州はデジタルシティの建設を目指しており、中国初のブロックチェーン工業団地が杭州に正式に設立された。   Ant Financial Ant Financialは2004年に設立された世界有数の第三者決済プラットフォームであるAlipayが元になり、2014年10月に正式に設立された。「小さくて美しい変化を世界にもたらす」というビジョンで、Ant Financialは「インターネットブースタープラン」を通じて金融機関やパートナーが「インターネット+」というゴールに向けて急速に進歩し、中小企業や個人の消費者に対して包括的な金融サービスを提供している。 Ant FinancialはAlipay、Ant Fortune、Ant Financial Cloudなどの金融サービスを運営している。 Ant Financialの投資企業および関連会社は、これらの事業部門と協力して、Ant Financialのエコシステムを支えている。 Ant Financialおよび関連会社が提供するサービスは、支払い、資産管理、信用報告、プライベート・バンクおよびクラウド・コンピューティングを行っている。 Ant Financialは、イーサリアムの技術を使って、世界的な支払いプラットフォームを改善しようと試みている。   CrypTape&ETH Fans   中国のイーサリアムプロジェクトの唯一のコアメンバーであるJan Xie氏によって設立されたCrypTapeは、イーサリアムプロトコルレベルの最適化に取り組んでいる。 Rustで書かれた最初の製品CITAは、イーサリアムが企業のユースケースでパーミッションド・ブロックチェーンで使用されたとき、これまでで最高のパフォーマンスを示すことが期待されている。 Cryptapeはまた、イーサリアムのRuby-on-Rails実装を担当している。   ETH Fans ETH Fansは、中国で最も訪問者が多いイーサリアムのウェブサイトだ。サイトのコンテンツ制作は主にtoyaが手がけている。彼女のモバイルには、Gnosis WeChatグループで、イベント当日にローンチされたトークンについてチャットしていた477人の人々が表示されている。   IMToken IMTokenは、中国初のイーサリアムライトウォレットである。ユーザーがワンクリックで取引所から直接イーサを購入したり、シームレスにトークン・ローンチに参加することができる機能を持つIMTokenのDappは、1年間の開発後ConsensLabsによって正式にリリースされ、すぐに普及した。   5日目 グローバルブロックチェーン・ファイナンシャル・サミット 4月28日、杭州国際博覧センターグローバル・ブロックチェーン・ファイナンシャルサミット2017が開催された。会議には1000人以上が参加し、Enterprise Ethereum Allianceが開催された。   一流の大国である中国にとって、これはただの始まりでしかない。 中国でできた素晴らしい友人たちへ、謝謝。アンドリューより。 Andrew Keys (ソース元記事:https://media.consensys.net/ethereum-growing-exponentially-in-china-816b567416b4)
TokenCardのICOがERC20トークンデビットカード向けに数百万ドルを集める

TokenCardのICOがERC20トークンデビットカード向けに数百万ドルを集める

2017/05/03 at 11:50 PM 0 comments
誰でもVisa端末でERC20トークンを消費できる新たなデビットカードをお披露目した会社がICOで成功、1270万ドルの投資ラウンドを享受 Monolith Studioと手を組むTokenCardが、成功裏にICOのキックオフを行い、ほんの数時間で1270万ドルを集め4320万のTKNコインをジェネレートしました。   Monolith Studio はMediumの投稿記事で、投資家に向け、イニシャルオファリングから始まってTKNコインの発行に達するまでの一連のイベントについて詳述したICOへのガイドを提供しました。投稿記事によると「トップ500のコントリビューターのアドレスはコントリビューターTokenCardを取得する権利がある」とされ、主要な投資家は参加の見返りを得ます。   グリニッジ標準時の午後4時にキックオフしたICOの間、TokenCardのウォレットアドレスが受け取った一連の電子通貨にはEther (ETH)、 Augur (REP)、 DigixDAO (DGD)、 Golem (GNT)、 Melon (MLN)、 Swarm City (SWT)、 Maker (MKR)、そしてSingularDTV (SNGLS)が含まれました。イーサ(ETH)が集まった通貨の大勢を占め、合わせて16万6700ETHでした。これは開発側が集まると予想した額の2.5倍よりやや多い金額です。イーサが期待を2倍上回る唯一の仮想通貨として際立ち、残りは資金集めの目標を大きく割り、これは投資ツールとしてのイーサへの信用が他の仮想通貨を引き離していることを示唆しています。   ICOをガバナンスしたコントラクトはコンサルティンググループのNew Alchemyが準備しました。TokenCardはクリエーション期間をオープンにしておくため最後の24時間の間、ETH建てで450万ドルを集める必要があり、ETH建てで1250万ドル集まるとICOはクローズしました。   ETHNewが2月に報道したように、TokenCardは資産の法定通貨への変換を強制するよりもデジタルの形で保持できる機能を提供します。Visa端末で受け入れられ管理アプリケーションのToken Appと連動するこのカードは、誰でも自身のコントラクトウォレットにアクセスし、銀行口座なしに財やサービスと交換にトークンを消費するのに利用できます。   TokenCardとMonolith Studioは、それぞれ4月のトークンオファリングで数百万ドルを集めたGnosisやブロックチェーン・キャピタルを含む、成功した今年のICOの一群に加わりました。   ジェレミー・ネーション/JEREMY NATION ジェレミー・ネーションはロサンゼルスに住む、テクノロジー、人権問題、そして料理に関心を持つライターです。ETHNewsのフルタイムスタッフライターで、ETHホルダー。   ETHNewsは自らの編集方針にコミットしています。 読んで面白かったですか?@ETHNews_で私達をフォローして、TokenCard、イーサまたはその他のイーサリアムビジネスと金融のニュースの最新情報を受け取りましょう。   (ソース元記事:https://www.ethnews.com/tokencard-ico-nets-millions-for-erc20-token-debit-card)
ブロックチェーンとは何か?(WHAT IS THE BLOCKCHAIN)

ブロックチェーンとは何か?(WHAT IS THE BLOCKCHAIN)

2017/05/02 at 12:54 AM 0 comments
ブロックチェーンはブロックチェーン技術を通じて実行された全アクションの公開台帳と考えられます。ブロックチェーン内に記述された情報を見ると、混乱しそうなランダムな英数字の文字列に見えます。ブロックチェーン内で起こるトランザクションまたはアクション情報(例えば、購入、契約の合意、記録の保管など)が一定のデータ量に達すると、新たなブロックがこの真っ直ぐなチェーンに追加されます。ブロックチェーンは「完了した」ブロックが追加されるにつれ、常に成長しています。   より良く理解するため、これをもっと小さな(個人的な)スケールで考えてみましょう。 例えば、ブロックチェーンをあなたのデビットカードの取引明細とします。引き落とし、送金、入金等の明細に記録された全ての時系列のアクションを見ることができるでしょう。発生した各アクションが追加された個別のブロックです。もっと大きいスケールでは、ブロックチェーンは全員のアクションに適用されるので、ブロックチェーンを銀行の台帳、各ブロックを個人の銀行明細と考えてください。   ブロックチェーンはシステム内で発生した全てのトランザクションを、セキュアな状態で保存することができる台帳です。 The blockchain is a ledger that contains a secure record of every transaction that has taken place within a system.     イーサリアムブロックチェーンは、上述した銀行の例よりも遥かに多くのアクションを実行できる事を覚えておいてください。   それでは、どのようにブロックは追加されるのでしょうか?コンピューターは「これらのブロックを形成するため」複雑な数学的方程式を実行する各ノードを稼働させます。ノードは、新しいブロックが追加される前に各トランザクションを検証し、ブロックチェーンとの間を中継するタスクを与えられます。これが簡単に見える一方で、1人の人間(またはコンピューター)が方程式を解くよりもはるかに難しいことです。   コンピューターが行っていることを視覚的に表現すると、例えば混み合った街の交差点の真ん中にあなたが立っていて、突然その交差点の真ん中で事故が発生したとしましょう。すると基本的に即座に事故を目撃した全員が、椅子に座らされて縛り付けられ、嘘発見器を付けられた状態で、この事故の完全な詳細を話さなければなりません。ブロックチェーン上では結局全員が全く同じことを話すことになります。よって、この事故が起こったことが立証されるのです。これがブロックチェーンの相互監視の機能です。   事故を目撃した人々というのが、ブロックチェーン内の異なるコンピューティングノードにあたります。嘘発見器のテストは「プルーフ・オブ・ワーク」(仕事の証明)です。 ブロックチェーン内のデータを改ざんするには、混雑した交差点の真ん中で事故を目撃した人々の半数の全員に、同じ形で同時に、しかも事前の強要や準備も無く、全く同じ嘘の証言をしてもらうようなものです。   控え目に言っても、これは極限的に低い確率でしか起こり得ません。 デジタル/暗号学的世界で何が起こっているかを、ブロックチェーンは人々に知らせることを可能にします。トランザクションと取引額は各ブロックチェーンアドレスにトレースされることができますが、誰がそれぞれのアクションを実行したか特定するのはほぼ不可能です。   (ソース元記事:https://www.ethnews.com/blockchain)  
Gnosis ICO、数百万ドルを集める一方で

