タグ: "ビットコイン"

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part23 ~再度ハッキング。しかし…~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part23 ~再度ハッキング。しかし…~

2018/06/21 at 2:55 PM 0 comments
6月21日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は徐々に回復の兆しを見せています。しかし、再度発生したハッキングの影響により、伸び悩んでいます。 今回焦点を当てる期間は2018年6月14日〜2018年6月21日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月14日~6月21日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安721,088 - 最高766,164(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は先週の価格暴落の影響を受けており、引き続き価格帯は落ち込んだままです。今週の終盤に回復の兆しを見せたものの、先週とは別の韓国仮想通貨取引所Bithumbで起こったハッキングにより、上昇傾向は維持しているものの、伸び悩んでいます。 今回の記事では、度重なるハッキングの話題に関して言及したのち、今後の予想を記していきます。 連発するハッキング事件 Bithumb(ビットサム)のハッキング 先週のCoinrail(コインレール)でのハッキング被害に引き続き、Bithumbでもハッキングが発生しました。しかし、今回のハッキングによる大幅な仮想通貨市場価格下落の影響はありませんでした。確かに、ビットコインを含む仮想通貨市場が強気傾向を迎えたタイミングに起こった事で、大きな上昇を阻む要因とはなったかもしれませんが、下落を引き起こすには至りませんでした。これに対してLitecoinのFounderであるチャーリー・リー氏は、「ハッキングは銀行強盗と同じようなものであり、それが金の価格に変動を及ぼさないように、ビットコインの価格も影響されるようなものではない」と主張しました。 「According to Lee, the price drop is a typical reaction of the market to the news about the hack, and “it happens all the time,” because people get scared. According to Lee, the hack of a crypto exchange does not affect Bitcoin’s (BTC) fundamentals just in the same way as a bank robbery should not affect the price of gold:“If the exchange does not protect the coins well enough and gets hacked, it doesn’t really change the fundamentals of the coin they are protecting.”」(引用:https://cointelegraph.com/news/bithumb-hack-does-not-change-bitcoin-fundamentals-says-litecoin-founder-charlie-lee) ハッキングされるという恐れから、多くの人は仮想通貨を持つといった事に恐れを抱き、マーケットにネガティブな影響を与える事につながっていましたが、根本的な考え方はリー氏の見解が正しいのかもしれません。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、6,800USD付近のレジスタンスをテストしようとしています。下方には、以前の底値6,200USDからの上昇トレンドラインが形成されており、BTC価格が強気傾向にある事が伺えます。 (引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-price-analysis-june-20) 長期的なチャートを見ると、以前から継続する弱気トレンドラインが現在7,100USD付近に形成されています。5月から続くこの弱気トレンドラインをブレイクする事が、今後のビットコイン価格の上昇のカギとなるでしょう。また、ブレイクする事ができれば7,700USDレベルへの回復も期待できます。 「If the bulls manage to break out of the 20-day EMA, the BTC/USD pair should rally to $7,700 levels. The 20-day EMA is flattening out, which shows that the selling pressure is waning.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-iota-price-analysis-june-20) 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
【相場】イーサリアム チャート6月21日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月21日価格推移

2018/06/21 at 1:02 PM 0 comments
6月21日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月21日予測:サポートを維持 ETH価格はUSD、BTCに対して、昨日の急上昇後の失速から、価格下落が危惧されていましたが、サポートエリアを維持することに成功しました。それにより、ETHの価格は引き続き強気傾向にあり、$510.00レベルを維持する限り価格の上昇が見込まれます。 ETH/USD、レジスタンスをテスト 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$520.00付近に強固なサポートを形成しています。現在は上方の$540.00レジスタンスをテストしています。 ETH/USD30分間足チャートから、強気テリトリーの中、価格上昇を継続していることがわかります。昨日の失速により生じた弱気トレンドラインをブレイクすることに成功し、$520.00レベルにあったサポートエリアを維持することに成功しました。以前の価格下落は下方調整と考えられます。現在は$540.00レベルのレジスタンスをテストしている状態です。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、$510.00から始まる強気トレンドラインが形成されています。 ETH/USD30分間足チャートでは、強気トレンド状態にあり、上昇トレンドライン上を推移していることがわかります。ペアは$500.00上部を維持しており、$520.00付近にサポートを形成しています。今回の上昇トレンドを継続させることが価格上昇のカギを握ります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間足チャート上、昨日ブレイクした0.0780BTC上部を維持しており、0.0800BTCレベルを超える動きを見せています。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0780BTCを超えて以来、未だにその上部を維持しており、現在は以前からのレジスタンスである0.08000BTCを越えようとしています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$540.00と$550.00 重要なサポートレベル:$520.00と$500.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、強気傾向にはありますが、売り圧が買い圧に勝っています。直近の$540.00レジスタンスをブレイクすることが、今後のETH価格上昇への最低条件と考えられます。一方で、ハッキングの問題等が発生している中で、サポートエリアを下回ることなく、維持したことは大きなことでした。20日には多くの仮想通貨が下落しましたが、本日は一転として上昇しています。短期的な動きも、本日のような上昇傾向を維持することは大いに期待できます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月20日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月20日価格推移

2018/06/20 at 4:36 PM 0 comments
6月20日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月20日予測:一時的大幅上昇 ETH価格はUSD、BTCに対して、強気トレンドの元、大きな価格上昇が見られました。しかし、それは一時的な上昇であり、現在は若干の価格下落を引き起こしています。サポートエリアである$520.00から$525.00を推移している状態です。 ETH/USD、上昇するも失速 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$525.00のレジスタンスを一度はブレイクしたものの、現在は価格後退し、再びテストする形となっています。 ETH/USD2時間足チャートから、$500.00レジスタンスから、一瞬にして大きく価格の上昇を行った事が見て取れます。それからの強気トレンドラインは現在も形成されています。ポジティブか傾向にはありますが、現状から下落する事は大いに考えられそうです。上方に存在する$550.00レベルのレジスタンスをテストし、失敗したことで、現状の価格帯に落ち着くこととなりました。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$525.00から$520.00サポートエリアを推移しています。 ETH/USD30分間足チャートでは、$520.00レベルのサポートエリア付近を推移していることがわかります。今回の強気トレンドが形成した強気トレンドラインによるサポートを下回ってしまいました。それにより、このサポートエリアを維持することが重要となります。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTC30分間足チャート上、0.0780BTCをブレイクし、更なる上昇が期待されます。 ETH/BTC30分間足チャートでは、USDに対する動き同様、大きく価格が上昇しました。しかし、現在は0.0800BTCレジスタンスにそれ以上の上昇を阻まれています。そのレジスタンスを再びテストしそうです。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$540.00と$550.00 重要なサポートレベル:$520.00と$500.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は、売り圧が買い圧を圧倒していることから、弱気傾向に移り変わってしまう可能性が大きく考えられます。しかし、上述した様に、$520.00レベルのサポートを維持することができれば、現在の強気トレンドを継続することが可能です。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/) 事実、売り圧が高まっており、弱気傾向に向かいそうなのには、ある原因が考えられます。それは、仮想通貨取引所ビトソム(Bithumb)が約350億円のハッキング被害を受けたことです。最近頻発しているハッキング問題に終止符は打たれるのでしょうか。それに伴う価格の変化を防ぐためにも、取引所の管理体制の強化を万全に整える必要があると考えます。 仮想通貨取引所ビトソムがハッキング被害 会社保有コイン350億盗難 https://t.co/JS5aKgpjGB — 岡三マン (@okasanman) 2018年6月20日
【相場】イーサリアム チャート6月15日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月15日価格推移

2018/06/15 at 5:13 PM 0 comments
6月15日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月14日予測:ETH、$500.00レベル以上維持できるか? ETH価格はUSD、BTCに対し大きく回復しました。ETH/USDがさらに回復するには$500.00レベル以上に留まる必要があります。 ETH価格分析 ETHは昨日の弱気な状態から一転して、大きく上昇することに成功しました。ETH/USDは$450.00レベルが強いサポートとなり、$500.00以上へ上昇することに成功しました。 ETH/BTCは00750BTCピボットレベルを超えることに成功し、現在0.0800BTCに向かって上昇していると考えられます。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上、$490.00~500.00付近で強いレジスタンスをブレイクしました。 ETH/USD2時間足チャートを見ると、$460.00でサポートが形成されていることがわかります。強い下降トレンドにより、$460.00~450.00のサポートゾーンがブレイクされる可能性も危惧されました。しかし、$460.00付近で大量の買い注文が入り、1本のロウソク足で下降トレンドラインと$500.00レジスタンスを超えることに成功しました。 【ETH/USD30分足チャート】 ETH/USD30分足チャートに移ると、$450.00付近まで下落した後、緩やかな上昇トレンドラインが形成されたことがわかります。上昇トレンドラインはブレイクされましたが、$460.00付近でサポートされ短時間で$520.00まで上昇しました。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0750BTCピボットレベルを大きく超え、0.0780BTCレジスタンスにチャレンジしました。 ETH/BTCもETH/USD同様大幅に上昇し、0.0770BTC付近で安定しています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$520.00と$550.00 重要サポートレベル:$500.00と$450.00 Forecast(予測) 上昇が急であったため、短期的には下方修正を行う可能性も考えられます。しかし$500.00レベルを下回らない限り、上昇を継続するでしょう。$520.00レベルをブレイクした場合、重要である$550.00~560.00レジスタンスゾーンをテストすると予想されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【相場】イーサリアム チャート6月14日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月14日価格推移

2018/06/14 at 6:46 PM 0 comments
6月14日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月14日予測:ETH、$500以下へ急下降 ETH価格はUSD、BTCに対しさらに弱気なゾーンに移っています。ETH/USDは現在、$500.00サポート以下に位置しており、さらに下降する可能性も考えられます。 ETH価格分析 昨日は$535.00付近にある重要なレジスタンスについて分析しました。ペアはこのレジスタンスのブレイクに失敗し、結果的に$510.00サポート以下に下降することになりました。 【ETH/USD30分足チャート】 ・重要な下降トレンドラインがETH/USD2時間足チャート上$473.00付近でブレイクしました。 ETH/USD30分足チャートを見ると、ペアが$520.00、$510.00レベル以下で鋭く下降していることがわかります。強いサポートであった$500.00レベルもブレイクされ、上方修正を開始する前に一度$450.00付近まで下降しました。 ETHはその後、重要な下降トレンドラインのブレイクに成功し、現在$485.00レジスタンスに挑戦しています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格は$535.00レジスタンス以上へ上昇することに失敗し、USDに対し下降しました。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、レンジ相場により形成された$510.00サポートがブレイクされたことがわかります。一度$450.00付近まで下降しましたが、上方修正を行い、現在$485.00でレジスタンスを伴う下降トレンドラインにチャレンジしています。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTCはさらに下降し、0.0750BTCサポートレベルをブレイクしました。 ETH/BTCもETH/USD同様に弱気な圧力を受け、0.0780BTC以下で下降を継続しました。ペアは0.0750BTCもブレイクし、短期的な下降トレンドを形成しました。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$485.00と$505.00 重要サポートレベル:$460.00と$450.00 Forecast(予測) 上昇するにはこのレジスタンスと$505.00、$510.00付近のレジスタンスエリアをブレイクする必要があります。ETH/USD2時間足チャート上の下降トレンドラインをブレイクできなかった場合、$400.00まで下降する可能性も考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part22 ~ハッキング再来~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part22 ~ハッキング再来~

