タグ: "Leverj"

【Leverj】The Leverj whitepaper

【Leverj】The Leverj whitepaper

2017/11/06 at 5:58 PM 0 comments
  ConsenSys社が暗号通貨(仮想通貨)トークンセール(ICO)をサポートする、分散型DEX(分散型取引所システム=Decentralized Exchange)プロジェクト、「Leverj」は2017年11月7日AM9時(日本時間:11月8日AM2時)トークンセール開始予定です。 The Leverj whitepaper Leverjチームはコミュニティレビューのために、アップデートされたホワイトペーパーを発表しました。ホワイトペーパーはこちらから Hello From the Leverj Team Leverjチームは、性能を犠牲にすることなく、取引をより安全にする方法を研究するのに何年も費やしてきました。頼りになる、予測可能な、反応性の高いプラットフォームの実現が私たちの目標です。 カストディアン・スマートコントラクトを使用することにより、保管上のリスクを軽減しファンドの安全性が向上します。ユーザーはLEVトークンをステークでき、エコシステムに参加することができます。 これはガバナンスのような単純な補助的な用途とは対照的に、私たちのトークンを直接的に使用する方法です。   Value Proposition(バリュープロポジション) 個別管理アカウント 取引における致命的な状況は、管理上のリスクにより発生します。少人数のグループが全員の資金を完全に支配する必要性をなくすことで、取引所における最も危険なリスクの排除を可能にします。   レバレッジ・トレーディング 個別保管でリスク管理することで、取引所ユーザーが管理者の損失を被ることや、管理者がユーザーの資金を保管することなく、レバレッジ・トレーディングを提供することができます。   ハイスピード・トレーディング キャンセル実行プロセスにおけるブロックチェーンの相互作用を排除することで、注文の更新、完了、キャンセルを迅速に行うことができます。また、迅速なキャンセルにより、プロのマーケットメーカーはスペースに入りこみ、流動性をもたらすことができます。   低コスト 完了された注文のみに対してチェーン上の相互作用を必要とすることは、成熟したマーケットの注文の98%を占める、キャンセル注文の情報を保存する必要性をなくします。   詳しい情報はこちらから ウェブサイト ホワイトペーパー プロトコル Follow us on Twitter Telegram group (ソース元記事:https://blog.leverj.io/the-leverj-whitepaper-5bfbf17ec3a5)
【Leverj】他モデルとの分散型取引所(DEX)比較

【Leverj】他モデルとの分散型取引所(DEX)比較

2017/10/27 at 12:40 PM 1 comment
ConsenSys社が暗号通貨(仮想通貨)トークンセール(ICO)をサポートする、分散型DEX(分散型取引所システム=Decentralized Exchange)プロジェクト、「Leverj」は2017年11月7日AM9時(日本時間:11月8日AM2時)トークンセール開始予定です。 この記事ではLeverjと他のDEXモデルを比較しています。 Leverjモデルと他の分散型取引所(DEX)の比較 Leverjの分散管理型DEXモデルは、ユーザーエクスペリエンスを優先させ、トレーダーにとって最も重要な機能を強化します。 2017年はEthereum上で、多くの分散型取引所(DEX)が稼働し始めました。オンチェーンでマッチング、注文管理を行う場合や、オフチェーンでマッチング、注文管理を行う場合、さまざまなモデルのプロジェクトがあります。 Leverjのビジョンは、システムの最も重要な部分を分散させ、トレーダーのために優れたUX(ユーザー・エクスペリエンス)を維持することです。 資金の保管は分散させ、一方スムーズな注文処理とマッチングを可能にするのは、セントライズ型と同じスピード感を実現させるためです。 以下は、Leverjモデルと競合モデルを比較した表です。 競合モデルは常に改善されており、一部は自身のホワイトペーパーに書かれていない解決策を持つと主張しているため、彼らのプロジェクトの名前は明かしておりません。 他のDEXプロジェクトの設計とそのモデルの比較を以下の表に示しています。 詳しい情報は以下のサイトから ウェブサイトについて Leverjのホワイトペーパー 私たちのプロトコルについて Twitter Telegram group   (ソース元記事:https://blog.leverj.io/comparing-leverjs-model-versus-other-decentralized-exchanges-a0621ec84e83)
【Leverj】イーサリアムを用いたハイスピード且つ分別管理トレーディング