Gnosis ICO、数百万ドルを集める一方で

2017/04/26 at 11:54 PM 0 comments
Gnosisは数分で数百万ドルを集めることに成功したことで、記録的短時間で資本投資を得ることができたICOの一群に加わりましたが、実際に初期投資家に渡った価値について一部の人々は疑問を持っています。 Gnosis(ノーシス)のICO(イニシャルコインオファリング)が2017年4月24日にローンチし、GNOトークンセールで独自のオークションスタイルを用いながら記録的な速さで1200万ドル以上を集めました。   Gnosisはセールのクローズに二つのパラメータを設定しました。250,000ETHを集めるか、あるいは提供トークンを全て売り切るか。ICOのローンチ後、どちらかのゴールへの到達がセールのクローズのシグナルとなり、そして時間が経つにつれ、ダッチ・オークションと同様に、トークンの価格が減少していきます。オークションは期待に反してオープンから数分でクローズし、これはこの短い「機会の窓」に入れた投資家だけがETHを払ってGNOトークンの持ち分を持ち帰る事ができたことを意味します。セールの終わり頃には、Gnosisは250,000ETHを集めた後、GNOトークンの価値を29.85ドルとしました。それと交換に、それらのトークンの内418,777が投資家に分配されました。残ったGNOトークンの大きな部分が、会社による保持となりました。オークションから一週間後、トークン保持者はPoloniex取引所でトークンを自由に取引できるようになります。       Gnosisは予測市場の様相をブロックチェーン技術を用いて変えるつもりです。しかし会社の2016年12月12日のブログで公開された、オークションが実施されるやり方を示す例は少なからず「ずれた」ものでした。   Gnosisが見込みの投資家に提供したグラフによれば、オークションの最初の9分間資金を集めることをGnosisが意図していなかったことは明らかです。が、実際は数百万ドルを集めました。この実際の出来事と予想されたそれの間の相違について、数名以上のredditユーザーが不満を表明しました。この人気討論サイトのあるスレッド内の投稿がTwitterに出回り、少なからず注目が集まりました。 https://twitter.com/blakeir/status/856889225182142466/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.ethnews.com%2Fgnosis-ico-raises-millions-and-eyebrows   Gnosisの共同創業者でCEOのマーティン・ケペルマンはredditやTwitterに掲載された文面についてコメントを控えています。だたし、Gnosisのオファリングの成功と開発者のトークンを一年間ロックすることへのコミットメントを考えると、これらの行動はソーシャルメディアサイトでのネガティブな反応を和らげるかも知れません。 https://twitter.com/gnosisPM/status/856833249032777730?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.ethnews.com%2Fgnosis-ico-raises-millions-and-eyebrows   Gnosisのウェブサイトて提供されているタイムラインでは、第2四半期フェーズにおける次のステップとして、ベルリンでの追加オフィススペースの設置、gnosis.js ツールのベータ版とEDCC(実行可能な分散コードコントラクト)のローンチ、管理インターフェースの生成、そしてGnosisDBと名付けられた彼らのデータベース向けに安価な汎用ストレージレイヤーを構成することが計画されています。   2017年4月26日、Gnosisのブロク記事の参照日を訂正しました。     ジェレミー・ネーション/JEREMY NATION ジェレミー・ネーションはロサンゼルスに住む、テクノロジー、人権問題、そして料理に関心を持つライターです。ETHNewsのフルタイムスタッフライターで、ETHホルダー。   ETHNewsは自らの編集方針にコミットしています。 読んで面白かったですか?@ETHNews_で私達をフォローして、Gnosis、ICOまたはその他のイーサリアムビジネスと金融のニュースの最新情報を受け取りましょう。   (ソース元記事:https://www.ethnews.com/gnosis-ico-raises-millions-and-eyebrows)
イーサリアムとは何か(WHAT IS ETHEREUM)

イーサリアムとは何か(WHAT IS ETHEREUM)

2017/04/12 at 12:51 AM 0 comments
イーサリアムは、開発者がゲーム、金融アプリケーション、ギャンブルアプリ、保険会社、ソーシャルネットワーク、その他私達が今日利用するあらゆるものを構築できる非常に広範なプログラミングのプラットフォームと考えられます。ただし、イーサリアムは分散型システムによって稼働し、それはアプリケーション作成に用いられる情報を全て保持する主要な機関が存在しないことを意味します。   ネットワークまたは世界中で相互にリンクされたコンピューターのコミュニティを想像してください。これらのコンピューターはお互いの仕事を検証し、誰でもそのコミュニティ内でプログラミングを実行でき、ユーザーは利用を望んだ分だけ支払うことができます。これがイーサリアムプラットフォームの仕組みです。     イーサリアムは協働するコンピューターからなるシステムです。 Ethereum is a system of computers that work together.   単一の機関がソーシャルネットワークを構築した場合、一つのサーバ上に情報が保管されます。これは中央機関があなたの情報を所有し、その機関の意思で情報を配布または操作できることを意味します。   イーサリアムは、中間業者がなく情報を保管する中央のサーバがありません。日々利用されるプログラムを人々が構築できる事を意図して作られました。中央のサーバながなければ、コミュニティ全体が知ることなくプログラム変更また停止が行われることはありません。   イーサリアムは2014年に非営利団体によって開発されました。日々、全世界の偉大な頭脳がこの画期的なプラットフォームの成長、促進、強化のため、テクノロジーに貢献しています。   (ソース元記事:https://www.ethnews.com/what-is-ethereum)  
【ADT】MetaX, ConsenSys, Adchain: デジタル広告とブロックチェーン技術のギャップを埋める

【ADT】MetaX, ConsenSys, Adchain: デジタル広告とブロックチェーン技術のギャップを埋める

2017/03/22 at 8:19 PM 0 comments
ブロックチェーンベースのテクノロジー企業がデジタル広告業界における詐欺と戦う分散型アプリケーションを開発中 人々が広告に関する詐欺という言葉を思い浮かべる時、通常、広告主を詐欺の犠牲者と捉えるよりむしろ、広告主が広告の力を利用して、消費者が欲しいか欲しくないかに関わらず買わせることと考えます。 広告主が一般消費者にうまく商品を販売、プロモーションしている一方で、広告業界は長きにわたってサードパーティの提供元が提供する不正データに苦しんできました。この不正データによる詐欺は数十億ドルにのぼります。 英国の広告会社WPPが委託した研究によると、「全世界で詐欺的なトラフィック、あるいはボットによって自動生成されたクリックによって無駄になった広告収入は、2017年に164億ドルに達する可能性がある」とのこと。そこでMetaXは、広告トラフィックやクリックの信頼をブロックチェーン技術に移転する試みを開始しました。具体的には、デジタル広告サプライチェーンが監査可能な透明性の高い結果を生成可能にすることで、詐欺の大幅な低減につながるプラットフォームを構築しました。 MetaXはイーサリアム企業ConsenSys社と協力して、その分散型広告アプリケーションで稼働するブロックチェーンベースのプロトコル、adChainを開発しました。   ■仕組み ETHNewsに提供された情報によると、MetaXは広告キャンペーンのデータをモニタリングしイーサリアムブロックチェーンにセキュアかつ分散化された形で保管するadChain追跡ビーコンを生成します。これにより、全ての広告キャンペーンのサプライチェーンに関わる当事者がデータを信頼できることが確保されます。 MetaXにステートチャネルを実装することにより、ユーザーはデータをデジタル広告データやインプレッションを証明する暗号署名を通じてリアルタイムに追跡、保全、そして保管できます。このプロセスにより特定された詐欺は、リアルタイムにブロックチェーン状にブラックリストとして記載されます。そうすることで大きなダメージとなる前に詐欺情報が排除されます。 MetaXプラットフォームは、現行の業界のソリューションの仕組みは変えずに、ユーザーがadChainプロトコルにシンプルで利用しやすい方法でアクセスすることを可能にします。MetaXは実装が容易です。現行のシステムへの変更や大規模な統合を一切必要とせず、相互運用やデジタル広告エコシステムに容易に組み込むことが可能です。 AdChainはまた、マルウェア検知と予防の機能、そして暗号学的にセキュアなイベント処理を含むことで、広告主が「大量の取引量を実行する一方で、彼らのインプレッションデータの完全性とセキュリティを保つ」ことを可能にします。 MetaXを用いる広告主とパブリッシャー(メディア)は、実際に発生した広告クリックやインプレッションと、ボットや他の詐欺の主体が発生させる偽のクリックやインプレッションを見分けることが出来るようになります。ブロックチェーン技術の透明性が、広告や他のキャンペーンに関連するマーケティングデータのかつてないレベルの知見と信頼性を提供します。   ■どのようなものか MetaXは、他の多くの現行のテクノロジーと同様、舞台裏で動作するので、エンドユーザーの体験は現在と変わりません。 MetaXの共同創業者ケン・ブルックのコメント: 「デジタル広告業界の外にいて現在の広告プロトコルについて知っている人々が少数であるように、一般のインターネットユーザーがadChainについて認識しないことは十分ありうるでしょう。インターネットのTCP/IPなど聞いたことがない人々が大多数なように。ですが、adChainが広く採用されれば、一般のエンドユーザーはオープンでカスタマイズ可能なニュースフィードを持つアプリケーションを使うようになり、プロプライエタリでないサーチアルゴリズムを利用してコンテンツを見つけるでしょう。ユーザーはadChainの存在を全く耳にしないかも知れませんが、無料コンテンツの質とユーザー体験は現在よりはるかに素晴らしいものになるでしょう」 ETHNewとの以前のインタビューでブルック氏は、人々が自身の個人情報を保持しその売買について決定権を持つためにも、デジタル広告業界を民主化することが重要であると語りました。 現行のモデルでは、フェイスブックやグーグルのような企業はユーザーデータを収集し、外部監査不能の中央集権型サーバに保管することで、広告主にとって価値がある情報から生み出された利益を貯め込んでいます。 これにadChainが組み込まれることで、adChain上に構築されたDapp(分散型アプリケーション)は、普通の人々(広告の消費者)がサードパーティを伴わない形で直接広告主が求める情報を提供することで収入を得ることを可能にするかもしれません。 MetaXは現在、選ばれた数社と、非公開のβテストを経ているところです。追加の情報は http://www.metaxchain.com/ で確認することができます。   ライター:ロス・シルバ(LOS SILVA) ロス・シルバはライター、そして映画監督です。テクノロジーやデザインの会社と仕事をしてきました。彼のイーサリアムへの関心は台頭する、アーティストが自身の仕事をブロックチェーン技術を通じてコントロール可能なクリエイティブアプリケーションに端を発しています。   ETHNewsは自らの編集方針にコミットしています。 読んで面白かったですか?@ETHNews_で私達をフォローして、adChain、MetaXまたは他のイーサリアムビジネスと金融の最新情報を受け取りましょう。 (ソース元記事:https://www.ethnews.com/metax-bridging-the-gap-between-digital-advertising-and-blockchain-technology)
2017年、エンタープライズイーサリアムの誕生