2018/06/14 at 1:48 PM 0 comments
6月14日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は一週間を通して右肩下がりでした。現在も弱気傾向が続いています。ビットコインに限らず、仮想通貨市場全体が落ち込むこととなりました。 今回焦点を当てる期間は2018年6月7日〜2018年6月14日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (6月7日~6月14日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安701,706 - 最高977,963(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は韓国の仮想通貨取引所で起こったハッキング被害からの仮想通貨に対する不信感が募り、大暴落しました。仮想通貨全体市場規模も約3兆円の縮小を記録し、現在もネガティブな状況は続いています。今回記事は、下落要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 長期的な弱気傾向 Coinrail(コインレール)のハッキング 上述したように、韓国での仮想通貨取引所でのハッキングが今回の弱気傾向に拍車をかけています。先の24時間で、マーケットキャップ上位10番以内の仮想通貨は 全て、USDに対して約10%の価格下落を起こしています。 この事件により、仮想通貨に対する疑心感が増し、強大な売り圧が発生しました。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、6,000USD付近のサポートエリアをテストしています。これは2017年の11月と同じほどの価格帯であり、年始に大きく価格上昇を果たしたビットコインの価格が、一年越しに戻ってしまいました。さらに、去年の7月から形成されていた長期的な上昇トレンドラインをついに下回ることとなりました。そのトレンドラインと以前ビットコインが記録した$20,000と$10,000のシンメトリカルトライアングルも崩壊することになりました。 「It has been a rough week for the BTC market so far, with the price of bitcoin having lost roughly 15% in the last four days. The accelerating selling pressure can be attributed to bitcoin’s failure to break above the long-term symmetrical triangle comprised of an ascending trendline running from July 2017, and a descending trendline connecting the all-time of $20,000 to the local high of $10,000.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-crypto-markets-tests-key-support-levels/) 以前のサポートであった$6,600USDレベルに回復することが、この弱気傾向に終止符を打つポイントとなるでしょう。現状は$6,000USDのサポートをテストしており、これを割ってしまえば、更なる価格の下落を引き起こす可能性があります。 「As of this writing, the immediate price action shows BTC trading for approximately $6,300 after producing a small bounce following a sharp drop down to $6,100. The bitcoin markets are yet to retest the prior local support area of roughly $6,600. In breaking below the symmetrical triangle, BTC has formed a descending triangle, with current price action testing the $6,000 resistance area for the third time this year.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-crypto-markets-tests-key-support-levels/) 今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
ヴィタリック:イーサリアムのトランザクション数がやがて毎秒100万回に到達することを予想

ヴィタリック:イーサリアムのトランザクション数がやがて毎秒100万回に到達することを予想

2018/06/13 at 5:46 PM 0 comments
イーサリアム(Etherum)の創始者、ヴィタリック・ブテリン氏がOmiseGOのYoutubeチャンネル上で、シャーディング、プラズマなどのセカンドレイヤー・ソリューションにより、スケーラビリティ問題の解決が可能であり、約毎秒100万かそれ以上のトランザクション数を処理できるようになると予測しました。 大規模なブロックチェーンネットワークにおけるスケーラビリティ問題 2017年9月に行われたTechCrunchのコンファレンスで、ブテリン氏はブロックチェーンがVisa、Nasdaq、IoTネットワークなどに対応するには毎秒数千ものトランザクションを処理する必要があると主張しました。 「ビットコインは現在毎秒3トランザクションに近い数を処理しており、4に近付くと最大容量に到達してしまう。イーサリアムは毎秒5トランザクションを処理しており、6を超えると、最大容量に達してしまう。一方でUberは平均して毎秒12の乗車データを処理しており、PayPalは数百、Visaは数千、大規模な株取引所は数万、そしてIoTになると何十万ものトランザクションを処理しなければならない。」ーヴィタリック・ブテリン “Bitcoin is currently processing a bit less than three transactions per second and if it goes close to four, it is already at peak capacity. Ethereum has been doing five per second and if it goes above six, then it is also at peak capacity. On the other hand, Uber on average does 12 rides per second, PayPal several hundred, Visa several thousand, major stock exchanges tens of thousands, and in IoT, you’re talking hundreds of thousands per second,” ーVitalik Buterin (引用:https://www.youtube.com/watch?v=WSN5BaCzsbo ) OmiseGOのYoutubeチャンネルにて、ブテリン氏は現在テストネットでテストされている、革新的なセカンドレイヤー・ソリューションが何百万ものユーザーがいる大規模な分散型アプリの実現を可能にすると述べました。 シャーディングとは シャーディングはブロックチェーン・ネットワークをシャードに分け、シャードごとにノードのグループが割り当てられたシャードの情報をプロセスします。シャーディングを実装すれば、全てのノードが、ブロックチェーンの全ての情報を管理する必要がなくなり効率が大幅に上がります。(詳しくはこちら) プラズマとは ブテリン氏と Lightning Networkの開発者、ジョセフ・プーン氏により開発されたプラズマはビットコインのLightning Networkと類似したシステムを持ちます。イーサリアム・ブロックチェーン上でサイドチェーンを作り、情報をより早く処理すると同時にメイン・イーサリアム・プロトコルを利用する事で安全性を高めます。 (詳しくはこちら) レイヤー1、レイヤー2の相互補完によるスケーラビリティ向上 「なぜ私がレイヤー1、レイヤー2が互いに相補うと考えるかと言うと、レイヤー1でのスケーラビリティ向上とレイヤー2の向上は乗法的に互いを高めるためである。シャーディング・ソリューションはイーサリアムのスケーラビリティを約百倍もしくはそれ以上高めるだろう。しかしさらにプラズマを実装すれば、百倍のアクティビティを可能にするだけでなく、百倍ものエントランスと出口そして、決議案を可能にする」ーヴィタリック・ブテリン “The reason I think layer 1 and layer 2 [networks] are complementary is because ultimately, if you look at the math, the scalability gains from the layer 1 improvements and layer 2 improvements do ultimately multiply with each other. If you have a Sharding solution, the Sharding solution itself might increase the scalability of Ethereum by a factor of 100, or eventually even more. But then, if you do Plasma on top of the scalability solution, then what that means is, you’re not just doing 100 times of the amount of activity but you are doing 100 times the amount of entrances, the amount of exits, and despite resolutions,”ーVitalik Buterin (引用:https://www.youtube.com/watch?v=qD-IbiVpcT8 ) 100万トランザクションの実現 ブテリン氏はレイヤー1とレイヤー2の相乗効果がイーサリアムのスケーラビリティを1万倍増加させ、ネットワークが何百万ものトランザクションを処理する事を可能にし、多くのアプリをプラットフォーム上で稼働できるようになることについても言及しました。 「シャーディングにより百倍、プラズマにより百倍の効率化が実現できれば、1万倍のスケーラビリティの上昇を意味する。これはつまりブロックチェーンがほとんどのアプリケーション、用途に対応できる様になる事を意味する。」ーヴィタリック・ブテリン “So if you get a 100x from Sharding and a 100x from Plasma, those two basically give you a 10,000x scalability gain, which basically means blockchains will be powerful enough to handle most applications most people are trying to do with them,” ーVitalik Buterin (引用:https://www.ccn.com/vitalik-buterin-ethereum-will-eventually-achieve-1-million-transactions-per-second/ )  
【相場】イーサリアム チャート6月13日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月13日価格推移

2018/06/13 at 12:37 PM 0 comments
6月13日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月13日予測:回復への道程 ETH価格はUSDに対して多くのサポートを割り、大きな下落を見せました。現在は$500.00付近を推移しています。今後の価格回復のためには、以前のサポートであった$510.00、$530.00レベルのレジスタンスをブレイクする事が鍵となってきます。 ETH/USD、大幅下落 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$500.00以上を維持する事ができませんでした。現在は$500.00レベル回復のためのテストをしています。 ETH/USD2時間足チャートから、弱気傾向である事が見受けられます。多くのサポートが一転してレジスタンスとなりました。直近の壁は$510.00レジスタンスです。 価格回復のためには、弱気トレンドラインを超える必要性→強気傾向へ、上方の$590.00レベルのレジスタンスへの接近が重要になりそうです。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$535.00から$540.00エリアにてレジスタンスが形成されています。 ETH/USD30分間足チャートでは、第2のレジスタンスとして$535.00付近にてレジスタンスが形成されています。これをブレイクする事は、2時間足チャート上方で見られた$590.00レベルのレジスタンスへ接近する起爆剤となるでしょう。 【ETH/BTC30分間足チャート】 ・ETH/BTC30分間足チャート上、0.0750BTCサポートを形成しています。 ETH/BTC30分間足チャートでは、一度は下回った0.0750BTCサポートを維持することに成功しました。現在は0.0760BTCレベルのレジスタンスをテストしています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$510.00と$535.00 重要なサポートレベル:$500.00と$480.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)のハッキングの影響から、弱気傾向にあると考えられます。現状、若干の価格回復を見せているものの、未だ売り圧が買い圧を凌いでおり、継続する価格下落の可能性は排除できません。しかし、上述したレジスタンスを長時間越えることがあれば、価格の回復が見込めるでしょう。直近のレジスタンスに対して、ETH価格がどういった動きを取るのか、注目です。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月8日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月8日価格推移