【Leverj】イーサリアムを用いたハイスピード且つ分別管理トレーディング

2017/10/25 at 5:27 PM 0 comments
ConsenSys社が暗号通貨(仮想通貨)トークンセール(ICO)をサポートする、分散型DEX(分散型取引所システム=Decentralized Exchange)プロジェクト、「Leverj」は2017年11月7日AM9時(日本時間:11月8日AM2時)トークンセール開始予定です。 Leverjは、暗号通貨の先物取引やレバレッジトレーディングを可能にします。 プロトコルによる制約で、口座の所有者だけに預金/引き出しを許可する   分散化における競争は、実際にはユーザーエクスペリエンスか安全のどちらを優先するかの問題となっています。0xprojectやAirswapなどの分散型プロトコルは安全面で問題を抱えていますが、セントライズ型型取引所はユーザビリティと経済性の面で劣ります。一方、分散化プロトコルは限定的な量しか扱えていないため、市場はセントライズ型取引所を支持しています。   オンチェーンのオーダーブック(注文板)や注文マッチングに関する技術的問題は、多くの所で主張されています。しかし、本当の問題は経済的なものです。オン・チェイン・マッチングを用いた取引は、多くの理由から失敗します。例えば、注文取消にオン・チェーン取引を必要とするシステムは、マーケットメイキングには適しません。価格変動が激しい場合、甚大な不利益を被ることを避けるために、注文をミリ秒単位でキャンセルし、繰り返し移動させる必要があります。マーケットメイキングは、わずかなマージンを生む数え切れないトランザクションが累積し利益になることによって、初めて可能になります。ブロックチェーン上に発生するイベントや、トランザクションが混雑しライムラグが発生すると、1日で何ヶ月分もの利益を失う可能性があります。   私たちは分散型取引におけるこの問題と、他の問題を分析し、集中型アプローチと分散型アプローチの両方のメリットを最大限に活用したプロトコルを提示します。   Leverjプロトコルは、スピードが重要な機能を集中型で管理し、安全性が重要な機能を分散型で管理します。 ユーザーはfraud-proofsを使用して不正や違反を検出し、ユーザー資金を保管するスマートコントラクトに知らせることができます。   私たちはパブリックコミュニティや暗号通貨に精通している人々と共に、プロトコルを分析し、可能な限りセキュアなプロトコルを構築します。   (ソース元記事:https://blog.leverj.io/announcing-high-speed-non-custodial-trading-with-ethereum-a0e9159e96cd)
【Leverj】トークンセール、ホワイトリストに関する情報を発表

【Leverj】トークンセール、ホワイトリストに関する情報を発表

2017/10/23 at 4:24 PM 0 comments
ConsenSys社が暗号通貨(仮想通貨)トークンセール(ICO)をサポートする、分散型DEX(分散型取引所システム=Decentralized Exchange)プロジェクト、「Leverj」 Leverjは、暗号通貨の先物取引やレバレッジトレーディングを可能にします。 トークンセールの販売開始が11月7日に迫っており、ホワイトリストに関する情報が発信されました。   Leverjトークンセールの発表 Leverjは、分散型レバレッジ暗号通貨先物取引所です。 ConsenSysによってサポートされているLeverjトークンの販売は2017年11月7日から始まり、現在ホワイトリスト登録を受け付けています。 非中央集権化のアイディアはその魅力ゆえに感染力があります。暗号通貨を初めて使う人は、資産を保有し、取引を第三者に委譲することなく取引できる可能性に驚き、魅了されます。一度その自由を味わうと、決して元に戻ることはできません。   ただ、ユーザーエクスペリエンスを除いて、現在のDEXプロダクトは、中央集権型取引所のスピードと応答性に匹敵するものではありません。注文完了を知るために60秒かかる、またチェーン上の取引を決済するのに3日間かかる場合、ユーザーは疲れて諦めてしまいます。これは、中央集権型取引所でトレードを行う暗号通貨トレーダーと、法定通貨取引所の主要トレーダーたちをトラップに陥れます。   Leverjはオーダーキャンセルフィルをブロックチェーンから外し、クリティカルパスを維持することで、中央集権型の高速化を実現します。分別管理されたウォレットは、口座の所有者だけが入金し、資金を引き出すことができます。ユーザー自身に認証機能を移すことで、詐欺や不正を防止し、ブロックチェーンのコストを軽くし、スマートコントラクトををシンプルに保ちます。   中央管理されたコンポーネントは危険にさらされる可能性があり、結託しているユーザーがスキミングして悪用できるため、不正防止が必要です。例えば、ユーザーの取り消し注文は、不利な価格で実行される可能性があります。多くのユーザーに数百万回も繰り返した場合、スキミングはしばらくの間気づかれない深刻な攻撃となる可能性があります。   Leverjのユーザーは、スマートコントラクトに詐欺や不正の証拠を提出し、資金の損失を防ぐことができます。分離されたウォレットと不正防止機能を組み合わせることで、分散型取引所の安全性と、集中型取引所の応答性が兼ね備えています。   トークンセールは11月7日に始まり、米国・中国以外の方が対象です。締め切り間際の混雑を避けるために、ホワイトリストにサインアップすることができます。   詳しくは下記リンクをご覧ください ホワイトリストに参加する ウェブサイトをチェック ホワイトペーパーを読む Twitterでフォローする テレグラムグループに参加する (ソース元記事:https://media.consensys.net/announcing-the-leverj-token-sale-b7c825118004)
【Leverj】信用取引を提供する最初の分散型暗号通貨取引所(DEX)