2017年、エンタープライズイーサリアムの誕生

2017/01/10 at 11:33 PM 0 comments
    この24ヶ月、ブロックチェーン技術のエンタープライズ利用は想像もしていなかった速度で発展してきました。   初期のビットコインの実験から、シニアバンカーによるスタートアップ企業への参画、パブリックイーサリアム分散型アプリケーションのローンチ、イーサリアムテクノロジーを利用する多数の現在開発されているプライベートなパーミッション型システム、そして業界コンソーシアムの始動まで、ブロックチェーンは2017に入ってエンタープライズITの主要トレンドの一つに躍り出ました。   市場は既にインキュベーション段階を過ぎ、イノベーター達が有効にテクノロジーと最初のアプリケーションを構築しています。アーリーアダプターのフェーズを越えたかも知れません。今までにも増して、メインストリームのエンタープライズITの各組織は知見を集めブロックチェーンで実験を行うだけでなく、このテクノロジーの新たな利用ケースや複雑なITの課題に手を付けようと試みています。これまでより頻繁に私達の顧客は、POC(概念実証)ではなくMVP(実用最小限のプロダクト)の構築、あるいはプロダクションに向けた環境固めに手を貸して欲しいと言っています。   この採用の旋風、もっと言えば竜巻の最中、いくつかの鍵となるテクノロジーが潜在的にブロックチェーンプラットフォームのデファクトスタンダードとして現れつつあることも明白である一方、同時にIT組織はこのテクノロジーの持つ複雑さと能力に圧倒される場合があります。   イーサリアムは間違いなく、今日最も一般的なエンタープライズ開発向けブロックチェーン技術です。20,000人の開発者が全世界に存在し、パブリックチェーンが10億ドル相当の価値を保持し、オープンソースの開発ツールのエコシステムが立ち上がる中、アクセンチュアが「全ての自尊心があるイノベーション研究所がイーサリアムを動かしそれで実験している」と見ていることは驚くに値しません。クラウドベンダーも、イーサリアムを第一級市民としてイーサリアムをサポートしています:Alibaba Cloud、 Microsoft Azure、RedHat OpenShift、 Pivotal CloudFoundryは全てイーサリアムを主要な提供ブロックチェーン(のひとつ)として機能の目玉としています。   なぜでしょう?ソフトウェアが広く提供されていますすーイーサリアムクライアントをダウンロードして、好みの開発環境を選び、始めるだけ。イーサリアムは汎用的でプログラミングしやすく、フルスタックのまたはウェブ開発者ならSolidityスマートコントラクトプログラミング言語を数時間で覚えて、数日で最初のアプリケーションを開発できるでしょう。ドキュメンテーションは豊富で、コード例やデプロイメントフレームワーク、トレーニングも数多い。これだけ多くの会社がイーサリアムを「ブロックチェーン・オブ・チョイス」として利用していることは驚くに値しないでしょう。   今日、企業は、サプライチェーン追跡、決済、データプライバシー、コンプライアンス、そしてアセットトークン化等さまざまな領域で、プライベートイーサリアムネットワークをプロダクション環境または類似環境でデプロイしています。確かに、投資銀行が証券のクリアリングと決済を完全にイーサリアムネットワークに移行するのは未だ少し先ですが、稼働中のプライベートイーサリアムネットワークは既に散見されますー金融サービスにおいても。   しかし、エンタープライズを採用する企業は次のような、いくつもの課題に直面していますー   イーサリアムは当初、トラストレスの要件が、パフォーマンスのそれに勝るパブリックチェーンのデプロイ向けに開発された。現在のパブリックチェーンのコンセンサスアルゴリズム(特にプルーフ・オブ・ワーク)は信頼された参加者と高いスループット要件を持つネットワークにとって過剰である。   パブリックチェーンは定義上、(少なくとも初めは)プライバシーや許可の要件が限定される。イーサリアムはスマートコントラクトやネットワークレイヤー内で許可の実装を可能にするが、設定なしで簡単には、従来のエンタープライズセキュリティと、アイデンティティのアーキテクチャともデータプライバシーの要件とも、互換性を持たない。   当然、現在のイーサリアムの改善プロセスはパブリックチェーンの主な問題に集中し、これまでその中でエンタープライズITの要件が明確化され、優先順位付けされるのは難しかった。   その結果、プライベートイーサリアムネットワークを実装した多くの企業は、オープンソースの実装を「いじった」、つまりフォークしたか、彼らのデプロイの要件を満たすためプロプライエタリなベンダー拡張に頼りました。その内の一部は非常に洗練されており、コンピューターサイエンスの最先端を突き進んでいます:BlockApps STRATO、 Hydrachain、 Quorum、 Parity、 Dfinity、そしてRaiden。そうするのも無理はなく、事実上これまで唯一の有効なアプローチだった一方、否定的な側面は明らかですーアプリケーションの移植性がない、コードベースの断片化、そしてベンダーロックイン。   驚くことではないですが、ここ数ヶ月これは、エンタープライズ技術ベンダー、企業ユーザー、そしてイーサリアム系スタートアップ企業の話題となっていました。これらの議論はビタリック・ブテリンの賛意と関与によって、エンタープライズ技術ベンダー、最大手企業ユーザー、そしてイーサリアムインフラリーダーからなる専門グループでの、「エンタープライズイーサリアム」を定義するためのロードマップ、法的構造、ガバナンス、そして最少の技術開発を定義する協働に拡大しました。ある程度までこれは、TCP/IPやHTTP、あるいは(ソフトウェアの見地から)JavaやHadoopのような他の主要なプラットフォーム技術がたどった道です。   Javaは決して広く使われるエンタープライズ開発ツールとして意図されたものではありませんでした。もともとは、インタラクティブTV(具体的にはセットトップボックスとスマートカード、Java Cardを覚えている人は?)のために開発されたものでした。しかし、Javaは(クライアント・サーバまたは3層アーキテクチャとして知られる)データベースのバックエンドを持つウェブ開発において多くの利点を持っていましたー包括的なウェブとデータベースのAPIを持ち、「一度(プログラムを)書けば、どこでも実行できる」プラットフォームの移植性を提供し、オブジェクト指向プログラミングの概念を親しみやすい文法で単純化し、高速開発のエコシステムを持っていました。なるほど、当時のJ2EE(現在のJavaエンタープライズエディション)を開発したのはSunではなく、いたずらっ気を持つスタートアップのWebLogic、エンタープライズ顧客の一団、そして他のベンダーでした。同様に、Hadoopは元々、ウェブのインデックス化そして広告提供の為に作られました。そして、TCP/IPが文字通りどこにでも存在するプロトコルとして台頭することを誰が予期していたでしょう?   イーサリアムはそのような軌道とポテンシャルを持つ、おそらく唯一のブロックチェーン技術です。初期のエンタープライズによる採用を促進するための「パブリック・パーミッションレス型」対「プライベート・パーミッション型」の区別さえも、かつて企業が当時利用可能だったパブリックインフラのセキュリティとスケーラビリティの問題に満足するまでよく見られたインターネット対イントラネットの論評のある種の再現です。   主な採用者、支援者、そしてイーサリアムのエンタープライズ利用を形作る人々を集めることにより、私達はテクノロジーのためのプラットフォームだけでなく、ガバナンスと「エンタープライズイーサリアム」のための規格を作成するツールを提供しようとしています。「委員会による死」ではなく、「プレイするなら払え」もなしに、エンタープライズの要件のための十分なガバナンスを開発するビルダーと行動する当事者のグループです。私達の協働者の一部はこのアプローチの新鮮さ、そして単一の規格で作業することとオープンソースのコードベースで可能になった技術の進歩の速度に注目しています。さらに、エンタープライズイーサリアムは、現在のイーサリアムのスケーリングのロードマップからさらに積み上げ、パブリックイーサリアムとの互換性と相互運用性を維持します。事実、私達はエンタープライズイーサリアムがイーサリアム全体の開発に大きく貢献するであろうと確信しています。   私達は近く、既にエンタープライズイーサリアムを形成している多くの利害関係者に関する公式の情報をリリースするつもりです。もしあなたがイーサリアムの大手企業ユーザー(あるいは加わる予定)で、このイニシアチブについてもっと知ることに関心があるなら、登録のため私までご連絡くださいーjeremy@ethent.org   お楽しみに…最良のものはこれからです。   ジェレミー・ミラー ジェレミー・ミラーはConsenSys社のスタッフのチーフです。彼のキャリアはオラクル社での最初のJavaアーキテクトとして始まり、その後オラクル社といくつかのスタートアップ企業での販売管理と戦略の役割に移りました。それからオックスフォード大学でMBAを取得し、ゴールドマン・サックスでM&Aのチームに加わりました。ConsenSys社においてジェレミーはエンタープライズとプロダクトのなかで複数のフォーカスを持ち、またエンタープライズイーサリアムの「チーフイニシエーター」でもあります。   この記事はどうでしたか?こちらから私達のウィークリーニュースレターに登録を!   (ソース元記事:https://media.consensys.net/the-birth-of-enterprise-ethereum-in-2017-ebe7f7abed92)
イーサリアム入門:The Internet’s Government