2018/06/08 at 6:09 PM 0 comments
6月8日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月8日予測:$600.00レベルを維持? ETH価格は USD、BTCに対し限られたレンジ内で取引されています。ETH/USDが$615.00レジスタンスを超えるには$600.00サポートを維持する必要があります。 ETH価格分析 昨日は$610.00付近にレジスタンス、$600.00付近にサポートを伴う重要なブレイクパターンについて解説しました。直近の3セッションでは重要な上方ブレイクは見られず、価格は$610.00と$615.00レジスタンスレベル以下に抑えられました。同様にETH/BTCも0.0800BTCレジスタンス以上へ上昇する事ができませんでした。ペアは現在0.0800BTCでレジスタンス、0.0780BTCでサポートを伴いながらレンジ相場となっています。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETHはUSDに対し$600.00以上でレンジ相場となっています。 ETH/USD30分足チャートを見ると、ペアが$605.00付近まで一度下落した事がわかります。下方への動きは50%フィボナッチ・リトレースメント・レベル(高:$615.89、底:$593.18)にサポートされました。$605.00サポートがブレイクされ現在はレジスタンスに転じていると考えられます。その上には$610.00に次のレジスタンスが位置しています。 そのため、上方へ大きく上昇するには、両方のサポートを超える必要があります。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・$610.00付近でレジスタンスを伴っているコントラクティング・トライアングルがETH/USD2時間足チャートで形成されています。 $615.00以上では次のレジスタンスが最近の高値である$628.00に位置しています。しかし、現在の弱気傾向から抜けることにより、価格が$650.00へ向かう事も十分考えられます。総合的に見て、ETHが$600.00以上を維持できればポジティブな状況が継続すると考えられます。これを維持出来なかった場合、$575.00サポートを再テストする可能性が考えられます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0800BTC以下でレンジ相場となっています。 ペアは現在0.0800BTCでレジスタンス、0.0780BTCでサポートを伴いながらレンジ相場となっています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$610.00と$615.00 重要サポートレベル:$600.00と$575.00 Forecast(予測) 昨日は$610.00付近にレジスタンス、$600.00付近にサポートを伴う重要なブレイクパターンについて解説しました。直近の3セッションでは重要な上方ブレイクは見られず、価格は$610.00と$615.00レジスタンスレベル以下に抑えられました。同様にETH/BTCも0.0800BTCレジスタンス以上へ上昇する事ができませんでした。 30分足チャート上での$610.00以上の終値の記録、2時間足チャート上での$615.00以上の終値の記録が実現した場合、大幅に上昇する事が考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part21 ~弱気脱出~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part21 ~弱気脱出~

2018/06/07 at 4:46 PM 0 comments
6月7日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は不安定ではありましたが、現在は価格を約85万円付近に位置付けています。先週と比較すると約5%の上昇です。長きに渡る弱気トレンドラインを超える事に成功した事で、BTC価格に回復の兆しが見えています。今回焦点を当てる期間は2018年5月31日〜2018年6月7日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (5月31日~6月7日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安811,278 - 最高851,801(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は大きな変動はないものの、弱気トレンドを抜け、強気テリトリーにて勢いをつけようとしています。今回記事は、弱気トレンド抜け出すに至った要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 弱気トレンド脱出 ビットコイン等多くの仮想通貨が先月に大幅な価格の下落を起こして以来、ビットコイン価格は弱気トレンドラインを抜け出せずにいました。しかし、ついにそのラインを超え、強気トレンドに入りつつあります。もちろん、未だに価格は伸びきれてはいませんが、強気テリトリーにペアは存在しています。 ビットコインが仮想通貨の中で唯一の通貨 AppleのCo-FounderであるSteve Wozniak氏が、アムステルダムで行われたMoney20/20の会議の中で、”仮想通貨の中でビットコインが唯一の仮想通貨である”と主張しました。TwitterのCEOであるJack Dorsey氏のビットコインが10年後に世界的通貨となるといった事に同調を示す事となりました。 Bitcoin (BTC) broke $7,500 and is trading at $7,610.49, up 2.84 percent over a 24 hour period at press time. Earlier this week, Apple co-founder Steve Wozniak said at the Money20/20 conference in Amsterdam that “only Bitcoin is pure digital gold.” Wozniak echoed the sentiments of Twitter CEO Jack Dorsey, who believes that in the next decade, Bitcoin will become a global currency.」(引用:https://cointelegraph.com/news/market-update-crypto-markets-show-slight-growth-btc-rises-above-7-500-eth-above-600) これら大物の発言、考えが公に広まる事で、ビットコイン、仮想通貨に対する安心感は確実に上昇したと考えられます。こういった事実の元、ビットコインは弱気トレンドを抜け出し、今のビットコインの価格帯は買うにはこれ以上にない良いタイミングと言われています。それにより、今後強い買い圧が発生する可能性があります。 「As prices of both Bitcoin and major altcoins remain suppressed in June, Bitcoin having lost around 20% last month, some sources claim that current conditions present a good opportunityfor buyers.」(引用:https://cointelegraph.com/news/steve-wozniak-bitcoin-is-the-only-digital-gold) 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、7,700USD付近を推移しています。直近のレジスタンスである7,800USDレベルを越える事が強気傾向を強くさせるトリガーとなるでしょう。一方で、下方7,500USDレベルは維持していかないと、下落の可能性が不安視されます。 直近の予測ではないですが、株式分析会社であるTrefisがビットコインの今年の末のビットコイン価格の予測を作成した事をブログにて公開しました。その価格はUSDにて$15,000から$12,500です。この予測は、ユーザー数、トランザクション回数から需要を、ビットコインの使用可能場所数を供給として計算しています。 「Stock analytics firm Trefis has recently lowered their Bitcoin (BTC) year-end price forecast from $15,000 to $12,500, according to a blog post June 5.」(引用:https://cointelegraph.com/news/stock-analytics-firm-lowers-btc-year-end-price-prediction-by-nearly-17) この予測が確かなら、上述したように、現在の価格は買い時なのかもしれません。今後のビットコインの次の動きに注目が集まります。
【相場】イーサリアム チャート6月7日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月7日価格推移

2018/06/07 at 12:29 PM 0 comments
6月7日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月7日予測::ETH、上昇傾向へ? ETH価格はUSDに対して形成されていた$610.00レジスタンスをブレイクし、$620.00へ向かう第一歩を踏み出しました。昨日は$600.00付近にて停滞していたETH価格でしたが、現在は強気テリトリーにて勢いをつけています。 ETH/USD、レジスタンスをブレイク→強気傾向へ 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$575.00のサポートから回復の兆しを見せて以来、ポジティブな傾向がうかがえます。 ETH/USD2時間足チャートから、昨日同様、レジスタンスを再びブレイクする事に成功しました。次のレジスタンスであった$610.00レジスタンスをブレイクしたことで、強気傾向を維持し、安定させようとしています。 下方には、継続して$575.00エリアにサポートが存在しています。以前にこのサポートを維持した事が、現在の強気傾向を呼び込んだ一番の要因と考えられます。 【ETH/USD6時間足チャート】 ・ETH/USD6時間足チャート上、レジスタンスであった$610.00の壁を大きくブレイクした事が見て取れます。 ETH/USD6時間足チャートでは、長期に渡って継続していたサポートに支えられながら、レジスタンスをブレイクする事に成功しました。以前の大幅な下落から続いたネガティブな流れが終結に向かいつつあります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間間足チャート上、0.0800BTCレジスタンスをブレイクする事に至れずにいます。 ETH/BTC2時間足チャートでは、昨日から引き続き、0.0800BTCレジスタンスを前に、足踏みしています。しかし、現在ETHは上昇傾向にあるため、0.0800BTCをブレイクする可能性は大きく考えられます。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$630.00 重要なサポートレベル:$600.00と$580.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は昨日から連続して2つのレジスタンスをブレイクした事で完全に強気傾向に入り、さらに勢いを増しつつあります。BTCに対しては、ETH価格の上昇が期待されていますが、仮想通貨市場全体の価格上昇が起こっているため、確実とは言えないでしょう。 現在のETHは売り圧が勝ってはいますが、$610.00を維持する事ができれば、強気傾向の元、さらなる上昇が期待できるでしょう。今後のETH価格の動きに注目が集まります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月6日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月6日価格推移

2018/06/06 at 12:23 PM 0 comments
6月6日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月6日予測::ETH、下落のリスクを回避 ETH価格はUSDに対して形成していた重要サポートラインに接近し、下回る可能性が危惧されていました。しかし、サポートを維持することで、現在は大きく価格を上昇させました。ETH/USDは現在上昇傾向に向かいつつあります。 ETH/USD、レジスタンスをブレイク 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$600.00の以前サポートであったレジスタンスをブレイクしました。 ETH/USD2時間足チャートから、$600.00レジスタンスをブレイクしたことが見て取れます。レジスタンスをブレイクする少し前は、ETHは弱気傾向の中、下方、形成されている重要サポートを下回るリスクが大きいと予測されていましたが、無事に維持する事に成功しました。下回る可能性を危惧されたのも、以前の強気トレンドラインを下囘ってしまった事から、弱気トレンドに入ると予測された事が理由でした。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、直近のレジスタンスであった$580.00レジスタンスをブレイクすることに成功し、価格上昇のきっかけとなりました。 ETH/USD30分間足チャートでは、レジスタンスをブレイクした後、大きな動きを見せる事なく、安定しています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間間足チャート上、0.0800BTCがレジスタンスとして存在しています。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0800BTCレジスタンスを前に、足踏みしています。以前に大きな上昇を見せ、ブレイクしたものの、現在は若干の下落により、大きな壁として長期にわたりレジスタンスとなっています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$610.00と$630.00 重要なサポートレベル:$600.00と$580.00 Forecast(予測) 現在のETH価格はレジスタンスをブレイクした事で上昇傾向に乗っかろうとしています。しかし現状は価格の動きは特になく、むしろ徐々に下落しているようにも感じられます。事実、現在の売り圧は買い圧に劣っています。 先週に比べて、仮想通貨全体市場の時価総額は250億ドルも価格の上昇を見せ(8%の上昇)ました。これによりETHの価格も上昇する事となりました。この波に乗ってさらなる価格の上昇が期待されましたが、現在は停滞しています。 今後、ETH価格が$600.00を維持し、$610.00のレジスタンスをブレイクする事が価格上昇、強気トレンドへの入り口となるでしょう。今後のETH価格の動きに注目が集まります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート6月1日価格推移