【Leverj】信用取引を提供する最初の分散型暗号通貨取引所(DEX)

2017/10/20 at 3:33 PM 0 comments
  ConsenSys社が暗号通貨(仮想通貨)トークンセール(ICO)をサポートする、初のレバレッジトレーディングを可能にする次世代型DEX(分散型取引所システム=Decentralized Exchange)プロジェクト、「Leverj」。どのようなプロジェクトなのか、ConsenSys Media内で紹介されています。 Leverj: The first decentralized cryptocurrency futures exchange to offer margin trading ConsenSysは今後行われるLeverjのトークンセールをサポートしています。 プロジェクトの詳細については、leverj.ioをご覧ください。 資産や資本を暗号(仮想)通貨に替える流れは日を追って強まっています。 暗号通貨は遠距離への送金に仲介者を必要としないため、この経済ブームはさらに推進されています。この仲介者による管理上のリスクを排除することで、新しいビジネスモデルが生まれ、無駄がなくなりました。   この機能をカレンシー(通貨)レイヤーから財務の上位レイヤーに拡張すれば、はるかに大きなブームを引き起こす可能性がありますが、これまで分散型取引所を設置する試みさえ、壮大に失敗しました。 その理由の1つは、これらの試みが「分散化」を、ユーザーが獲得した価値ではなく、ベースレイヤーで使用されるトポロジー、テクノロジーと融合させたことです。   分散化は、トポロジーや技術ではなく、制御が重要です。 これは、約15000の銀行のトポロジ、R3やHyperledger(テクノロジ)などのパーミッション型ブロックチェーンが、暗号(仮想)通貨革命からの影響を最小限に抑えているのをみればわかるでしょう。   問題:オンチェインのみでエクスチェンジ(取引)を行う場合 取引所がオーダーブック(注文板)を出してチェーン上で照合する場合、ブロック生成時間が遅いと長い待ち時間が生じます。 速いブロック生成時間であっても、注文や実行は複数の成立しないブロック(チェーンチップ)上にある可能性があり、決して最終ブロックチェーンに到達しない可能性があります。 これにより、ヘッジやその他の戦略的トレードは実現不可能になります。   またブロックの高使用率に伴い渋滞が起こるので、オン・チェインのマッチングはスケールの観点で自己制限的です。 金融商品が他のマーケットで取引されている場合、悪いアクターがネットワークを詰まらせ、流動性が豊富な他のマーケットで裁定取引を行うのは簡単です。 これは、高速度のブロックチェーンと、複雑なバックエンドが生産可能になると、将来変更される可能性があります。 しかし今のところ、Leverjはオーダーブック(注文板)を集中型サーバーで保管し、追跡しています。   The Goldilocks approach(最適な選択肢) イーサリアムでは、管理されていないアカウントとP&Lセトルメントをオンチェインで行うことは容易に可能です。 ブロックチェイン上で少量の取引をし、固定持続期間で決算することにより、Leverjは高速取引を提供することができます。 私たちは、中央集権化された取引のユーザー エクスペリエンスと、公的な分散化の利点を組み合わせています。   高速化の必要性 時間はお金のように貴重です。 実際、待ち時間の長いシステム上のトレーダーは、スピードの速いシステム上のトレーダーに負けることになります。 変動性(ボラティリティ)が通常の金融商品であっても、数秒間の遅れが、取引の勝敗を決定する可能性があります。 Leverjは、利益が減少する場合、分散型取引システムは経済的に意味がないため(遅れが生じる)、システムのスピードに妥協することはありません。 そのため、オーダブック(注文板)とマッチングの際には、より高速な集中型アプローチを採用しています。 レバレッジ・トレーディング ほとんどの分散型レバレッジ・トレーディングは、本質的にはある期間にスマート・コントラクトに資金を取り込み、その後に発表された価格に基づいて損益を決済します。