イーサリアム入門:The Internet’s Government

2016/12/08 at 12:14 AM 0 comments
クレジット:最高の映画「天空の城ラピュタ」 ビットコインには「デジタル・ゴールド」や「インターネットマネー」のようなキャッチーなスローガンがありますが、イーサリアムとは何でしょう?時々それは「ワールドコンピューター」と呼ばれます。でも、「ワールドコンピューター」って実際何でしょう?コンピューターサイエンスのコースを受講することがなかったとしても、イーサリアムが何なのかを簡単に説明した一言がこちらです。   イーサリアムはインターネットの政府であり、スマートコントラクトはその法である。   イーサリアムの深い意義を理解するために、この新しいインターネット政府の機能を見ていきましょう。   法を作成し制定する イーサリアムにおける法は伝統的な政府における法とはやや違う働きをします。まず、イーサリアムの法は誰によっても作成されることができます。それはあなた、あなたの隣人、そしてアメリカの大統領が互いに全く対等の立場であるという意味で これらの法はスマートコントラクトと呼ばれ、コードで書かれています。コードとは明示的にそれが許可されない限り、解釈の余地のない言語です。なので、もしこの言語をあなたが学んだなら、おめでとうございます!あなたは今や、インターネット政府の立法部門の一員です。 法は書かれ次第、政府の行政部門によって制定されなければなりませんーイーサリアムソフトウェアを実行するコンピューターのネットワークによって。あなたは、コンピューターに施行のコストを先に払わなければなりません。ただし、非常に安いです。一つの法が実行され施行されるのにかかるコストは一セントの半分ほどです。なので、半セントぐらい払えるなら、おめでとうございます!あなたは今や、行政部門を担当しています!   法に従う でも待ってください!一つ問題があります。法の作成は皆が従うという結果を意味しません。 全てのイーサリアムの法はオプトインです。あなたの法が採用されるためには、仲間の市民に対し、あなたの法に従うことが彼らの利益にかなうと説得しなければなりません。 また、自分がどの法に従う事を選ぶか、決めなければなりません。良い法は、従う人々に明確な利点を提供します。協調行動とグループ内での一層の信頼を可能にするのです。 法によって可能になる協調行動の一例は、Uberのようなサービスでしょう。運転手達は悪い乗客から彼らを保護する法に従い、乗客は悪い運転手から彼らを保護する法に従うでしょう。これらのスマートコントラクトの法の概念を例を用い説明するため、2つのUber法は次のようであることができます: もしあなた(乗客)があなたの運転手を攻撃し、彼らが通報したら、あなたはサービスから追放される。 もしあなたが通報されても、一日以内に反訴を申立てたら、あなたのために紛争を解決するための仲裁者がランダムに任命される   これらの法は最小の経費でグループを組織するために必要な保護を提供します。 ある法が別の法に依存する場合、これらの図解はもっともっと複雑になります。例えば、Uberの運転手になるためあなたは、保険の法に従う必要があります。キュートなスマイリーを使ってそれを表すのは難しいかも知れませんが、これがインターネット政府が現代の統治の複雑性を処理できるようになる方法です。   法を破る インターネット政府にはもう一つの興味深い性質がありますー法を破ることが不可能です。全ての法は定義されたその通りに実行されます。例えば、私達のUberの例を使うと、乗客による攻撃の訴えが報告されると、彼らは常にサービスから追放されます。新規利用者かUberの創業社長かは関係ありません。これは腐敗と戦うには素晴らしいですが、時として腐敗が問題なわけではありません。 多くの法は設計がまずいか、公平性に欠けています。これらの法も、定義されたその通りに実行されます。ひどい話に聞こえるかも知れませんが、これらの法が淘汰されるためには必要です。従わうことであなたが積極的に害を被っている場合、悪い法を特定するのは容易です。もしジェイ・ウォーク(横断歩道がない所を渡る)するたびに罰金を支払わなければなかったら、私の場合一週間で破産します。 法を破るのが不可能である一方、明確にそれらに従わない事を選択することができます。覚えていますか、全ての法はオプトインです。これは悪い法を淘汰するシンプルな機構を提供します:単に、従われなくなるのです。   科学的手法によるガバナンス 統治(ガバナンス)は最も古くからある人類の難題であり、とても解決済みとは言えません。不平等、不公正、そして腐敗が現代の決定的な特徴となっています。今日、人類は最も困難な挑戦の一つに直面しています。明るい未来が欲しいのなら、効果的なガバナンスが必要になるでしょう。 インターネット政府はおそらく最も見込みがある賭けでしょう。破ることができない低コストなオプトインの法によって、私達は初めて容易に科学的手法、トライア・アンド・エラーをガバナンスに適用できます。法がオプトインであることは、それらが市民一人ひとりによる精査にさらされることを意味します。法を破ることができないことは、私達がそれらの効果を正確に測定することを可能にします。法の作成が誰にとっても可能であることは、新たな法が素早く古い効果のない法を置き換えることができる事を意味します。あとは繰り返しです。ガバナンスを科学に変え、皆にとって効果的で公平な法を発見できるでしょう。   イーサリアムはインターネットの政府というだけではありません。あなたの政府なのです。   この記事はConsenSysのイーサリアム開発者、カール・フロレーシュによる執筆記事です。2016年12月8日にkarl.techで公開されたものです。 免責事項:上で著者によって表明された意見は必ずしもConsensys AGの意見を代表するものではありません。ConsenSysはは分散型コミュニティで、ConsenSysメディアはメンバーが自由に多様なアイデアと視点を表明するプラットフォームです。ConsenSysとイーサリアムについてもっと詳しく知るには、私達のウェブサイトをご覧下さい。そしてこの記事を気に入ったのなら、こちらから私達のウィークリーニュースレターにご登録ください。   (ソース元記事:https://media.consensys.net/introduction-to-ethereum-the-internets-government-35bdd25f572a)
ブロックチェーンは大気汚染を解決することができるか?

ブロックチェーンは大気汚染を解決することができるか?

2016/12/03 at 6:20 PM 0 comments
北京で呼吸しようとしたことがない限り、『呼吸するのがこわい』ということを想像するのは難しいでしょう。私は10月に故郷の町に滞在期間中、空気は汚く視界は曇っていました。スティーヴン・キングのアンダー・ザ・ドームを思い出すレベルです。中国は常に有害な大気のドームに覆われています、私は人々が保護マスクをつけ、汚染された空気が侵入しないように窓をテープで密閉し運転しているのを見ました。北京の人々は、綺麗な空気に対して非常に関心を寄せています。   最も有害な物質はPM2.5。これはとても小さく肺に入り込むことができ、後々大きな健康問題を引き起こします。WHO(世界保健機関)は1立方メートルあたり25マイクログラム未満のPM2.5を『安全』とみなしています。私の滞在中、北京の空気は平均して1立方メートルあたり197マイクログラム以上のPM2.5で汚染されていました(ピーク時は338まで上昇)。中国の汚染は、全国的に都市化したことにより、新しく購入された車からの排気を含む、低品質の化石燃料の燃焼が原因です。中国の凄まじい経済成長への願いは自国のどのような環境問題への懸念よりも上回っています。概して中国は自国の環境を犠牲にして経済を成長させる発展途上国の一例にすぎません。     現在の大気汚染監視システムは三つの問題と対面しています:スケーラビリティ、コスト、信頼性   中国政府は、環境破壊を抑制するように取り組んでいます。彼らは持続可能な発展を実現するために戦略を調整し、国民がこの取り組みに参加するよう推奨しています。例えば、政府の援助により非政府組織であるIPE(Institute of Public and Environmental Affairs 公的・環境的問題研究所)は “Blue Sky” という名のアプリケーションを立ち上げました。このアプリケーションは空気と水の質、地元の汚染源、そして汚染物質を排出している9000社の排出物を精査したデータを、一般市民がリアルタイムで手に入れることを可能にしました。膨大なデータが公開された結果、これらの企業に公的圧力がかかり、汚染の削減に取り掛かるようになっています。   大気汚染は世界的な問題です。さてこのアプリケーションは他の発展途上国の汚染削減にも使用できるでしょうか?また、世界全体の大気を監視することも可能になるのでしょうか?IPEのトップであるマ・ジュン氏はこれらの質問にChinadialogueとのインタビュー で答えました。 マ・ジュン:私たちの経験を共有できてとても嬉しいです。もちろん状況は国によって変わってきます。中国では公開されている情報が制限されていますが、政府は計測を多くしており、当局は堅実なデータセットを持っていますーそして私たちはそのデータを公開するよう推奨しています。   しかし他の国では計測が少ないところもあります。彼らは自身の置かれている状況を考慮する必要があります。新しい技術に頼り一般大衆に汚染を監視させ社会監視ネットワークを作り出すのが一つの方法です。また、企業が自身の汚染を監視し発表させる方法も考えなければいけません。   このような仕事にはデータが必要であり、データを集めるには時間と努力を費やさなければなりません。私たちはこれを10年やってきましたが、とても面倒な作業です。    現在の集中型モニタリングシステムは重大な問題を孕んでいる:スケーラビリティとコストです。その他にも信頼性という避けられない問題があります。   「このデータがこの種の取り組みで政府と協力する企業に悪用されたり、誤用されたり、ただ単に売却されないことを市民に保証するものはあるのか?」ーFederico Guerrini   解決案としてのブロックチェーン   上記の問題を解決できるのが大気汚染を監視する分散型ネットワークです。分散型ネットワークのエンドポイントは個人に所有されたセンサーであり、家庭に設置されたセンサー、パーソナルデバイス(スマートフォンなど)、ウェアラブルデバイスを含みます。ブロックチェーンの技術により、これら全てを繋げてメッシュネットワークをつくることが可能になります。 メッシュネットワークとは、各節(デバイス)がデータをネットワークに中継するものです。ブロックチェーンは情報の元帳を作り出し、分散されたネットワークのデバイスに共有することが可能な分散型データベースです。ネットワーク上のすべてのセンサーは集中管理されたサーバーを使用せず、元帳に基づいて動くことができる。完全に分配、分散された取引を実現し、生み出されたデータはデバイスの使用者が所有することになります。データはデバイスを通してブロックチェーン上でマイクロペイメントを通して取引されます。 ブロックチェーン技術の本質は、すべてのデータは公開されており、変えることが不可能なことです。そのため、例え企業が自社が汚染している証拠を消そうとして、それらに関する情報を買収しようとしても、一般市民から隠蔽することや情報を改竄することもできません。   個人、公開市場、政府とブロックチェーンの図   分散型大気汚染監視システムのモデル:個人とビッグデータ企業、データとトークン取引のためのブロックチェーン上の公開市場。政府は方針を作り汚染された工場を罰する責任があります。   1.個人あるいは小さい企業が大気汚染を感知するセンサーを設置し、ブロックチェーン上の市場でデータを売ります。Filamentによって開発されたThe Tapはブロックチェーン上にある家庭用大気監視システムの一つの選択肢となります。これはビットコインブロックチェーンと接続できる環境センサーが付いている接続機器で、また遠距離の接続を可能にする安全なメッシュネットワークである TMeshを利用してワイヤレスで他のデバイスと接続されます。この技術に含まれるスマートコンタクトが企業(気象予想関係の会社など)に通貨を見返りとしてデータを提供するマイクロトランザクションを可能にします。   2.企業がリアルタイム情報を公開市場で購入する。企業や組織はこれらの情報を買い、汚染の激しい工場を発見するのに利用できます。そして政府に報告し、料金を受け取ります。データ収集自体は完全に分散されてるかもしれませんが、発見したデータを分析するのには集中的な方法が必要となるでしょう。   3.政府が大気汚染に対して厳しい罰則プログラムを作る。政府が組織から情報を受け取ると汚染の原因となっている工場の調査を始めます。もし告発された工場が汚染の原因だと判明した場合、工場は多大な罰金を支払います。そして罰金は政府と報告した組織に分配されます。透明性があり、変わりにくいブロックチェーンの構造は、政府の行政を監視するのにも役立ち、一般市民は汚染の原因となっている工場と、未加工の情報を手に入れることが可能です。   発展途上国の事業や人々は、少ない利益のために環境を破壊することを選びます。厳しい罰が汚染に対して課せられるようになると、排出量を抑えることができ、企業も自社の利益のためにクリーンエネルギーを使うようになります。『汚い』エネルギーや長年使われてきたエネルギーに対して需要が減ることになる。そのため政府はエネルギー産業界に対して、公開市場になるよう働きかけるべきであり、クリーンエネルギーを産出、もしくは使用している企業はその恩恵を受けるべきです。クリーンエネルギー企業の間で生まれた競争はクリーンエネルギーであることの証明と開発に拍車をかけ、低コスト化に繋がるでしょう。また消費者側から見ると商品が安価になり、クリーンエネルギーの持続的な発展に繋がり、より環境が守られることになります。    (ソース元記事:https://media.consensys.net/how-can-blockchain-technology-help-fight-air-pollution-3bdcb1e1045f)  
投票の再集計は中止されるべき