【相場】イーサリアム チャート6月1日価格推移

2018/06/01 at 5:51 PM 0 comments
6月1日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 6月1日:ETH、さらなる上昇か? ETH価格はUSD、BTCに対し上昇を継続しています。ETH/USDは$585.00ハードルのブレイクに成功すれば、さらに強気になると予想されます。 ETH価格分析 31日には$550.00ピボットレベルに向けての下方修正が起こりました。しかし、$540.00レベルがサポートとして機能し、それ以上のロスは生まれませんでした。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャートでは現在$570.00付近で重要なサポートラインが形成されています。 ETH/USD2時間足チャートをみるとスイングハイである$585.00から下方修正が起こっていることがわかります。ペアは下降し、$540.00サポートをテストしました。現在価格は$560.00以上で強気な状態を維持しながら取引されています。$580.00~$585.00付近のレジスタンスエリアをテストしており、これを越えれば$605.00レジスタンスゾーンを再度テストする可能性が出てきます。 下方では、現在$570.00付近にある上昇トレンドラインがサポートとなっています。 【ETH/USD日足チャート】 ・ETH/USD日足チャートでは$570.00付近で下降チャンネルをブレイクすることに成功しました。 ETH/USD12時間足チャートに移ると、ペアが$570.00付近で下降チャンネルをブレイクしたことがわかります。上方では$680.00付近で重要な下降トレンドラインが形成されていることがわかります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは徐々に0.0780BTレベルに近付いてます。 ETH/BTCは0.0750BTCサポート以上を維持し、現在0.0780BTCレジスタンスに向けて上昇しています。ペアはあと数セッションで0.0800BTCをテストする可能性が考えられます。 ETH/USD 重要サポートレベル:$560.00と$550.00 重要レジスタンスレベル:$585.00と$600.00 Forecast(予測) 日足チャートで$585.00以上の終値を記録できれば、$650.00まで急上昇する可能性が考えられます。また同じチャート上で現在$680.00付近で下降トレンドラインがあり、上昇の妨げとなることが予想されます。 全体的にみて、市場の動向はポジティブであり、$585.00レベルのブレイクはETHを$650.00付近まで押し上げると予測されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part20 ~今月の最安値~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part20 ~今月の最安値~

2018/05/31 at 2:45 PM 0 comments
5月31日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は先週の大幅な下落から引き続き、弱気傾向にあります。その結果、今月の最安値を記録し、現在は約80万円付近にて価格の推移を行っています。右肩下がりの推移を続けているビットコイン価格ですが、安定した様相を見せています。 今回焦点を当てる期間は2018年5月24日〜2018年5月31日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (5月24日~5月31日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安778,038 - 最高855,551(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は大きな変動はないものの、弱気トレンドの中、若干の価格下落を見せました。今回記事は、弱気トレンドを抜け出せずにいる要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 未だに弱気トレンド 先週の51%攻撃等の話題により、仮想通貨市場の価格は大幅に後退してしまいました。今週も引き続きその影響を受け、未だに弱気傾向を抜け出せずにいます。弱気傾向が続く要因として51%攻撃ともう1つ別の話題が要因と考えられています。 韓国取引所での問題 先週の出来事である、韓国の取引所アップビット(Upbit)が詐欺の疑いによって、家宅捜索を受けたことが第2の要因とされています。アップビットが賃借対照表を偽造し、投資家を騙していた疑いが懸念されたことが原因です。この韓国取引所は世界中の取引所の中でも最大級の取引量を保持しており、その結果、ビットコイン価格、仮想通貨価格に大きな影響をもたらしたとされています。 「The market slump could likely be attributed the news that the U.S. Department of Justice has opened a criminal probe into crypto market price manipulation, as well as a holdover of the FUD reported about the accusation of fraud last week against South Korean crypto exchange Upbit - a claim the exchange has refuted by conducting an internal audit.」(引用:https://cointelegraph.com/news/crypto-market-see-some-green-after-week-of-lows-bitcoin-price-hovering-around-7500) 「朝鮮日報によれば、検察当局はアップビットが賃借対照表を偽造し、投資家を騙していたとみているという。韓国の金融委員会(FSC)もアップビット本社に調査官を派遣し、同社のコンピューターシステムにアクセスし、取引所の仮想通貨の保有状況を監査すると伝えられている。」(引用:https://jp.cointelegraph.com/news/s-koreas-largest-crypto-exchange-upbit-investigated-by-police-markets-react)   アメリカ・ニューヨークで行われたブロックチェーンウィーク(Blockchain Week)の影響により、仮想通貨の価格に上昇傾向をもたらすと予測されていましたが、残念ながら上昇傾向とはなりませんでした。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、7,500USD付近を維持しています。上方の7,600USDレジスタンスをブレイクすることが、今後の強気傾向を生み出すきっかけとなりそうです。 今月の最安値を叩き出した後、一時大きな上昇を見せましたが、継続したトレンドとはなりませんでした。 「After hitting monthly lows yesterday, Bitcoin (BTC) is slightly up 3.94 percent over the past 24 hours, trading at $7,513 at press time.」(引用:https://cointelegraph.com/news/crypto-markets-make-slight-rebound-after-bitcoin-touched-monthly-lows) しかし、今後の予測はポジティブな側面が多くハイライトされています。それも、多くの企業が(ソフトバンクやアメリカンエクスプレス等)ブロックチェーン技術を活用した新たな取り組みのニュースが、仮想通貨のポテンシャルを再認識させたことが考えられます。 上述したレジスタンスをブレイクした後、重要となるレジスタンス8,100USDの壁を越えることが長期的な回復に必要不可欠となりそうです。 一方で、6,900以下へ下落する可能性もゼロとは言い切れません。 「Right now order books on the upside have heavy resistance from the current price level to $8,100, and after that things are a bit smoother. On the back side, books show that bears will see resistance around $6,900 to $6,300, and if the market goes below that then things will look uglier.」(引用:https://news.bitcoin.com/markets-update-slight-comeback-shows-cryptocurrencies-press-forward/) 低迷している仮想通貨、ビットコインの次の動きに注目が集まります。
ビットコインやイーサリアム等のブロックチェーンを書き換える「51%攻撃」のコストは安い?

ビットコインやイーサリアム等のブロックチェーンを書き換える「51%攻撃」のコストは安い?

2018/05/30 at 6:25 PM 0 comments
51%攻撃に必要な費用を算出したサイトが登場しました。昨今、PoWを採用しているいくつかの仮想通貨がこの被害にあっています。なぜ51%攻撃は発生してしまうのか。それには意外と安価なコストで行えるといった裏事情が存在することが一つの理由なのかもしれません。今回記事では、その価格帯を紹介します。 最近、いくつかの仮想通貨が51%攻撃の被害にあっています。それに伴い、仮想通貨の相場価格は全体的に下落しました。その51%攻撃が発生してしまう理由は、それら仮想通貨のPoW (Proof of Work)プロトコルが原因です。51%攻撃とは、端的に説明すると、ブロックチェーンにおいて、誰かが全体の50%以上の計算量を持つことができた場合、彼らは自分たちにビットコインの支払いが行われるような不正な取引にブロックの情報を書き換えて、誰よりも早く計算結果を見つけてブロックに繋げてしまうことです。 この51%攻撃を起こすためのコストが思いのほか安価であることが、話題となっています。 51%攻撃に必要な費用 Crypto51.appというサイトが、各仮想通貨に51%攻撃を1時間行い、二重支払いにより不当に利益を得る際にかかるコストを算出しました。その時間内で、一般的なPoWチェーンでは6つ以上のブロックを生成することが可能です。 (1時間当たりにおける51%攻撃価格表 引用:https://www.crypto51.app/) 「Crypto51.app is a new website that tracks the theoretical cost of launching a 51% attack on a Proof of Work coin. It calculates the cost of attacking each coin for an hour, during which time it should be possible to confirm six or more blocks, for a typical PoW coin, and to use this window to push through double spend transactions before depositing these funds at an exchange.」(引用:https://news.bitcoin.com/you-can-now-51-attack-a-coin-for-as-little-as-500/) 時価総額20位以内の仮想通貨でも約$500 時価総額10億ドルを超えるBytecoinに対して51%攻撃を仕掛ける場合においても、そのアルゴリズムの特徴と低いハッシュレートのおかげもあり、たったの$557で行うことが可能です。 「Bytecoin has a $1 billion market cap and is a top 20 cryptocurrency, but could be 51% attacked for a mere $557 thanks to its choice of algorithm and low hashrate. Bitcoin private, recently backed by professional shiller John McAfee, could be attacked for just $778. Ever since verge was attacked twice in two months, in between successful attacks on bitcoin gold, monacoin, and possibly electroneum, miners have been on the lookout for signs of another attack. Only today, May 29, verge is reported to have suffered its third 51% attack.」(引用:https://news.bitcoin.com/you-can-now-51-attack-a-coin-for-as-little-as-500/) まとめ 現実的に51%攻撃を行えるのか確証と保証はありませんが、以上のサイトの計算上では可能なようです。確かに、仮想通貨によってそのアルゴリズムはまちまちであり、ハッシュレートにも差が生じています。その結果、ビットコインゴールドやモナコインに生じた攻撃が発生しているのは疑いもない事実です。この問題を解決するイーサリアムプロジェクトが実装中のPoSのような技術を、その他仮想通貨も取り入れていく必要があるのかもしれません。 「In reality, there is no guarantee that a one-hour attack would work, as this would quickly be detected and exchanges placed on high alert for any suspicious deposits. 」(引用:https://news.bitcoin.com/you-can-now-51-attack-a-coin-for-as-little-as-500/)
【相場】イーサリアム チャート5月30日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月30日価格推移

2018/05/30 at 5:41 PM 0 comments
5月30日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月30日予測:ETH、強気相場に戻る? ETHはUSD、BTCに対し、大幅に回復しました。ETH/USDは次の上昇の動きに向けてベースを形成していると考えられます。 ETH価格分析 ETHは昨日の13時ごろから強気な値動きを開始しました。ペアは$505.00レベル付近で強いサポートを形成し、鋭く上昇しました。 ETH/BTCも上昇し、0.0750BTC以上に移動しました。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETH価格は鋭く上昇し、$540.00レジスタンス以上に移動しました。 ETH/USD30分足チャートをみると、$505.00サポート付近でダブルボトムが形成されていることがわかります。ペアは上昇を開始しコントラクティング・トライアングルを$522.00付近でブレイクしました。これにより、価格はさらに上昇し、$540.00、$550.00レジスタンスレベル以上に移動することができました。 現在、$570.00付近のトレンドラインにサポートされながら、緩やかに上昇しています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USDは$505.00付近でダブルボトムを形成しました。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、$570.00レジスタンスをブレイク後、$580.00レジスタンスにさらなる上昇を止められたことがわかります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCも同様に回復しており、0.0740BTC以上に上昇しました。 ペアは0.0740BTC、0.0750BTCレジスタンスをブレイクしましたが、現在下方修正しており0.0750BTCレベルをテストしています。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$580.00と$600.00 重要サポートレベル:$550.00と$540.00 Forecast(予測) 下方修正を行う可能性も考えられ、その場合$550.00、$540.00がサポートとして働くと考えられます。日足で$550.00以上の終値を維持できれば、さらに上昇することが予想されます。 全体的にみて、現在の値動きはポジティブであり、$580.00、$600.00付近のレジスタンスに向かうことが予測されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )  
【相場】イーサリアム チャート5月29日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月29日価格推移