これは、ポジションを管理したり、リスクを調整したり、早期の利益を得る方法がありません。 トレーダーらは、これらの制約が実用的でないと見ており、このようなシステムは長年成長することができていませんでした。 Leverjでは、トレーダーアカウントの安全性を備えたストップおよびマーケット注文を伴うオーダーブック(注文板)を使用します。これにより、私たちはポジション作りおよびリスク管理を最適に実行できる最初の完全機能のレバレッジ・トレーディング・プラットフォームを実現しています。 私たちは豊富なエコシステムにおけるユーザーの行動を迅速にフィードバックすることで、快適な取引を実現するべきだと思っています。   The value ecosystem 分散型取引所は、取引エコシステムの一部です。 取引所は、市場データ提供者、チャートサービス、取引室、管理されたトレーディングサービスおよび他の多くの参加者との豊富な相互作用を有するべきであります。 この相互作用を自動化および分散化することは、トレーディングコミュニティに大きな助力を与えます。 Leverjトークンは、エコシステム参加者がトレードに加えて、相互にやりとりすることを可能にします。 私たちはこれが仮想通貨界でまだ開発されていない、巨大サービス市場が開拓されるのに繋がることを願っております。   Leverj Features LeverjのBitcoinバージョンのプラットフォームでは、すでに以下のような機能が実装されています。 分散型ID:あなたのIDとしてビットコインアドレスを使用します。電子メールプロバイダまたはIDプロバイダによって制御されません。またフィッシングから守られています。 ハードウェアウォレットをサポートする分割マルチシグ:ファンドは2-of-2マルチシグで保管されています。秘密鍵からの署名なしで、このアカウントからコインを移動することはできません。 セキュリティを強化するには、ハードウェアウォレットを使用しましょう。 分離アカウントと100%プルーフ・オブ・リバース:ユーザーアカウントのすべての残高はブロックチェーン上にあります。1satoshiの移動さえ許可されていないものは、世界中で直ちに認識されるでしょう。 ゼロ知識認証とAPIキー:事前登録やサイドチャネル上の秘密の共有をせずにアクセス権を有効にします。 監査証明:OP_RETURNとしてブロックチェーンに埋め込まれた決済データのハッシュ Ethereumバージョンでは、ノンカストディアルアカウントとトークンエコシステムが追加されます。   Our Team 私たちのチームは、金融、技術、経済に関して豊富な経験を持つ人々で構成されています。 私たちの最高経営責任者(CEO)は、10年間ウォールストリートで働いたベテランで、彼自身トレーディング・ブログを持つプロのトレーダーです。 当社のCTOは、10年間高速外国為替取引プラットフォームを構築した経験があります。 当社のマーケティングヘッドは、20年間デジタルマーケティングの分野で働いた、豊富な経験を持つベテランです。 私たちのエコノミストは、暗号/仮想通貨界で広く尊敬されている人物でトレーダーである。 私たちのCOOは、企業戦略、コンサルティング、オペレーション分野で20年以上の経験を持っています。 私たちのコミュニティマネージャは、Leverjに加えて独自の仮想通貨コミュニティを運営しています。   Leverj & ConsenSys ConsenSysはLeverjの技術顧問を務め、今後のトークンセールをサポートします。 スマートコントラクト、トークンデザイン、暗号化セキュリティのトップエキスパートを雇用しているConsenSysは、Ethereumプラットフォーム上で深い経験を生かしてソフトウェアを構築しています。 さらに詳しく知りたければ、当社のウェブサイトをご覧になり、ホワイトペーパーをお読みください。   (ソース元記事:https://media.consensys.net/leverj-the-first-decentralized-cryptocurrency-futures-exchange-to-offer-margin-trading-3ae8d106266a)