投票の再集計は中止されるべき

2016/11/30 at 6:45 PM 0 comments
  投票の再集計は、時代遅れで不要な作業と考えられます 今日では遠隔で投票し、どのように投票したかを証明し、選挙結果をリアルタイムで観るということを可能にする技術が存在します。ならば、なぜそれを使わないのでしょう? 競争が僅差だった2000年と2016年のアメリカ大統領選挙では、選挙人団による投票の結果、勝敗が決まった後、再集計が行われました。     このような事例は、デジタル投票で根本的に解決できるでしょう。現代の技術では以下のように、電子システムで投票システムを設計することができます。   携帯電話か自宅のコンピューターから投票が可能 投票した票が確実に数えられていることを証明 投票した票が公的なコンピューターにありながら安全で秘密   いくつか単純な方針を採用すれば、これら全ては簡単に実現するでしょう。   電子IDカードを個人のプライベートキーとともに全ての市民に与える。(もしかするとそれにより、電子キーの取り消し、または新しいキーの再発行を簡単にする鍵ペア、さらにuPortのような分散化されたアイデンティティーアプリの登録を可能にするかもしれない。) 再検討、批評、改善にために、無料で一般に公開されている投票機械のソフトウェア。   もしこれら全てが可能であれば、どうして米国は民間企業を雇い、ハッキングが可能な投票の機械を作らせるのでしょうか     様々な国々がどのようにして電子投票システムを実装させたかについては、詳しくはこの記事をご参照下さい。 エストニアがブロックチェーンを用いて、現代の社会に非常に影響を与えているかはThe IEEE Spectrumの偉大な記事を参照してください。   様々な道具が揃っている現在「問題」は、「どのようにしてそれらを選び使いこなすか」です。   (ソース元記事:https://media.consensys.net/recounts-should-be-obsolete-8485226759ee)  
イーサリアムにとって、Zcashは何を意味するか?

イーサリアムにとって、Zcashは何を意味するか?

2016/11/03 at 7:16 PM 0 comments
イーサリアムにとって、Zcashは何を意味するか?   「Zcash」のローンチとZcashとのパートナーシップの機会が、イーサリアムコミュニティーの目標に対する実現可能性を高めることに、我々ConsenSysは大きな期待を寄せている。   Zcashとは何か? Zcashは2016年10月28日に新しい暗号通貨としてローンチされた。ビットコインのコードベース0.11からフォークしたビットコインのクローンで、完全にプライベートな取引ができる機能が追加され、ビットコインやイーサリアムと区別されている。そのため、Zcashは「追跡不能」である。   プライベートなトランザクションを可能にするために、Zcashは暗号技術やゼロ知識証明と呼ばれているコンピューターサイエンスの技術を採用している。宇宙で最も優秀な数学者でさえゼロ知識証明を「月の数学」と表し、一握りの学者のみゼロ知識証明の仕組みについて完全に理解している。   ゼロ知識証明とは何か 簡単に言うと、ゼロ知識証明によって、Zcashのパブリックブロックチェーン上でのプライベートなトランザクションが可能になり、Zcash特有の「追跡不能」の機能が存在している。Zcashは、送信者と受信者のアドレスと、一方がもう一方に送る価値記録を、暗号学的なアプローチで不透明化する。これは、トランザクション内容がオープンであり、送信された価値記録を誰もが閲覧可能な、他のブロックチェーンと異なる点である。他のブロックチェーンと違い、Zcashの利用者は暗号化により、トランザクションを完全に保護することができる。唯一開示されている情報は、何かが特定の時間に起こったということのみである。   Zcashを送信するアドレスは全て偽名を用いており、つまりそれらの実際のID情報や現実世界でのアドレスを知らなければ、その通貨がどこから、そしてどこへ向かって流れているのかを知ることはできない。   例えば、それぞれビットコインが1BTCずつ入っているウォレットを100個持っていて、それがブロックチェーン上にある全てだとしよう。そこで、そのうちの5人がゼロ知識証明を使って、暗号的に彼らのビットコインを保護するとする。ブロックチェーンとネットワークは保護されているコインの量の跡を辿り、その後誰が一部の保護を外すかは気にしない。コインは大きなプールに入り、小さな一部を引っ張ってプールに入ったものと相関させる方法はない。 ゼロ知識証明は、人々がプールに入れたより多くをプールから引き抜くのを防ぐことができる。   財政的なプライバシーを必要としているのは誰か? 財務上のプライバシーのため、正当な使用例は幅広く存在する。実際に、自分のこととして考えると、金融的なプライバシーはおそらく世界中のほとんどの取引にとって望ましいだろう。   例えば、以下のような場合である:   企業がサプライチェーンに関する情報を競合企業から保護したい。 個人が、助言を求めて破産弁護士や離婚弁護士に支払っていることを公に知られたくない。 慢性の病状や障害を持つ子供を抱えている家族が、差別を恐れてその事実を雇用者や保険会社から守ることを望むとき。 資産家が、価値を奪い取ろうとする犯罪者に自分の活動を見せたくない。 取引デスクまたは異なる商品の買い手と売り手の間の他の仲介業者が、取引を中断されることを防ぐ。 金融商品(証券、債券、派生商品)の取引をする銀行やヘッジファンド、その他の金融機関。外部のエージェントに自分のポジションや利益を把握されたくない。   ブロックチェーンサイズはZcashにどのように影響するか? ブロックサイズは、パブリックブロックチェーンの中で希少なリソースである。500KB以上の取引をする場合、同じ量の分だけブロックチェーンが増える。 2,000回の取引をすれば、2時間で1GB分増える。急速に成長するブロックチェーンの中で、このシステムはすぐに使用が不可能になると考えられる。   重要なことに、Zcashの制作チームは、これらのプライベートな取引のサイズを約1500バイトに削減し、実際に使用可能になるまで最適化することに成功した。サイズが縮小されたことにより暗号化にかかる計算が5、6分から1分に短縮した。   Zcashの特徴は何か? Zcashのローンチは、イーサリアムなどのローンチとは異なる。イーサリアムの最初のトークンセールでは、交換レートは2,000ETH/BTCであった。42日後、セール終了時には1.337ETH/BTCにまで直線的に低下した。最初のブロックでは買い手に発行されたETHはわずか6000万ETHであった。加えて1,200万ETHがイーサリアムファンデーションに寄付され、アーリーコントリビューターに補償された。コントリビューターには9.9%、そしてファンデーションにも9.9%。イーサリアムは7200万ETHで始まり、それ以降は比較的低インフレであった。取引の処理のため、ネットワークの安全を保つため、マイナーに毎日30,000ETHが追加されている。   ビットコインの開始時と同様に、Zcashのリリース時の配布メカニズムは、既存の「プレマイニング」コインを使用せずに(ICOせずに)、最初からマイニングコインでスタートすることであった。 24時間後、約100のZcoinがマイニングされた。1日あたりの発行は0から7,200Zcoinまで30日間連続して増加し、その後7,200Zconに留まり、Zcashはfeeとしてすべてのマイニングされたコインの10%を受けとった。   なぜZcashはこんなにも高い価値がつけられているのか 経済学の基礎から考える。ローンチ時は実際にコインがないので、非常に低い供給と非常に高い需要が高い価格をもたらした。 Zcashは金曜日に非常に高い価格が付けられ、その後、通貨基調のインフレが始まるとそれに伴い継続的に下落し続けた。超高インフレが起こると価格は大幅に不安定になる。コインが1つしかなかった時、価格は50万ドル前後まで上昇し、その後、現在の1,000ドル前後まで低下した。   最初の2ヶ月間、毎月実質的に100%のマネタリーベースのインフレが起こり、最初の1ヶ月間に210,000のZcoinが採掘されている。来月には、21万のZcoinが採掘され、現存するコインの量が2倍になる予定である。2カ月後には、100%のマネタリーベースのインフレが発生し、既存のZコインが42万から84万に増加する。   では、Zcashはイーサリアムにとって何を意味するのか? イーサリアムの開発者がZcashの機能を使用する方法は2通りある。ブロックチェーンを統合する最も簡単な方法は、ZRelayと呼ばれるBTCRelayスタイルのSPV(簡易版支払い検証)システムを使用することにある。これにより、Zcashのブロックチェーン上でのトランザクションがイーサリアムのスマートコントラクトによって検証され、それにより、イーサリアムのDAppsはZcashの高いプライバシー保護の機能を利用することができる。さらに強力で、しかしより複雑な方法は、Ethereumのネイティブ機能としてzkSNARKを組み込むことである。これにより、アカウントの抽象的な情報がメトロポリスに導入され、イーサ自体を個人的に送信することが可能になる。この方向での作業は進行中である。   現在、イーサリアムの開発者にとって実験的で機能的なプロトタイプを構築することは可能だが、Zcashを使用した機能拡張は、ネットワークのGas制限が比較的高価なPoWよりも低いため、現在メインネットワーク上に反映できない。 Zcashをイーサリアム上で動作させるためには、新しいプリコンパイル(新しいオペコードに似たシステムの新しく深いプロトコル要素)を追加する必要がある。これにより、高価な汎用EVMとは違い、全ての計算が非常に最適化されたネイティブの方法で行われる。   うまくいけば、イーサリアムの次のバージョン(メトロポリス)では、イーサとZcash間でこのアトミックスワップ機能を利用できるようになり、今後はイーサリアムで、様々なスマートコントラクトを通してゼロ知識証明の完全な機能を持つことができる。   Zcashの創設者兼CEOであるZooko Wilcoxは、Zcashは「お金を稼ぐことではない」、そして「技術がそこにあり、使用されテストされていることが重要だ」と言っている。 Zcashがプライバシー問題を解決するための最も重要な問題に取り組む中で、イーサリアムコミュニティはZcashとのパートナーシップの恩恵を受けている。それにより私たちを、世界的にスケーラブルで構成可能な経済社会、そしてプライベートな社会基盤を構築するという最終的な目標に近づけている。   (ソース元記事:https://media.consensys.net/what-does-zcash-mean-for-ethereum-da0cdf722e45)
ブロックチェーンを活用し、ピンクリボン活動における汚職を改善