2018/05/29 at 4:34 PM 0 comments
5月29日(火)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月29日予測:ETH、さらに下降 ETH価格はUSD、BTCに対しさらに下降しました。ETH/USDは$500.00付近で取引され、現在上方修正を行っています。 ETH価格分析 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格は鋭く下降し、今月最安値である$505.69を記録しました。 ETH/USD2時間足チャートをみると、ペアが$600.00~$610.00付近でトレンドラインをブレイク出来ずに下降を継続したことがわかります。その後、大幅に下落し$550.00付近のサポートがブレイクされました。 この大幅な下落は大きな弱気ロウソク足をチャート上に記録し、$500.00付近まで下降しました。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETH/USDの上方修正は$540.00付近で止まりました。 ETH/USD30分足チャートに移ると、$540.00付近で短期的なレジスタンスが形成されていることがわかります。さらにその上にはサポートであった$550.00レベルがレジスタンスとなっています。下方では$510.00~$500.00がサポートエリアとなっています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCもETH/USD同様、大幅に下降し、重要なサポートである0.0750BTCを下回りました。 ETH/BTCは28日13:00ごろに大幅に下降し、0.0750、0.0720BTCレベルを下回りました。現在、0.0720BTCをテストしているところです。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$540.00と$550.00 重要サポートレベル:$510.00と$500.00 Forecast(予測) ETH/USDチャート上の$540.00レベルと現在$550.00付近に位置している下降トレンドライン以上へ上昇しない限り、再び強気なトレンドに転じることはないと予測されます。$500.00レベルがブレイクされた場合、$450.00付近までの下落も考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【相場】イーサリアム チャート5月25日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月25日価格推移

2018/05/25 at 5:27 PM 0 comments
5月25日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月25日予測:ETH、弱気相場継続 ETH価格はUSDに対し弱気な状態を継続しています。ETH/USDは現在、上方修正を行っていますが$620.00~650.00付近でレジスタンスと対面することが予想されます。 ETH/USDは昨日、$600.00以上を維持することに失敗しました。ペアは一時的に$550.00サポートを割り、月間最安値である$543.48を記録しました。 【ETH/USD4時間足チャート】 ・ETHは下降を継続し重要である$600.00サポートがブレイクされました。 ETH/USD4時間足チャートを見ると、$650.00サポートがブレイクされ大幅に下降していることがわかります。$600.00以下では1度鋭く下落しましたが、$540.00~550.00付近でサポートされました。 $650.00以下での終値の記録は値動きに大きな影響を与え、トレンドの転換を示していると考えられます。価格が上方修正を行う場合、$640.00~$650.00付近にあるレジスタンス(元サポート)をブレイクするのに苦労すると予想されます。 また現在$695.00付近でレジスタンスを伴う重要な下降トレンドラインがあります。そのため$600.00、$620.00以上での大幅な上昇は$650.00、$695.00で止められる可能性が考えられます。 【ETH/USD30分足チャート】 ETH/USD30分足チャートでは上方に$625.00、$650.00のレジスタンスがあります。 30分足チャートに移るとペアが$550.00付近でベースを作り、トレンドラインに沿って上昇していることがわかります。この上昇トレンドラインを維持できれば$620.00、$650.00に向かうことが予想されます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0800BTCサポート以下に下降しましたが、0.0750BTC以上で安定しています。 ETH/BTCもUSD同様、弱気な状態であり0.0800BTC以下に下降しました。現在0.0800BTCレベルをテストしており、上方修正を継続する可能性が考えられます。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$625.00と$650.00 重要サポートレベル:$550.00と$520.00 Forecast(予測) $600.00、$620.00以上では$625.00、$650.00レジスタンスレベルと、$695.00付近の下降トレンドラインがあり、大幅な上昇の妨げになることが予想されます。 $625.00レジスタンスのブレイクに失敗した場合、再度弱気な値動きを見せる可能性が考えられます。下方では$550.00、$520.00にサポートが位置しており、その下には重要な$500.00サポートレベルが位置しています。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part19 ~51%攻撃~

【ビットコイン】チャート/相場/価格推移 part19 ~51%攻撃~

2018/05/24 at 1:51 PM 0 comments
5月24日(木)現在、時価総額1位のビットコイン/Bitcoin(BTC)の価格、ビットコインチャート、BTC/JPYやBTC/USDに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート動向を基にしたビットコイン価格分析レポートです。 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は安定した傾向を見せており、約90万円付近を推移していましたが、昨日から今日にかけて大幅な価格下落を生じました。現在はその価格下落も落ち着きを見せています。 今回焦点を当てる期間は2018年5月17日〜2018年5月24日です。この記事は、日本の大手仮想通貨取引所であるBitFlyerの提供しているチャートを参考にしています。 (5月17日~5月24日BTC/JPYチャート 引用:https://consensysmediajapan.cokm/bitcoin-chart) ビットコイン/Bitcoin(BTC)価格:最安830,500 - 最高948,974(JPY) 今週のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格は昨日から今日にかけ大幅に下落することとなりました。現在は84万円付近にて下落を一時ストップしています。さらに、昨日はビットコイン以外、イーサリアム等の仮想通貨も大幅な下落を見せています。今回記事は、昨日の大幅下落の要因と、今後のビットコイン/Bitcoin(BTC)価格推移を考察していきます。 大幅下落要因 先々週は100万円付近で価格推移を行っていたビットコイン/Bitcoin(BTC)価格でしたが、今週の大幅下落と、先週の徐々な下落により、価格を15万円以上下げています。この大幅な下落要因には1つの理由が考えられます。 仮想通貨の51%攻撃の警戒 先々週にモナコイン(MONA:日本発の仮想通貨)が51%攻撃を受けたことで、価格の下落を引き起こしました。更に今週はビットコインゴールド(BTG)までも51%攻撃を受けました。これら2つの実例により、51%攻撃が今後その他の仮想通貨にも向けられるのではないかといった不安が募っています。 51%攻撃とは、ハッカー(悪質なマイナー)が50%以上のコンピューティングパワー(ハッシュパワー)をコントロールすることで適切なトランザクションを行うことを妨げることです。 「An attacker that controls more than 50% of the network’s computing power can, for the time that he is in control, exclude and modify the ordering of transactions.」(引用:https://forum.bitcoingold.org/t/double-spend-attack-on-exchanges/1362/2) モナコインの場合は33%で行うことができると言われています。今回の手法はセルフィッシュマイニングと呼ばれ、公開しないブロックチェーンを自身で生成し、長く連ねたのちに公開することで、既存の(本来存在する)ブロックに取って代わる手法です。 「PoWでは、長い2つのブロックチェーンが併存した場合に、長いブロックチェーンを採用するルールが存在しています。」(引用:http://infofreestyle.com/monacoin-reorg-attack-miner-selfish-mining) これにより、自身の送金したコインのトランザクションを無効化します。 「先日、5月13日から15日にかけてモナコインに対する攻撃(セルフィッシュマイニング)が行われました。非常に簡潔に説明するならば、悪意のあるマイナーがブロードキャストをしないブロックチェーンを作成し、自身が取引所に送った送金を意図的に無効にしました。」(引用:https://coinchoice.net/mona-bitcoingold-attack/) ビットコインゴールドの場合は51%攻撃(上記での33%ではない)と推測されます。 しかし、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨はハッシュパワーが強いことで、51%攻撃を受けることはまずないと考えられます。そのため、現状不安視されている観点は問題ないと言えます。 今後の予測 現在のビットコイン/Bitcoin(BTC)は、7,500USD-7,400USD付近の重要なサポートを形成しています。このラインは以前にビットコインのバブルが崩壊し、急な上昇を迎えた際の調整ラインです。もし、このサポートをブレイクすることがあるならば、バブル崩壊以来の大幅な下落が発生する可能性が考えられます。 現状は売り圧が買い圧を圧倒しており、今後さらなる下落の可能性が不安視されています。 (ビットコインの売り買い状況 引用:https://www.tradingview.com/symbols/BTCUSD/technicals/) 数日前のForecastでは、7,900USDのサポートを下回った場合、7,000USDレベルまで下落の可能性があると示唆されていました。 「Another possibility is that prices breakdown of $7,900 and slide to $7,000.」(引用:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-ethereum-ripple-bitcoin-cash-eos-litecoin-cardano-stellar-tron-price-analysis-may-23) そのため、今後の更なる下落は起こり得ると言えるでしょう。 重要なサポートを維持することで上昇傾向に向かえるか、今後のビットコイン価格推移に注目が集まります。
【相場】イーサリアム チャート5月24日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月24日価格推移

2018/05/24 at 1:29 PM 0 comments
  5月24日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月24日予測:ETH、弱気市場に転換? ETH価格はUSDとBTCに対し弱気ゾーンへと下降しました。ETH/USDは重要なサポートである$580.00付近まで急落しました。 下落は止まるのか? 【ETH/USD日足チャート】 日足チャート上では$580.00~$590.00がサポートエリアとなっています。 まずETH/USD12時間足チャートをみて、直近の下降を分析しましょう。 ペアは1度$833.91で高値を記録し、その後安定した下降を続けました。$680.00付近で上昇トレンドラインがブレイクされたことにより、安定していた価格は急激に下落しました。 上昇トレンドを支えていた$640.00レベルサポートも下回り、重要なサポートであった$600.00もブレイクされました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETHは$600.00サポートレベルを維持することに失敗し、USDに対し大きく下落しました。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、強い売り圧を示す、赤ロウソク足の連続が見られます。現在は$590.00レベル付近に位置しています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCもUSDと同様に大幅に下落し、0.0820、0.0800レベルを下回りました。 ETH/USD 重要レジスタンスレベル:$600.00と$640.00 重要サポートレベル:$590.00と$550.00 Forecast(予測) ETHの$600.00以下への下降は強い下降シグナルであります。このことから$600.00以上へと回復出来なければ、$525.00、$500.00サポートへと下降する可能性も考えられます。上方では現在$700.00付近に位置する下降トレンドラインがあります。そのため、近いうちに新しく上昇トレンドが生じるには、$700.00を超える必要があると考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【相場】イーサリアム チャート5月23日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月23日価格推移