ブロックチェーンを活用し、ピンクリボン活動における汚職を改善

2016/10/28 at 7:06 PM 0 comments
毎年10月に世界はピンクに染まり、大企業は乳癌への注意喚起に目を向ける。ほとんどのお店のほとんどの商品は、ピンクリボンで色飾る。スポーツ選手はピンクのスパイクを履き、ピンクのユニフォームを着る。ピンク色を帯びた広告が、テレビのスクリーンや雑誌を埋め尽くす。ピンクリボンは、乳癌に対して団結して戦うというシンボルとして社会に浸透している。   しかし私たちは当然のように、ピンクリボンのついてる商品を買うと、その数パーセントが治療法を発見する為に使われると思っている。多くの企業が自社の商品にピンクリボンをつけ、買いもしなかった商品を買わせることに成功している。10月の間は物を買うだけで乳癌を治療する基金を出していると思っているのではないか?だがそれは事実ではない。   ピンクリボンで装飾された商品から得た利益を、会社が寄付するという法律は存在しない。   ピンクリボンを商業に取り入れたことと慈善寄付にはつきものである不透明さは、乳癌研究の慈善資金収集に非効率的で不明瞭な道を作り出してしまった。   現在のシステムでは資金が個人的な銀行口座から研究施設に届くまでに、そのほとんどが失われている場合が多い。時には、資金が研究チームに少しも届くこともなく、その大部分が『管理』費用に回されることがある。企業や慈善団体が自身の収入を増やし、大きな弊害となってしまっている。 このような『仲介業者問題』をシステムから取り除くことができれば、乳癌研究の為にもっと滑らかで大きな資金の流れを作ることができる。   ブロックチェーン技術はこのような仲介者や弊害を取り除き、研究期間へ資金を送る最適な技術である。   ブロックチェーンは買収と改竄から保護された、持続可能な分散データベースである。どのブロックにも時間の記録と前のブロックへのリンクが含まれている。このシステムの透明さが、ブロックチェーンが乳癌研究の資金集めに(あらゆる種類の研究にも)役に立つ理由である。 ブロックチェーンが健康/科学の研究の資金集めに利用された前例がある。HEAL Alliance はHEAL Bond をブロックチェーン上(social impact bond)に作った。これはブロックチェーン、ソーシャルメディア、クラウド、そしてモバイル技術を用いてHIVの研究費の資金集めを助けるものであり、同じように公的プロジェクトが乳癌にも応用する事ができる。   クラウドファンディング(またはキックスターター)は一般大衆と共鳴する傾向がある。ブロックチェーンに基づくdApps(非中央集権・分散型アプリケーション)であるWeiFund やBenefactoryを利用する事により、研究は効率的になり、クラウドソース化される。ブロックチェーンを利用した取引は明瞭であり、資金の獲得と配分が一般に公開される。これはプロジェクトに寄付された資金が研究チームの元に届き、企業や慈善団体のスタッフの懐にお金が行かないことを保証する。透明性のもう一つの利点は、企業にブロックチェーンを利用させ、乳癌啓発の月の利益の一部を寄付させる圧力にもなることである。   乳癌の治療法を見つけるのは全人類の利益にかなう目標である。残念なことに現在の資金集めの方法は非効率的で問題性があり、研究の進歩を遅らせている。効果が証明されたクラウドソーシング技術やソーシャルインパクトボンドと組むことにより、ブロックチェーンは人類に効率的で、透明性があり、公平なシステムを作り出す機会を提供し、うまくいけば治療法の研究を大きく躍進させるだろう。   (ソース元記事:https://media.consensys.net/curing-the-corruption-of-the-pink-ribbon-2b0e9ca748a3)
【GNO】Gnosis(ノーシス)のベータ版が登場

【GNO】Gnosis(ノーシス)のベータ版が登場

2016/07/14 at 8:41 PM 0 comments
分散型予測市場の最新機能と今後の計画 Gnosis周りのニュースはここ数ヶ月、静かなものでした。Gnosisチームは、次のソフトウェアリリースに向けてた開発を続けており、数週間のうちに皆さんと共有できることに興奮しています。私達の2つのメジャーな新機能には、予測市場の第一ステージ、そして誰もが自身のGnosis市場を作成できる機能が含まれます。それが何を意味するか、そしてどう今後の計画に関連するかをご説明します。   ■Gnosisは誰でもオラクル(=預言者)になれる 予測市場は市場を解決するのにオラクルを必要とします。スマートコントラクトと予測市場の文脈におけるオラクルとは、現実世界のイベントデータをブロックチェーンとスマートコントラクトのエコシステムに読み込み処理させる主体です。 これは具体的には、「ある選挙でA氏が当選するか落選するか?」というスレッドがGnosis上に立てられた際、そのスレッドに参加している個人がA氏の選挙結果を提出するという形で、クラウド(=群衆)の力を使ってオラクルがブロックチェーンとスマートコントラクトにデータを記録するという仕組みです。 そのほかにも、気象観測所が気象データをアップロードする、あるいはブルームバーグ社等の現行のフィードの提供元による株価を提出するといった形で行われます。以前のオラクルに関するブログ投稿でこのトピックについて詳細に書きました。 イベント解決のためのさまざまな信頼性が高く高速なオラクルがあることは、Gnosisと予測市場のさらなる発展に必須です。その理由から、私達はオラクルのための市場を作りました。私達の今度のリリースで、誰でもオラクルの提供元として登録し、一定の手数料でデータを提出することが可能になります。将来のリリースにおいて、ソーシャルメディアを通じた評判のブートストラップ、データ特化設定、オンチェーンオラクル、そして冗長オラクルやアルティメットオラクルのようなセキュリティの機能が利用可能になります。 私達のビジョンは、Gnosisをスタンドアローンのプラットフォームとして機能させることで、オラクル提供元をスマートコントラクトの生態系全体とつなぐ予測(=オラクル)市場を作ることです。 今後は、ほぼ全ての一定の複雑さを持つDapp(分散型アプリケーション)が何らかの形で外部データを必要とするでしょう。   ■クラウド(=群衆)に由来する市場 真に分散型の予測市場は、集権化された当事者からクラウドにプラットフォームの支配を移転すべきだと考えています。 そこへ向けて私達は第一ステップとして、参加者が誰でも自身の予測市場を作れる事を可能にします。Gnosis Dapps インターフェースでは、誰でも新たな市場を公開できるようになります。それを行うプロセスはとてもシンプルなもので、市場の名前と説明、そして解決の詳細を入力し、オラクルへの提供費用を選択、そして初期の補助金を用意するだけです。この初期の補助金は市場の開始時における流動性の提供に用いられます。初期確率分布を設定し初期の補助金提供のコストを相殺するため、市場作成後すぐに株式を購入することが推奨されます。 もう一つの、次のリリース後に控えている主要な機能は、参加者が市場の補助金をクラウドファンディングする機能です。より大きい額の補助金はより正確な確立集約の結果となり、ユーザーが初期に株式を購入するインセンティブにもなります。補助金は5イーサから50イーサ、あるいはそれ以上の金額です。負担を軽減するため、市場作成者がこの初期の補助金をクラウドファンディングするための簡単なツールをリリースするつもりです。 もう一つの予定されている機能は、一層モジュラーなコードベースです。近々、新たな市場スコアルール、オラクルそしてトークンの実装はスマートコントラクトの開発者にとって単純でオープンなプロセスになります。 汎用的なスタンドアローンオラクル市場の構築とともに、真の群衆による参加とカスタマイズを可能にすることはGnosisのビジョンの主要な部分です。これはGnosis上での自分の予測市場アプリケーション作成のための一層シンプルなツールに向け徐々に進化していきます。予測市場は驚くほど広範な利用ケースに用いることができ、ギャンブルや金融の用途からガバナンス、保険、そして情報収集まで多岐にわたります。私達のエコシステム向けにカスタマイズツールを作成するのは必須であり、人々が予測市場アプリケーションを始めるのをフェイスブックページの設置と同じぐらい簡単にするだろうと私達は考えています。利用ケースそれぞれが独自のインターフェースを必要とし、異なった規制経路を要する可能性があります。 Gnosisでこれらの機能が稼働するのを、そして今後の計画についての更新をお楽しみに。 (ソース元記事:https://media.consensys.net/a-wild-gnosis-appears-in-beta-5c085dae2d7c)
イーサリアムとは?ビットコイン+全てを意味する