2018/05/23 at 10:44 AM 0 comments
5月23日(水)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月23日予測::ETH、価格の大幅下落 ETH価格はUSDに対して強気トレンドによって形成されていた強気トレンドラインを下回り、更にいくつものサポートを割り、大幅な価格下落を引き起こしました。ETH/USDは現在弱気傾向にあり、以前のサポート(現在のレジスタンス)をブレイクすることが回復に必要不可欠です。 ETH/USD、レジスタンスのブレイク失敗が引き金に 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$680.00と$660.00付近のサポートを下回り、大きな下落を起こしました。 ETH/USD2時間足チャートから、ETHは上昇傾向にあった中、強気トレンド上にて形成していた$710.00サポートを割りました。それに伴い、その後更なる下落を引き起こし、重要なサポートであった$680.00、さらに$660.00のサポートを下回ることとなりました。現在は$645.00レベルにて落ち着きを見せています。結果、前日比約10%の価格下落を見せることとなりました。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$680.00レジスタンス(2時間足チャート上の崩壊サポートであった)をブレイクすることが叶わず、$640.00レベルまで価格の下落を生じました。 ETH/USD30分間足チャートでは、弱気トレンドが発生しています。その弱気トレンドを払拭するためには$680.00レジスタンスをブレイクする必要がありましたが、失敗に終わり、更なる価格下落を引き起こすこととなりました。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間間足チャート上、BTCに対して0.0850BTCレベルに存在したレジスタンスを超えることができず、0.0800BTCレベルへの急落を迎えました。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0850BTCレジスタンスに到達することができず、大きな売り圧が発生したことでの価格急落を引き起こしました。重要なサポートであった0.0820BTCサポートが現在のレジスタンスとして形成されています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$660.00と$680.00 重要なサポートレベル:$640.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は急落により弱気傾向にあります。現状は$640.00サポートによって更なる下落を食い止めた形となっていますが、今後の価格推移によって引き続く下落の恐れもあります。というのも、リアルタイムで売り圧が買い圧を上回っていることが端的な理由です。 今後、$620.00付近にて価格推移が行われている可能性は否めないでしょう。レジスタンスをブレイクするか、サポートを下回り、更なる価格下落を引き起こすか、今後のETH価格の動きに注目が集まります。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)
【相場】イーサリアム チャート5月21日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月21日価格推移

2018/05/21 at 5:11 PM 0 comments
  5月21日(月)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月21日予測: ETH、上昇継続の兆候 ETH価格はUSD、BTCに対し強気な兆候を示しています。$716.00~718.00レジスタンスエリアを越えれば、大幅に上昇することが予想されます。 ETH/USD、再度$740.00ラインをテストする可能性有り この1週間、$690.00サポート以下に価格が下落したことから、ETH/USDは弱気な傾向がありました。ペアは一度$657.71まで下降し、上方修正を開始しました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャートで、下降トレンドラインが$695.00でブレイクされました。 ETH/USD2時間足チャートをみると、$695.00でレジスタンスを伴う重要な下降トレンドラインがブレイクされたことがわかります。その後$700.00付近の50%フィボナッチ・リトレースメント・レベル(高:$741.80、底:$657.71)もブレイクされました。 しかし、この上昇の動きは前回のスイングハイ付近である$716.00~718.00辺りで止められました。ペアは一度下降し、重要な上昇トレンドラインを$685.00付近でテストしました。 2時間足チャートはETHが$700.00以上で徐々に強気な勢いを付けていることを示しています。$716.00~718.00のレジスタンスエリアを越えれば、強いレジスタンスである$740.00レベルに再度挑戦すると考えられます。 【ETH/USD日足チャート】 ・ETHは$700.00レジスタンス以上で勢いを付けました。 ETH/USD日足チャートをみると、$700.00付近で重要な下降トレンドラインをブレイクし、$700.00以上で終値を記録していることがわかります。そのため近いうちに近日中に$800.00へ向かう可能性が考えられます。下方では、現在$665.00付近にある重要な上昇トレンドラインがサポートとなっています。このトレンドラインをETHが下回った場合、$600.00サポートに向けて大幅に下降することが予想されます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは勢いを付け一時的に0.0850BTCを越えました。 ETH/BTCは0.0820BTCサポートを保っており、一時的に0.0850BTC以上に上昇しました。現在0.0850BTCと0.0880BTCがレジスタンスとなっています。 ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$718.00と$740.00 重要なサポートレベル:$690.00と$660.00 Forecast(予測) 重要なレジスタンスエリアである$$716.00~718.00レジスタンスエリア以上に上昇できれば、$740.00、$800.00に向かうことができるでしょう。反対に、現在日足で形成されている上昇トレンドライン以下に下降した場合、$660.00、$600.00に向けて下降することも考えられます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【相場】イーサリアム チャート5月18日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月18日価格推移

2018/05/18 at 3:59 PM 0 comments
  5月18日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月18日予測:ETH、下降を継続 ETHはUSDに対し強気な勢いを失っています。ETH/USDが再び上昇するには$720.00レジスタンスをブレイクする必要があります。 ETH/USDは勢いをつけることができるか? 【ETH/USD6時間足チャート】 ・ETH/USD6時間足チャートでは、重要な下降トレンドラインが現在$720.00でレジスタンスを伴って形成されています。 ETH/USDでの最近の値動きはレンジ内に留まるものが多く、安定した状態を保っていました。ペアは上方修正を行う前に$675.00-$670.00サポートエリアをテストしました。 ETH/USD6時間足チャートを見ると$770.00、$760.00、 $740.00、$720.00付近で売り圧を受けて下降していることがわかります。現在$720.00でレジスタンスを持つ強い下降トレンドライン が形成されています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格は$676.00サポート以上での取引が続きました。 ETH/USD2時間足チャートに移るとレンジ内(サポート:$676.00 レジスタンス:$740.00)で取引されていることがわかります。短期的にはレンジ相場を続けることが予測されます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0840BTCレベル付近でもみ合い相場となっております。 ETH/BTC2時間足チャートを見ると一度0.0845レジスタンスラインをテストしたことがわかります。テスト後下降し、現在は0.0840付近に位置しています。 ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$700.00と$740.00 重要なサポートレベル:$676.00と$650.00 Forecast(予測) 現在$720.00でレジスタンスを伴う下降トレンドライン以上の終値の記録がETH価格上昇に繋がるでしょう。次のハードルは$700.00レベルであると考えられます。 下方では短期的な上昇トレンドラインが$690.00付近でブレイクされました。$676.00ライン以下に下降しており、下降を継続した場合、$650.00~$640.00サポートエリアまで下降することが予想されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/ )
【相場】イーサリアム チャート5月17日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月17日価格推移

2018/05/17 at 11:21 AM 0 comments
5月17日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月17日予測::ETH、回復なるか? ETH価格はUSDに対してサポートを割り、価格下落を引き起こしました。ETH/USDは現在弱気傾向にあり、以前のサポート(現在のレジスタンス)をブレイクすることが回復に必要不可欠です。 ETH/USD、サポートがレジスタンスに 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、$740.00付近にて売り圧の勢いが上昇し、急激な価格下落を引き起こしました。 ETH/USD2時間足チャートから、ETHは上昇傾向にあった中、急に売り圧が高まり、結果急激な下落を引き起こすこととなりました。上方には、以前超えることができなかった$740.00レベルにてレジスタンスが形成されています。一方、下方では、$670.00レベルに重要なサポートが形成されています。現在は$700.00レベルにて次の動きを待っている状態です。 【ETH/USD30分間足チャート】 ・ETH/USD30分間足チャート上、$710.00のサポートが崩壊し、一時$670.00レベルまで価格の下落を生じました。 ETH/USD30分間足チャートでは、形成されていた$710.00サポートを下回ったことで、大幅な下落を引き起こしました。その後から現在にかけ、$710.00レジスタンス($710.00サポートから変わった)をテストしています。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間間足チャート上、BTCに対して0.0820BTCレベルにてサポートを形成し、0.0850レベルにゆっくりと向かっています。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0820BTCサポートを形成しています。上部には0.0850BTCレジスタンスが存在し、現在はその2つのラインの間にて停滞しています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$710.00と$740.00 重要なサポートレベル:$670.00 Forecast(予測) 現在のETH価格は長期的に続くサポートとレジスタンスの間で推移しています。30分間足チャートでの接近しているレジスタンスをブレイクする場合、次のレジスタンスである$740.00に向かって上昇するでしょう。しかし、ブレイクに失敗した場合は、現在のサポートである$670.00レベルへと下落の恐れがあります。 現状では、買い圧が売り圧を凌いでいるため、レジスタンスのブレイクに成功し価格の上昇が期待されます。 (リアルタイム買い圧売り圧比較 引用:https://www.tradingview.com/symbols/ETHUSD/)  
イーサリアム(Ethereum)における手数料Gasとは?

イーサリアム(Ethereum)における手数料Gasとは?

2018/05/15 at 6:58 PM 0 comments
はじめに 今回と次回の記事で、イーサリアム(Ethereum)上での様々なトランザクションについて解説します。トランザクションは、誰かに仮想通貨を送金をしたり、コントラクトを実行するときに発生します。このようなトランザクションは、マイナーによって承認され、ブロックに記録されます。 その際、ユーザーはマイナーに対してインセンティブとなる報酬として、手数料を払う必要があります。イーサリアムではスマートコントラクトという複雑処理が実行可能であるがゆえに、手数料の算出方法がビットコイン等のシンプルなトランザクションのみ実行するシステムとは異なります。つまり、少々複雑なのです。 そこで今回は、この手数料がどのようにして決まるのかについて解説します。 イーサリアム(Ethereum)の手数料 ~Gas~ ユーザーは、イーサリアム(Ethereum)上で、送金や(スマート)コントラクトといったトランザクションを実行します。それらは、マイナーによって処理され検証されます。このとき、それぞれの操作に使われたマシーンパワー、すなわちマイナーの作業コストに対する対価が手数料として支払われます。手数料はGasという考え方で計算され、ETHで支払われます。 Gasの概念を理解するために、車の運転に必要なガソリンのアナロジーから考えて見ましょう。 長い距離を走ったり、より速い速度で走るには、それに応じた燃料が必要になります。そのため、ガソリンという燃料が必要で、ガソリンを燃やして車を動かします。 イーサリアムでも同様で、マイナーがマシーンを動かして計算をするための燃料が、Gasです。ユーザーは送金やイーサリアム上でトランザクションを発行したとき、マイナーに対して手数料をETHで支払います。一方で、マイナー達は手数料をインセンティブとして、そのトランザクションを承認/計算します。 では、実際にイーサリアム上でマイナーの原動力になる、支払うべき手数料は、どのように算出されるのでしょうか?  簡潔に述べると、手数料としてマイナーに支払われるETHは、 手数料(Gas)総量 =  GasPrice × GasUsed で決まります。GasPriceはGasの単価で、GasUsedが使われたGasの総量です。この総量をマイナーが受け取ることになります。次の節では、GasUsedとGasPriceについて詳しく解説して行きます。 GasUsed この節では、上で出てきたGasUsedについて解説します。 GasUsedは、ガソリンの例で考えると、自動車を運転した時に使われるガソリンの量です。 長い距離を走ると、使用する燃料であるガソリンを多く使います。GasUsedも同様で、マイナーがトランザクションを処理し、検証するときに、使ったマシーンの計算量などによって決まります。したがって、複雑な処理の方が、単純な処理を実行する時よりもより多くのGasが必要になります。具体的な処理とそれに必要なGasの量は、イーサリアムのBeige Paperに書かれています。例えば、前回の記事で述べたハッシュ化(SHA3)の作業には、30Gasが必要になることが書かれています。 正確には、Gasは高級言語で記述されたcontract(コード)を、低級言語であるアセンブラに直した時に、アセンブラで処理する各プロセス(opecode)、計算ごとに消費するGasが定義されています。 トランザクションを生成するユーザーはあらかじめ、そのトランザクションで消費しても良いと思う、十分なGasの量を指定します。この指定されたGasの量をGasLimitと呼びます。 先ほども述べたように、スマートコントラクトのトランザクション実行時に消費されるGas量を前もって正確に見積もることは困難です。しかし、使われなかったGasはユーザーに返却されるため、多めにGasLimitを設定しておくのが良いでしょう。というのも、もしトランザクションの処理中にGasが切れた場合は(必要なGasがGasLimitを上回ったら)、そのトランザクションは中断されます。さらに、使われたGasはユーザーには返却されず、マイナーが受け取ります。 ここで重要なのは、ユーザーの設定したGas Limitを超えては、Gasも手数料も取られないような仕組みになっていることです。もし、実行しようとしているプログラムに誤りがあり、無限に同じ操作を繰り返えすように設定されていたとしましょう。この場合、ユーザーは、無限にマイナーに対して手数料を払わなくてはいけない状態が発生します。(車の例だと、車が故障して家の周りを無限に回り続けるイメージです。しかし、燃料は決まった量しかないので減り続けていつか車は停止します。)。 そのため、GasLimitは、払うGasの限界を定め、不必要に手数料を払い過ぎないような安全装置として機能します。プログラムに誤りがあり、何度も同じ操作が繰り返された場合は、設定しているGasLimitに対して使用するGas(GasUsed)が多くなり、そのトランザクションが中断されます。 Gas Price 再びガソリンの話に戻りましょう。GasUsedが使われたガソリンの量であったのに対して、GasPriceはガソリン1リットルあたりの価格(単価)に対応します。 イーサリアムの場合、マシーンパワーを使って実行した仕事の単価がGasPriceです。 先ほどユーザーが確実にトランザクションなどの処理を実行してもらえるように、十分な量をGas Limitとして設定しなければいけないことを述べました。GasPriceも同様に、ユーザーに決定権があります。では、このGasPriceが低いとどうなるのでしょうか。 マイナーのインセンティブは手数料ですので、単価が安い仕事はやりたくないでしょう。したがって、GasPriceの安いトランザクションは後回しになってしまいます。安すぎる場合は、そのトランザクションは永遠に処理されないことになります。できるだけ早く承認してもらいたい場合は、このGasPriceを高く設定しましょう。 Ethereum gas stationでは、現在の設定するGasPriceに対応する承認時間が書かれています。またMyEtherWalletでは、通常時(トランザクション詰まりなどが起きていないとき)の基準として 40 GWEI Gas Price・・・ほとんどの場合、当該のトランザクションが次のブロックに格納される。 20 GWEI Gas Price・・・ほとんどの場合、2~3個後のブロックに格納される。 2 GWEI Gas Price・・・ほとんどの場合、8-12個後ブロックに格納される。 と書かれています。 ただし、通常の取引所ではこれらを自動で行ってもらえるので気にしなくても問題ありません。 (ここで出てきたGas Priceの単位であるGWEIについては、次の節で説明していきます。) Example 上記の復習として、Meta Maskの設定を参考にしながら、一度計算をしていきましょう。 Meta Maskでは以下のように、はじめにGasLimitとGasPriceを設定する欄があります。 今回はこの例にあるように、GasLimitを21000にして、GasPriceを1GWEIに設定しました。ここで、1 GWEI は 0.000 000 001 etherのことです。ETHの単位変換は以下の表を参考にしてください。 単位 ether wei(最小) 0.000000000000000001ether kwei 0.000000000000001ether mwei 0.000000000001ether gwei 0.000000001ether szabo 0.000001ether finney 0.001ether ether 1ether 上記のようにユーザーが設定したとしましょう。したがって、ユーザーは最大の手数料(Gas)として、 最大手数料= 0.000 000 001 ether × 21000 = 0.000 021 ether を支払うことになります。しかし、実際にマイナーが処理したところ、使用されたGasが19000だったしましょう。これがちょうどGasUsedです。この時実際に支払われる手数料は、 手数料= 0.000 000 001 ether × 19000 = 0.000 019 ether で、差額分の0.000 002 etherはユーザーに返却されます。 まとめ 今回の記事では、イーサリアムにおける手数料の仕組みであるGasについて説明しました。 GasPriceとGasLimitを独立させることで、1)トランザクションに取り入れるか入れないかのマイナー心理と、2)プログラムでエラーが起きた時にお金を使い切らないような構造を独立させています。このような特徴もビットコイン(Bitcoin)にはない工夫されている部分です。
【相場】イーサリアム チャート5月15日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月15日価格推移

2018/05/15 at 5:49 PM 0 comments
  5月15日(火)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月15日予測:ETH/USD強いサポートの形成 ETHはUSDに対し徐々に回復しています。ETH/USDは$695.00サポートエリアがブレイクされなかったため、再度上昇トレンドとなることが予想されます。 【ETH/USD30分足チャート】 ・ETHは$740.00に位置するレジスタンスエリアに価格の回復を阻まれました。 ETH/USD30分足チャートを見ると、ペアが勢いをつけ$700.00以上に上昇したことがわかります。$740.00付近にある強いレジスタンスエリアに数度チャレンジしましたが、失敗に終わりました。 重要な上昇トレンドラインが$720.00付近でブレイクされ、その後、短期的な上方修正により生じた上昇チャンネルもブレイクされ、$690.00まで下降しました。しかし急に上昇し、$710.00辺りで下降トレンドラインをブレイクしました。現在、再度$740.00レベルに挑戦しようとしています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USDは2時間足チャート上で重要な上昇トレンドラインを維持しています。 2時間足チャート上では重要な上昇トレンドラインがテストされました。このトレンドラインはサポートに成功し現在、下降トレンドラインをテストしています。下降トレンドラインをブレイクした場合、$760.00付近までの上昇が予想されます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは上昇を継続し0.08200BTCラインをブレイクしました。 0.08200BTCをブレイクしたETHは、0.08400BTCラインを数度テストしましたが、現在はレンジ相場となっています。 ETH/USD ・重要なレジスタンス:$730.00と$740.00 ・重要なサポート:$710.00と$700.00 Forecast(予測) $740.00レベルのブレイクに成功した場合、価格は$760.00、$780.00レベルへと上昇する可能性が高いと思われます。反対に、現在$710.00付近でサポートを伴う上昇トレンドラインがブレイクされた場合、$700.00~$695.00のサポートエリア付近で下降が止まると予測されます。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用し、UNICEFやWFPが人道支援を活発化