イーサリアムとは?ビットコイン+全てを意味する

2016/01/07 at 12:30 AM 0 comments
この記事は「Just Enough Bitcoin For Ethereum」(「イーサリアム理解のための最低限のビットコインの基本」)の続編です。イーサリアムを理解し始めるために必要(それより多くも少なくもなく!)な予備知識は全てそこで見つけることができます。   初めてプログラミング言語でオブジェクトを使い始めた時のことを覚えていますか?あるいは関数型プログラミングを初めて試した時のことを?直感的に分かるようになる前に、概念のレベルであなたの頭がグルグル回ったことを思い出せますか?ブロックチェーンへの適応は、オブジェクトや関数型への適応とよく似ていますー最初は混乱するが、最終的に明白になる。このシリースのパート1で、ビットコインブロックチェーンを理解することによって、一般的なブロックチェーンの仕組みについて学びました。この記事では、あなたのブロックチェーンへの適応を育て始めるため、イーサリアムブロックチェーンについて論じ始めます。ブロックチェーンのやり取りの構築方法への直感を育てることは、今後長年に渡ってあなたに配当をもたらすでしょう!   まず始めに、アカウント、トランザクション、そしてメッセージに関するイーサリアムのホワイトペーパーの3つの節を読んで下さい。望むなら残りも読んでいいですが、「Just Enough Bitcoin For Ethereum」(「イーサリアム理解のための最低限のビットコインの基本」)を読んでいるなら、あなたは基本の技術的基礎をすでに理解しています。ビットコインのホワイトペーパーを読んだ時と同じく、一回目の読み通しで何か意味が分からない部分があっても、焦らないでください。そのうち分かってきます。   コントラクトで考えよう!   スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で保管され実行されるコードのことです。ユーザーインターフェースを追加すれば、スマートコントラクトは分散型アプリケーション、いわゆるDapps(ダップス:分散型アプリケーション)のバックエンドの機能を果たします。ビットコインブロックチェーンに関する理解とともに、ビットコイントランザクションを3つの入力と2つの出力を持つシンプルなプログラム(ビットコインの本来の入力と出力の概念の濫用ですが、今は気にしないで下さい)と考えることは有用かも知れません。 入力は送信するビットコインの合計、送信元アドレス、そして到着先アドレスです。出力は予め指定されたアカウントで、それぞれが送信を示す新たな残高を持ちます。採掘されたトランザクション(mined transaction)とは、このシンプルなプログラムが与えられた入力で実行され一連の出力が発生したことの公開の記録です。ビットコインの場合、この送信プログラムが唯一の存在するプログラムであり、よって全てのノードは与えられた入力について出力が意味をなすか検証する方法を知っています。   イーサリアムは単なる送金を超えて、チューリングマシン上でプログラム可能なあらゆることまで可能なプログラムの範囲を広げます。コンピューターサイエンスのコースで寝ていたのなら、プログラムされる事ができることなら何でもイーサリアム上でプログラムされることができるということです。   EVM(イーサリアム仮想マシン)をネットワークの全てのノードに配置することにより、イーサリアムはこの複雑性を可能にします。EVMは他の仮想マシンと概念的に異なるものではありません。例えば、あなたは既にJava仮想マシン(JVM)をよく知っているかも知れません。JVMコードがJVMがホスティングされている全てのマシンで動き、同じ入力のセットが同一の出力を生成するように、EVMは、入力のセットに基づいたあらゆるEVMコードの正しい出力についてイーサリアムブロックチェーンがコンセンサス(合意)に達するのを可能にします。   ビットコインブロックチェーンのフルノードはゼロブロックまで遡って全てのトランザクションを保管します。イーサリアムブロックチェーンのフルノードはそれに加えて、特定のアカウントに関連付けられる静的コード(あれば)とそのコードの現在の状態を保管します。   アカウントで保管された、数字を入力として受け入れ、その数字を実行中の合計に追加し、前回の合計を新しい合計で置き換える簡単なプログラムを想像してみてください。二つのアカウントがトランザクションをこのコントラクトのアカウントに送信し、一つは5を入力、そして二つ目は2を入力します。イーサリアムブロックチェーン上に保管されるのは:   アカウントとその静的コード アカウントの現在の保管の状態、合計が7に設定 過去のアカウントの保管の状態、合計が5に設定 過去のアカウントの保管の状態、合計が0に設定 3つのトランザクション記録: コードが最初に保管された時の、5を入力したアカウントからの、そして2を入力したアカウントからの。   別のアカウントに保管された(必須)似たようなプログラム、同じことを行うが、それぞれがトランザクションの送信者と送信者が提供した入力を表すアドレスを含む2つのフィールドを持つ構造体(構造化されたデータ配列のテンプレート)の線形配列も保管するものを想像してみてください。二つのアカウントがトランザクションをこのコントラクトのアカウントに送信し、一つは5を入力、そして二つ目は2を入力します。イーサリアムブロックチェーン上に保管されるのは:   アカウントとその静的コード。 アカウントの現在の保管の状態、合計が7に設定、そして二つの構造体を含む配列。 過去のアカウントの保管の状態、合計が5に設定、そして一つの構造体を含む配列。 過去のアカウントの保管の状態、合計が0に設定、そして一つの空配列。 3つのトランザクション記録: コードが最初に保管された時の、5を入力したアカウントからの、そして2を入力したアカウントからのトランザクション。   今、このアカウントの過去の状態を簡単に再構成し、どのアカウントがそれとやり取りしてそれらの状態を作り出したか見ることができます。ただし、このパターンは避けるべきです。なぜ?上の例では、配列に保管された全てのデータはブロックチェーン自体を使って再構成することできたはずだからです。この時点で悪知恵の回る読者は、これまで記述されてきたようなイーサリアムブロックチェーンのデータを破壊するいくつかの方法を既に想像できたでしょう。次に私達はどのようにイーサリアムがそのノードのハードドライブやCPUに対するDoS攻撃を防止するか、そして開発者とユーザーの両方にとってその対策が何を意味するかについて学びます。それは、一つは、開発者がデータを書き込むタイミングの決定について思慮深くなる必要がある事を意味します。   ガスの価格   誰かが10テラバイト分の静的コードを持つコントラクトをアップロードしネットワークのフルノードのストレージを枯渇させるのを阻止するのは何でしょうか。あるいは無効にCPUを継続的に回すコントラクトを?イーサリアムのトランザクションはビットコイントランザクションと同様、トランザクションを処理しネットワークを保護するインセンティブをマイナーに与えるための手数料がかかります。ただし、イーサリアムの手数料は「ガスコスト」の形を取ります。車が距離を走るために一定のガロンのガソリンを必要とするように、イーサリアムトランザクションはCPUサイクルを回す、あるいは一定データの保管のため一定のイーサを必要とします。単純に、イーサが希少で貴重なリソースであるおかげで、DoS攻撃は防止されます。いたずらを行うため自身の富を焼却したいブロックチェーン大富豪は、しばらくの間ネットワークを減速させることが出来るかも知れませんが、この無法なトランザクションのブロックを勝ち取ったマイナーにとっては最高の給料日でしょう!   これは開発者とユーザーにとって何を意味するのでしょう?ブロックチェーンのローカルコピーから読み取るのは無料ですが、書き込むのと、それで計算を行うのはそうでありません。なぜなら、特にストレージが高価で、書き込まれたデータは永久に保管される必要があるからです。CPUを回すのは比較的に安価です。非ブロックチェーンの文脈では、すでに割当てられたと考えられるメモリについてアカウントのストレージの状態を変更する操作を書くのは常に保管の操作です。なぜなら過去の状態は常に保存されるからです。イーサリアムはチューリング完全なので、あなたが動画エンコーダーを書いてブロックチェーンで公開するのを止めるものは何もありません。ただ、とてもおそらくそれを使うコストを払えないでしょう。そのようなプログラムのコードが少なくとも数千行であると仮定して、保管だけでもさほど安価ではないでしょう。実際的なイーサリアムコントラクトの能力に関する良い経験則は、「1999年のスマートフォンで実行できるか?」です。   開発者として、これはコードの効率性についてよくよく考える必要があることを意味します。特にストレージの効率を、ですがCPUサイクル一つ一つがユーザーにお金の負担をかけます。2つのコントラクトが同じことを行う場合、より効率的な方の勝ちで総取りします。   さて、スマートコントラクトの理論的な可能性と実際の限界が分かったところで、何がスマートコントラクトをとてもクールなものにしているのでしょう?   実世界の例   スマートコントラクトが実現するインフラレス政府や他の変革のアイデアについて世界に向けて熱弁を振るう前に、あなたのやる気を高め考えさせる、単純な実世界のスマートコントラクトの利用ケースを見ていきましょう。   私のバンドが素晴らしいニューアルバムのレコーディングを終えて、ファンとシェアしたいとしましょう。問題は私達はパンクロッカーであり、iTunesであってもYouTubeであろうと、奴らは「ザ・マン」であると。考えとしては、100部のアルバムの限定エディションレコードを制作して買った人を全員登録し、購入者オンリーの限定ライブ(馴染みのイケてる安いバーで)に招待する。オールド・インターネットだったら、PayPalのようなものを使って支払いを受付けたでしょう。PayPalは毎回の取引ごとに手数料を引き、私達はアルバムを郵送し、スプレッドシートで毎回の郵送を記録して、101人目の人になったら購入申込にノーと言う。この提案は全体的に安定性がなく、アーティストやファンがどちらも追加のお金を払ってチケットマスターやBandcampなどの中間業者を通じて取引しているのは驚きではありません。幸運にも、私達のドラマーにはいくらかのイーサリアムスマートコントラクトを書いた経験があり、なのでこれを実現するため、私達はシンプルな「登録簿」をコーディングすることにしました。   登録簿コードは単純です。 3つの関数からなります:purchase、 provePurchase、そして claimAlbum。あるファンがウェブページを通じて、指定された額のイーサをコントラクトのphrchase関数に送ります。金額が指定された価格より大きいか等しい場合、カウンターが増やされ、送信元アカウントのイーサリアムアドレスが2つのフィールド、アドレスと0に設定された要求された整数を持つ配列に記録されます。カウンターの増加が100を超過した場合トランザクションは失敗します(ファンのイーサは返金されます)。   購入後、そのファンは私達にレコードを送付する住所を送信します。それを行うには、claimAlbum関数が購入時から送信元アカウントに関連付いた構造体を見つけ、要求されたフィールドを1増加させます。要求されたフィールドが1に等しい場合だけ、私達のウェブページはファンの住所を受付け、その住所にレコードを発送します。purchase関数とやり取りするのに使われたのと同じアカウントを用いてトランザクションをclaimAlbum関数に送ることを、アドレス受付けの条件としたので、実査にアルバムを買った人々の住所のみ受け付けること、そして単一のコピーだけが送付されることが確保されます。   私達のビッグショーの時が来たら、アルバムを買わなかった人が潜り込むような事態をどう防止できるでしょうか?ここで、provePurchase関数を使います。入り口にiPadを備えるので、人々はアルバムを購入したアカウントを使ってprovePurchase関数へのトランザクションを署名できます。コントラクトのストレージ配列にアカウントが存在するなら、provePurchaseはtrueを返し、彼らがアルバムを買ったことがはっきりします。この場合警備員は彼らを通します。   それだけではなくアルバムが限定であるという私達の約束を、ファンは購入前に確認できます。イーサリアムコントラクトは「コンテンツアドレス」化されており、これはそのソースコードがオンチェーンでコードがアドレス指定可能なローケーションにハッシュすることを意味します。コントラクトコードをオープンソースとして提供することで、誰でもソースをハッシュしてコントラクトで結果のアドレスを見ることで、独自にコードの機能を実証できます。   ここで記述されてきたことは、一部の細部が省略されたナイーブな実装ですが、スマートコントラクトがいかに中間業者を排するものかあなたに考えさせるのには十分だと思います。例えば、Ujoミュージックはこれらのアイデアを非常に堅牢かつ絶対確実な形で実装し、アーティストの判断に基づくストリーム配信、再販売可のダウンロードなどをマイクロ決済を可能にしました。その上、アーティストは稼いだ金額の100%をキープします。ブロックチェーンがほぼ無料で提供するセキュリティに対し、人々はアップル社に売上の30%を払っています。   ブロックチェーンの世界にようこそ   今や私達は、任意の複雑なコードを書いて、ブロックチェーン上に保管し、コンテンツのハッシュを使ってそれを見つけ、コード内の関数が呼ばれた時ネットワークの全ノードで実行されることを期待することが出来ます。実行コードの結果のコンセンサス(合意)はストレージにあるコードの状態変化の有効性に基づき達成されます。これらの複雑なトランザクションはビットコインのトランザクションと全く同じように採掘されます。私達がブロックチェーンにアップロードするコードはコントラクトと呼ばれ、分散型アプリケーション、またはDappの事実上のバックエンドです。「スマートコントラクト」の概念は、結果としてそれが持つ利点(破ることができない合意と可能な入力ごとに予測可能な結果の不変の公的記録)の点と限界(弁護士より安いが完全無料ではない)の点の両方で、イーサリアムで動くコードの仕組みのなかなか良いメタファーでしょう。   さあ、今から自分がそこにいたい未来を構築しましょう!   参考: General Ethereum documentation Solidity言語マニュアル(Solidityは2016年1月の時点で最も開発が進んだEVMの言語) イーサリアム sub reddit (皆親切です!質問しましょう!)   By Mike Goldin   (ソース元記事:https://medium.com/@ConsenSys/ethereum-bitcoin-plus-everything-a506dc780106)
イーサリアムを理解するためにビットコインの基本を理解しよう