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用し、UNICEFやWFPが人道支援を活発化

2018/05/15 at 4:10 PM 0 comments
近頃、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用した慈善活動が増えてきています。 2018年4月、シリアのアサド政権が一般市民に対し化学兵器を使用した疑いから、ついにアメリカ、イギリス、フランスの3カ国が武力攻撃を開始しました。シリアや他中東の国々は混乱を極めており、多くの人々が故郷から去ることを余儀なくされました。 そんな中、このような難民を対象に、UNICEFやWFPなどの慈善団体によるブロックチェーン技術や仮想通貨を使った最先端の人道支援プロジェクトが動き出しています。ブロックチェーンなどの技術を活用し、人道支援の効率化を図る今回の取り組みは大きな意味を持つと同時に、科学技術や最先端デジタル技術の発達が社会解決へ繋がることを表しています。 イーサリアムブロックチェーン技術を使い難民の食糧支援、個人情報の保護 難民を支援するために、WFP(国連世界食糧計画)と業界パートナーによって、ブロックチェーンを用いたプロジェクト「Building Blocks」が開発されました。このプロジェクトは食糧支援の効率化と支援対象者(主に難民)のIDの管理、プライバシーの保護を目的としています。「Building Blocks」は開発パートナーであるドイツの「Datarella」や英国の「Parity」との提携のもと、ブロックチェーンの代表的なプロトコル、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンをベースとしています。 「The United Nations agency in charge of food aid—often billed as the largest aid organization in the world—is betting that an Ethereum based blockchain technology could be the key to delivering aid efficiently to refugees while slashing the costs of doing so.」 (引用:https://qz.com/1118743/world-food-programmes-ethereum-based-blockchain-for-syrian-refugees-in-jordan/) 中東でのWFPの食糧支援は、現金や電子マネー、デビットカード、引換券などを配布し、支援対象者はこれらを使って地域の小売店で自由に食糧を購入する方法を採っていますが、このやり方では決済のたびに金融機関への手数料が発生する上、第三者機関を介在させることによる個人情報の漏洩や取引に関わるセキュリティ上のリスクがありました。 そこで、イーサリアムブロックチェーンを活用することによって、WFPが食糧支援を行う際の現金の移送をより早く、より低コストに実行することができます。また、WFPが行うすべての取引をリアルタイムに記録し、認証されるシステムとなっているため、機密データを第三者と共有する必要もなく、難民のセキュリティとプライバシーはさらに強化されます。 「The WFP’s move to adapt Ethereum was part of an effort that explored better, cheaper, and less risky means to deliver cash-based transfers. It had to be secure and fast at the same time. Blockchain, being the decentralized digital ledger that it is, seemed to be the most viable option. It offers a level of transparency, coupled with cryptography-based security, that makes it ideal for monitoring transactions. 」 (引用:https://futurism.com/blockchain-is-helping-us-feed-the-worlds-hungriest-families/) 2017年5月にシリア難民1万人以上が、ヨルダンのアズラック難民キャンプでの食糧支援において「Building Blocks」を試験的に導入したところ、地元の金融機関に支払う手数料の98%削減に成功し、支援対象者の個人情報を国連以外の第三者に提供することもありませんでした。これまで金融機関への手数料の支払いにかかっていたコストが大幅に削減されることになり、そのコストを生活の再建費に回せるようになります。 「For instance, the WFP would usually deliver food to people like the Syrian refugees in the Jordanian camp. But instead, they’re empowering these individuals by giving them money instead. The blockchain-fueled program cuts out much of the friction tied to bank transfers and the fees that accompany them, as evidenced by a 98% reduction in those costs. That leaves the refugees more money with which to rebuild their lives.」 (引用:https://www.ccn.com/an-ethereum-blockchain-is-restoring-the-identity-of-syrian-refugees/) 2018年以降、さらに多くの地域で「Building Blocks」の導入を引き続き検討し、ブロックチェーン技術を用いたデジタルID管理やサプライチェーンオペレーターなど、現金送金以外の利用についての応用も模索され始めています。イーサリアムブロックチェーンの活用により、慈善活動の効率化を進める取り組みは、最先端テクノロジーが社会課題の解決に大きく貢献できるることを示しています。今後のさらなる発展が期待できるでしょう。 社会的/経済的の両面でメリット このプロジェクトは社会的、経済的なメリットがあり、厳しい状況下にある人々の生命を救い、彼らの人生の質を高める事に大きく貢献します。人道的側面から、人生を再建するチャンスを与えるでしょう。プログラムの設計者、Houman Haddad氏は、シリアの難民たちが身分証明書からなる単一のデジタルウォレットから、ブロックチェーンIDシステム経由で取引できることを期待しています。 「The architect behind the program, Houman Haddad, hopes to see these Syrian refugees one day be able to transact from a single digital wallet comprised of a record of their purchase history, identification and “access to financial accounts” via a blockchain-fueled ID system, as per MIT Technology.」 (引用:https://www.ccn.com/an-ethereum-blockchain-is-restoring-the-identity-of-syrian-refugees/) 透明性向上により多くの資金が慈善事業に流れる ブロックチェーンを基盤とした支援システムは、慈善活動への信頼向上にもつながります。第三者機関を通しての支援活動は、資金の多くが諸経費に充てられ、プログラムに直接投入されているかを疑問視する声が多数あります。 そこで、ブロックチェーン技術を活用し、仲介機能をなくすことができれば、直接支援者と受給者を繋げることができます。諸経費を減らすことによって運営効率をさらに上げることができれば、懐疑的な資金提供者の慈善行為に対する信頼を回復させることができるかもしれません。 これがやがては、慈善活動への関与や、資金を提供するという行為の全般的な高まりにつながります。 「The WFP’s move to adapt Ethereum was part of an effort that explored better, cheaper, and less risky means to deliver cash-based transfers. It had to be secure and fast at the same time. Blockchain, being the decentralized digital ledger that it is, seemed to be the most viable option. It offers a level of transparency, coupled with cryptography-based security, that makes it ideal for monitoring transactions. 」 (引用:https://futurism.com/blockchain-is-helping-us-feed-the-worlds-hungriest-families/) このように可能性は無限大ではありますが、多くの懸念すべき点があることは事実です。 一番の問題は、デジタル通貨による資金提供やブロックチェーンによるシステムは、いまだ慈善活動分野では新しい挑戦であり、実証されていないことが多く、個人の寄付提供者や慈善団体のなかでもなかなか周知されていないのが現状です。 しかし、長期的に考えると仮想通貨やブロックチェーンプラットフォームは、これまでの慈善事業や人道支援の在り方を著しく変えながら取って代わる可能性を秘めています。ビットコインやイーサリアム、その他の仮想通貨による寄付が今後より活発に行われ、仮想通貨市場の繁栄がこの先も続くと認識されれば、仮想通貨による慈善事業はより身近なものになってくるでしょう。 まとめ 発展途上国や政情が不安定な地域では、国際機関や非営利団体の活動も困難を極めます。そこで、いくつかの団体は仮想通貨やブロックチェーン技術を活用することで、最大限の支援を得られる事を望んでいます。ブロックチェーンは、暗号化されたデータの記録や転送が効率的で、透明性も高いとされています。金融業界のみならず、政府やNGOなど様々な機関や団体がこれらを積極的に導入していくことでしょう。 また、イーサリアム上で寄付、追跡を管理するスマートコントラクト契約やブロックチェーンについての研究をさらに重ね、それらが実証されれば、資金を寄付する者と受益者が直接的につながります。これにより、寄付やその結果の透明性が著しく増すことで慈善活動への信頼が高まり、現状より多くの資金が社会問題の解決に充てられるでしょう。
【相場】イーサリアム チャート5月14日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月14日価格推移

2018/05/14 at 11:24 AM 0 comments
5月14日(月)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月14日予測::ETH、重要なターニングポイント ETH価格はBTCに対して圧倒的な買い圧を維持しています。USDに対しても再度強気トレンドに入り、現状維持($700.00以上の維持)が今後の価格上昇を目指す上での絶対条件となります。 ETH/USD、価格回復か 【ETH/USD日足チャート】 ・ETH価格はUSDに対して、重要なサポートを$640.00付近にて形成しています。 ETH/USD日足チャートから、ETHは一度ダウンフェーズへと向かいましたが再び強気トレンドに向かっていることが伺えます。一時は$725.00ラインにてサポートを形成しましたが、一度下回ったため、そのレベルでの今後の長期的価格維持がポイントとなってきます。重要なサポートとして、$600.00から$640.00の範囲でゾーンが構築されています。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USDはETH/USD2時間足チャート上、重要なトレンドラインへ入るためのレジスタンスをブレイクし、$725.00付近にてサポートを形成しています。 ETH/USD2時間足チャートでは、以前のサポートであった$690.00レジスタンスをブレイクすることに成功し、現在は$740.00のレジスタンスをテストしています。また、$725.00付近にてサポートを形成しつつあります。今後、$740.00をブレイクすることに成功すれば、次のレジスタンスである$770.00レベルへと価格の上昇が見込めます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTC2時間間足チャート上、BTCに対して0.0800BTC上部にて、優勢なポジションを維持しています。 ETH/BTC2時間足チャートでは、0.0800BTCを境に、強気トレンドへと向かいました。現在は0.0845BTCレベルにて価格維持しています。   ETH/USD 重要なレジスタンスレベル:$740.00と$770.00 重要なサポートレベル:$725.00と$640.00 Forecast(予測) 現在の価格は$730.00レベルにて停滞しています。ETH/USD2時間足チャートで見られた$725.00サポートを維持することが重要なポイントとなってきます。現在は強気傾向ではありますが、直近数回のセッションでは価格の停滞は否めません。$740.00レジスタンスをブレイクすることがあれば、今後の価格上昇を強く見込めることができるでしょう。
【相場】イーサリアム チャート5月11日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月11日価格推移

2018/05/11 at 5:41 PM 0 comments
  5月11日(金)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。今日はETHが証券に当たるのかという議論の影響で下降しました。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャート上の重要な上昇トレンドラインをブレイクし大幅に下落しました。 ETH/USD2時間足チャートを見ると、上昇チャンネルを形成しながら回復していたETHが急に下落し、$730.00付近で重要な上昇チャンネルをブレイクしたことがわかります。現在は$700.00付近のサポートレベルをテストしています。 【ETH/USD4時間足チャート】 ・ETH/USDは強いサポートエリアを現在テストしている。 ETH/USD4時間足チャートに移ると、現在強いサポートエリアをテストしていることがわかります。このサポートエリアがブレイクされた場合、最近の最低値である628.76まで下落する可能性が考えられます。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ETH/BTCは一度0.08200BTCレベルをテストしましたが、急落し現在0.0800BTC、0.08200BTCの間でレンジ相場となっています ETH/USD 重要なサポート:$700.00と$685.00 重要なレジスタンス:$750.00と$770.00 Forecast(予測) 今回の下落はイーサが証券にあたるのか、そうでないかという議論から、連邦監査機関が規制を課す可能性を懸念する投資家の売りによる影響です。この問題が終結しない限り価格がさらに下降する可能性も考えられ、その場合$630.00付近まで下落することが予測されます。
【相場】イーサリアム チャート5月10日価格推移

【相場】イーサリアム チャート5月10日価格推移

2018/05/10 at 4:30 PM 0 comments
  5月10日(木)現在、時価総額2位のイーサリアムの価格、イーサリアムチャート、ETH/USDやETH/BTCに関する今後の相場/価格/レート推移について、チャート分析を基にしたイーサリアムフォーキャスト(予想/予測)レポートです。 5月10日予測:買手が優勢 ETHはUSD、BTCに対しサポートを伴いながら、上昇を続けています。ETH/USDが現在の上昇トレンドを継続するには$750.00以上を維持する必要があると予想されます。 【ETH/USD4時間足チャート】 ・ETH/USD4時間足チャート上では、$720.00でサポートを伴う重要な上昇トレンドラインが形成されています。 ETH/USD6時間足チャートを見ると、ペアが$700.00付近で強いサポートレベルを持つことがわかります。一時的に価格が$710.00、$700.00以下に下降しましたが、サポートライン付近の買い圧により上昇しました。また$720.00付近でサポートを伴う重要な上昇トレンドラインがあります。よって再度価格が下降した場合、$720.00、$710.00、$700.00付近でサポートされる可能性が高いと考えられます。 【ETH/USD2時間足チャート】 ・ETH/USD2時間足チャートは強いレジスタンスをブレイクし現在上昇している。 ETH/USD2時間足チャートに移ると、$750.00付近でレジスタンスを伴う下降トレンドラインが形成されていることがわかります。現在はこのラインをブレイクしていますが、上がり続けるには$750.00以上を維持する必要があると考えられます。次のハードルは50%フィボナッチ・リトレースメント・レベル(高:$833.91底:$694.19)である$765.00付近にあります。 【ETH/BTC2時間足チャート】 ・ETH/BTCは0.0800以上に戻っており、強気な角度を保っている。 ETH/BTCもUSD同様、強気であり重要なレジスタンスであった0.0800BTCピボットレベルをブレイクしました。ペアは現在0.0820BTCに位置するレジスタンスをテストしています。 ETH/USD ・重要なレジスタンス:$765.00と$800.00 ・重要なサポート:$750.00と$720.00 Forecast(予測) 現在の上昇が続けば、$800.00、さらに今月の最高値である$830.00付近まで上昇することが考えられます。下方では$720.00サポートがブレイクされた場合、短期的に下降トレンドとなる事が予測されます。