イーサリアムを理解するためにビットコインの基本を理解しよう

2015/10/13 at 12:37 AM 0 comments
  イーサリアムを理解するためにビットコインの基本を理解しよう Just Enough Bitcoin for Ethereum   まさに光陰矢のごとし!新世代のプログラマー達は既にビットコインを一足飛びして直接イーサリアムに取り組んでいます。これらのプログラマー達はこれまで暗号通貨にあまり関心がなかったかもしれませんが、彼らは任意の(チューリング完全!)複雑度のトラストレスなトランザクションをプロビジョニングするイーサリアムに惹かれています。彼らのイーサリアムに飛び込みたいと言う望みを責めることはできない一方で、イーサリアムは根幹の技術の多くをビットコインから直接から抽き出しています。この一連の記事で、新人イーサリアム開発者のために、イーサリアムの仕組みの理解のための最低限のビットコインの基本を説明し、かつてオブジェクトへの適応の感覚を育てたように、コントラクトへの適応を育てていく途を探り始めていきます。   これは2部に渡るシリーズのパート1です。パート1、「イーサリアム理解のための最低限のビットコインの基本」では、ビットコインの理解に焦点を合わせます。パート2、「イーサリアム:ビットコイン+その他全部」では、どのようにイーサリアムがビットコインのブロックチェーン技術を拡張するかを見ていきます。   イーサリアム理解のための最低限のビットコインの基本 Just Enough Bitcoin for Ethereum   ブロックチェーン The Blockchain 根本的に、ブロックチェーンは状態の変化の公開の記録です。誰でも一定期間中のブロックチェーンの状態の変化を、トランザクションがブロックチェーンの規則に則って行われたかについて数学的な確度で自ら監査できます。ビットコインの場合、この規則はシンプルなものです:二重支払いはだめで、起源は有効ブロックのマイニング(採掘)まで遡って追跡可能でなければならない(マイニングについて詳しくは後で)。私達の旅の始まりにおいて、あなたに暗号学の知識が全く無かったとしても、ビットコインのホワイトペーパーを読む事を勧めます。暗号学的基盤については追って解説します。ビットコインのホワイトペーパーは短く、本当に私達に関係するのは最初の6節だけです。 ナカモトサトシのビットコインのホワイトペーパー:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf [1–6節を読むこと]   ブロックチェーントランザクションの暗号学的基盤 Cryptographic Underpinnings of Blockchain Transactions 暗号学のバックグラウンドを全く持たない人間として、ホワイトペーパーのトランザクションの説明を読んだ私は混乱しました。これは、アセットの履歴を現在までトレースすることによる、ある時点でのアセットの所有権を証明するよう設計された仕組みであると私達は理解すべきです。しかし、公開鍵とは?ハッシュ?これらはどのように私達がアセットの所有権を証明するのを助けるのか?暗号学のクラスを取ったことがないなら、これらの重要な機能に関するハイレベルの説明について、下のKhan Academyの動画を見ましょう。 ハッシュ関数(Khan Academy) 電子署名(Khan Academy)   (Satoshi Nakamoto, Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System)   さて、ホワイトペーパーのトランザクションの図を振り返りましょう。ここで、所有者2の公開鍵と前回のトランザクション(ビットコインが所有者1の所有となったトランザクション)の両方を単一のダイジェスト(ハッシュ関数のアウトプット)にハッシュしています。このダイジェストは次にオーナー1の秘密鍵で署名されます。未来において、発生が主張された状態の変化を署名検証アルゴリズムに入力するによって、だれでも所有者2によるそのビットコインに関する主張を検証することができますービットコインの合計と所有者2の公開鍵(この金額の所有者2への移転を示す)、所有者1の公開鍵(ビットコインの移転が所有者1からであることを示す)、そしてトランザクションの署名された書式(ブロックチェーン上で公開、提供されたダイジェスト、トランザクションが起こった時に記録される)。所有者2が正確に示した状態変化が確かに所有者1の秘密鍵で署名された場合のみ、所有者1の公開鍵がオンチェーンの署名されたトランザクションについて、署名されたトランザクションのダイジェストの有効性を主張できます。このプロセスは、全ての所有権のチェーンが有効であることを証明するため、ビットコインの起点まで再帰的に繰り返すことができます。   おそらく、この時点であなたはたくさんの質問を抱えており、エッジケースについて考えているでしょうー所有権のチェーンはどのように始まるのか?移転においてビットコインの合計はどのように指定されるのか?驚くべきことに、イーサリアムのためにあなたが理解する必要があるビットコインの仕組むはこれぐらいです。次に、ホワイトペーパーの3から6節までを見ていき、これらのエッジケースの一部がどのように解決されるのか解明していきます。     ブロックチェーン上でネットワークの合意を生み出すことにおけるマイニングの役割 The Role of Mining in Creating Network Consensus on the Blockchain 全てのビットコイントランザクションはネットワーク全体にブロードキャストされ、これらのトランザクションは(上で記述された方法とほぼ同じものを用いて)正当性を確認するマイナーによって集められ、それらの全ての有効なトランザクションを「ブロック」に含めます。ブロックの内容は次に、結果のアウトプットが一定数のゼロで始まるまで(ノンスと呼ばれる)増加する乱数でハッシュされます。ネットワークはネットワークは動的に必要な始まりのゼロの数(または「難易度」)を調節し、ブロックが平均で10分ごとに採掘されるようにします。ハッシュアルゴリズムに結果が予測不可能のため、ネットワークが受け入れる有効なハッシュを見つけるのに、運とCPUパワーの両方が必要です。持っている計算能力が大きいほど、誰よりも早く有効なハッシュを見つける可能性も大きいと言えます。有効なブロックが「採掘」されると、それは残りのネットワークによってブロードキャスト、テストされます。他のノードは直近の正当なブロックを元に、含まれた状態の変化の筋が通っているかどうか、ブロックを正当な最新のネットワークの状態として受け入れる前に全てのトランザクションの署名が有効か、そしてブロックと提供されたノンスが有効なダイジェストにハッシュするか、テストします。次に、ブロックは各ノードのローカルのデータベース内で、これまで採掘されたブロックからなる現行の「チェーン」の頭に追加されます。   所有権のチェーンはどのように始まるのか?ビットコインプロトコルはブロック採掘者に対し、各ブロックに25BTCのトランザクションを含めることが認められると指定しています。この25BTCはシステムから発生するもので、マイナーがネットワークを支えるインセンティブです。所有権のチェーンがこれらの特別なトランザクションまで遡れる場合ビットコインは偽造ではないと証明されることができます。確かに、これが新たなビットコインが生成される唯一の方法です。   ネットワークに接続された全ノードの合計計算能力の51%が正直で共謀していないユーザーによってコントロールされている限り、ビットコインは安全です。ネットワークの51%をコントロールする悪意あるユーザーはビットコインでコーヒーの支払いをして、(この人物のトランザクションの直前の状態から)詐欺的にコーヒーの購入を省いたブロックを採掘できます。ネットワークがそれより先立って数ブロック進めていたとしても、ネットワークの馬力の51%を持つこの人物が追いつくことは避けられません。ビットコインプロトコルが最長のチェーンを正当なものとして受け入れることを要求するため、悪意あるユーザーは、この人物による騙しがあったことを示す放棄されたブロックチェーンのサブツリーが存在したとしてもこの盗難の責めを負いません。     特別単位:ビットコインにおけるUTXO ビットコインでは、保持するビットコインは無限に分割可能な通貨単位の、そこから入出金できるプールを包含しません。その代わりに、ビットコインユーザーはUTXO(未使用のトランザクションアウトプット)によって扱います。マイナーが「鋳造されたばかりの」25BTCを1BTCのコーヒーに使いたい場合、トランザクションのインプットとして25BTC(UTXO)全体を指定し、トランザクションの2つのアウトプット(一つは販売者のアドレウスに1BTCを送り、もう一つは24BTCが「お釣り」として購入者のアドレスに戻される)を指定する必要があります。もう一杯のコーヒーを買う場合、その24BTCが単一のUTXOを包含します。より高価な品物と交換するためトランザクションインプットで組み合わされたUTXOは、販売者によって新しい単一のUTXOとして受け取られます。イーサリアムはUXTOを用いませんーイーサリアムでは、アカウント残高は分割可能です。   今やあなたは、ビットコインブロックチェーンの仕組みの基本を理解するのに必要な全知識を持っています。頭が回るでしょう!まだ完全に分からなくても残念に思わないでくださいー何日か頭の中に置いておけば、夢の中で分かり始めてくるでしょう。そうなったら、ビットコインブロックチェーンとよく似たものが、プログラムコードのインプットも公に共有されている時いかに任意な複雑性を持つ計算のアウトプットの証明に使えるか想像し始めるかもしれません。実際の所、それこそがこのシリースのパート2で探っていくことです。その時までさようなら!   マイクのシリーズの次のパート「イーサリアム:ビットコイン+その他全部」をお楽しみに。Stay tuned for the next part in Mike’s series, “Ethereum: Bitcoin Plus Everything”.   執筆:マイク・ゴールディン Written by Mike Goldin   エヴァン・ソンのデザイン、アイコンはthenounproject.comから Designed by Eva Shon, with icons from thenounproject.com   (ソース元記事:https://media.consensys.net/time-sure-does-fly-ed4518792679)